【読書感想文】稲盛和夫「心。」とアンパンマンの共通点とは?

投稿日:2019年7月13日 更新日:

 新聞の書籍広告を見て気になった稲盛和夫さんの最新刊「心。」を読んだ感想です。




 偶然、この本を読み始めた直後に、ネットニュースで「アンパンマンが絶対に「いただきます」を言わない理由」という記事を読みました。

 「心。」を読み終わって感じたのは、アンパンマンとの共通点。
 それは稲盛和夫さんとやなせたかしさんの共通点とも言えます。

■ 堀江貴文「情報だけ武器にしろ。」の感想はこちら

なんのために生まれて なにをして生きるのか

 上記のアンパンマンに関するネットニュースを読んで、芋づる式に出てきた「アンパンマンの映画には神回がある」という記事にたどり着いた私は、その記事にあった「神回」「神映画」と評価の高い『それいけ!アンパンマン いのちの星のドーリィ』を動画配信サービスで観ました。

 『いのちの星のドーリィ』は、アンパンマンの主題歌「アンパンマンマーチ」にある歌詞「何のために生まれて 何をして生きるのか」という一節がテーマになっているストーリーです。

 捨てられていた人形の「ドーリィ」に、奇跡が起こっていのちの星が宿ったものの、せっかくもらった命なんだから楽しく生きたいと、ドーリィはやりたい放題。すると、胸の中にある「いのちの星」に陰りが・・・・という展開で、確かに大人でも泣けるエンディングでした。


映画 それいけ!アンパンマン いのちの星のドーリィ

「なんのために生まれて なにをして生きるのか」
 これは、よくよく考えてみるととても深いテーマで、とくに後半の「なにをして生きるのか」に関しては、今、自分がやっていることが本当に正しいことなのかと考えさせられます。

 稲盛和夫さんの「心。」にも、同様の記述がありました。

 結局、どんなにすごい発明をしても、どんなに会社が発展しても、それが自分の利益のためだったり、自分一人の才能だというおごりがあったりしたら、長続きしない。
「みんな、現世における一時的な預かりもの」
 と稲盛さんは本の中で言っています。

 そして本当に大切なのは、「ときに自らを犠牲にしても他のために尽そうという心」をあらわす「利他」の思いだと繰り返し説かれています。

 自分のためではなく、他者のために働く。
 他のために尽くす。

 「なんのために生まれて なにをして生きるのか」をテーマにした「いのちの星のドーリィ」の中にも、まさに「他のために尽そう」とするヒーロー、アンパンマンの姿がありました。

 そして「心。」には、
「もてる、能力は「善用」してこそ活かされる」
 ともありました。

稲盛和夫さんについて

 実は、稲盛和夫さんについてあまりよく知らなかった私。
「京セラとKDDIという2つの世界的大企業を立ち上げ、JAL(日本航空)を〝奇跡の再生〟へと導いた、当代随一の経営者」
 という説明文に、ゴリゴリの昔気質の経営者を想像していたのですが、さにあらず。

 中学受験には失敗する、病気にはなる(結核の初期症状である肺浸潤になり闘病生活)、再度受験した中学にまた落ちる。大学受験まで志望校は落ちてしまい、やむなく地元の大学へ。大学卒業後は大不況の中、なんとか就職したものの、その会社は経営難で給料は遅配する、寮はあばら家。一緒に入社した者たちはつぎつぎと辞めていく、上司は暴言を吐く・・・・。

「「心がすべてを決めている」だって?それができたら誰だって成功者になれるけど、できないから困ってるんだ」
 と言いつつ、読み始めた私ですが、稲盛さんに次から次へと襲いかかる不幸や不運が、やがて「強い心」や「他のために尽そう」という思想を得てから、オセロの石が次々と裏返っていくように、好転していく様子を見るにつけ、なるほど、そうかもしれないと思わずにはいられませんでした。

 稲盛和夫さんの簡単な経歴については、京セラの公式サイトにもあります。

 非常にわかりやすいマンガにまとめられているので、
「稲盛和夫って、誰?」
 という方は、「心。」を読む前にご一読なさってはいかがでしょうか。

▼マンガはこちら

■ マンガで読む稲盛和夫ものがたり

その瞬間に「できる」と思う

 再度、アンパンマンの話に戻って、原作者のやなせたかしさんはかつて、アンパンマンの声を担当する戸田恵子さんに、
「人が喜ぶことをおやりなさい。その精神でいれば世の中うまくいくんだ」
 とおっしゃったそうです。

 稲盛さんも「心。」の中で同じようなことをおっしゃっています。

 自分のために、ではなく、他のために。

 私が痛烈だな、と思ったのは、大きな成果が上げられたのは自分の実力のおかげだと思い込んだ経営者が、知らず知らずのうちにおごって、不祥事を起こしたり、よい経営を続けることができずに、晩節を汚してしまう・・・というくだりでした。

 別に、誰かを名指しで批判しているわけではないのですが、あの人かな、この人かなと、ついついいろいろな経営者を想像してしまいます。

 そして、これはなかなか凡人には難しいことだとは思いますが、「できる」と思えば実現するという教え。躊躇しない。迷わない。
「まず「できる」と強く思って明るい未来がかならず訪れると信じる」
 これができたら、成功は近づいてくるのだそう。

 そんなにうまくいくか。何度やってもできなかったら、どうするんだ・・・・と言いたくなりますが、稲森さんだって若い頃は失敗続きで苦労されたことを思い出して、私も強い心を持ち続けたい。そして、成功したあかつきには、アンパンマンのような、利他の精神を培っていきたいものです。

 ↓電子書籍ならお安くなっています。

心。 Kindle版

▼楽天ブックスの電子書籍はこちら

■ 稲盛和夫「心。」 [電子書籍版]

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ

-
-

執筆者:

関連記事

【あさイチ】柳美里が博多華丸・大吉に選んだ本の情報

 2019年6月21日にNHKで放送の「あさイチ」で紹介された「柳美里さんが選んだ本」の情報です。  小説家の柳美里(ゆうみり)さんがゲストでした。  現在は南相馬市で書店を経営されている柳美里さん。 …

【読書感想文】堀江貴文「情報だけ武器にしろ。」がファイトクラブだった件

 2019年3月27日にポプラ社から出版されたホリエモンこと堀江貴文さんの本「お金や人脈、学歴はいらない! 情報だけ武器にしろ。」を読んだ感想です。  1999年製作のアメリカ映画「ファイト・クラブ」 …

【読書感想文】「メモの魔力」がメモの話じゃなかったという事実(ファクト)

 話題のベストセラー「メモの魔力」を読んだ感想です。  書店で手にとった時は「もう、メモやノートの本は沢山読んだからいいや・・・」と思ったのですが、2019年3月17日の日本テレビ「シューイチ」で紹介 …

【おは朝】2019レンジで一発簡単レシピ山本ゆりカフェごはん

 2019年5月8日にABC朝日放送系で放送の「おはよう朝日です」で紹介された「レンジで簡単カフェごはん」の情報です。  人気№1料理ブロガー、山本ゆりさんの最新刊から、電子レンジで簡単にできるカフェ …

管理人:ヨッシー
30代前半、夫と35年ローンで購入したマンションは繰り上げ返済にて10年で完済。
手伝っていた夫の会社も軌道に乗って、これから専業主婦にと40代で高齢出産。その直後にまさかの夫の会社が倒産して・・・。

続きは→プロフィールの詳細へ