ノンストップ|低温調理器「低温DEクッカー」

2020年11月20日

 2020年11月17日フジテレビ系で放送の番組「ノンストップ」の中の、ペナルティ ヒデさん司会の通販コーナー「いいものプレミアム」で紹介の「低温調理器」に関する情報です。

 お肉やお魚がしっとり柔らかな食感に仕上がる「低温調理」を、ご家庭で作れる調理家電をご紹介します。




低温調理とは?

 低温調理とは、食材をフリーザーバッグやナイロン袋などに入れて密閉し、低温で調理する方法。

 低い温度で時間をかけて熱を加えるため、栄養素や旨みを逃しにくく、しっとりやわらかくジューシーに仕上がります。

 16歳で料理の道に進み、24歳の時にフランスへ。コルドンブルー料理学校を卒業後、レストランに勤務された川平秀一さんの「ポリ袋レシピ」としても有名です。


ポリ袋レシピ (アース・スター エンターテイメント) 電子書籍版

低温DEクッカー

 紹介されたのは「低温DEクッカー」。

 火を使わず、すべて自動で、放ったらかしで低温調理ができる料理家電です。



 旨味がお湯に流れることもなく、しっとり柔らかく、ジューシーに仕上がります。



 ローストビーフも作れます。



通販はこちら
 ディノス 低温DEクッカー AR1872

送料無料はこちら
 Amazonいいものプレミアム「低温DEクッカー」

低温DEクッカーおすすめレシピ

 番組で紹介された「ローストビーフ」「鶏むね肉のロースト」「サーモンのコンフィ」の作り方は低温DEクッカーの公式サイトにあります。

 その他にも「ぶり大根」や「肉じゃが」など、低温DEクッカーのレシピ満載です。

レシピはこちら
 【低温DEクッカー】公式サイト

低温調理におすすめのビニール袋

 ビニール袋をお料理に使う場合は、食品用の基準を満たし、加熱しても溶けないなどの耐熱性があるものでないと有害物質が溶け出したりして危険です。

 ビニール袋なら、なんでも使えるわけではありません。

 ジップロック風のビニール袋も、商品によっては耐熱温度が低いものがあります。

 ジップロックの正規品なら「耐熱温度100℃」で大丈夫なんですが、IKEAやニトリで売っているジッパーバッグなどの場合、耐熱温度が低いので、「低温調理」とはいえ、加熱料理には使わないほうがいいでしょう。

 大人気の料理人「家政婦のシマさん」と同時期に日本テレビの「沸騰ワード」で注目された、「予約の取れない家政婦のマコさん」が、「ヒルナンデス」などでビニール袋を使ったお料理を沢山紹介されています。

 その時にリサーチした「マコさんが料理に使うビニール袋」をせひ参考にしてください。

くわしくはこちら
 【過去記事】すご腕家政婦マコさんが料理に使うポリ袋はこれだ!

カニはこちら
 ノンストップいいものプレミアム|訳ありズワイガニ

EMSはこちら
ノンストップ|EMSマシン『シェイプビート7』

ウエル活するならココ!!
 ★Tポイントがザクザクたまるポイ活「ライフィメディア」

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ