テレビで紹介 副業

【所さん大変ですよ】不思議な副業の折り鶴・宝石ハンター・海岸の石

投稿日:2019年3月14日 更新日:

 2019年3月14日にNHKで放送の「所さん大変ですよ」で紹介された「副業」の情報です。



ひとつ2千円の折り鶴

 間寛平さんがレポートした折り鶴は、2018年の「マツコの知らない世界」の折り紙特集で紹介されていた「極小折り鶴職人」江間さんではないでしょうか。



 2千円の折り鶴とはおそらく、江間さんが得意とする、普通の折り紙の15分の1サイズの紙で折る非常に小さい折り鶴です。

「自分にもできるかも」
 という方はチャレンジしてみる価値はありそうです。

橋本マナミの宝石拾い

 河原でトパーズやサファイア、オパールを探して見つけるのは、2018年の12月にも「所さん大変ですよ」で紹介された「宝石ハンター」の伊多昌大さんです。

 同番組で昨年放送の「世界がねらう!?埋蔵ジュエリー」の特集でも紹介された伊多さん。
 その時は「トパーズは1000~3000円くらいになるが、交通費などがかかるので儲けにはならない」とお話されていました。

 それでも挑戦してみたいという方は、「鉱石採集」の入門書がすでにたくさん出版されていますので、そちらを参考に。

↓くわしくは2018年12月放送のこちら
★『所さん大変ですよ』タダで宝石を手に入れる方法の入門書

海岸で犬の散歩をしながら見つかる「あるモノ」

 ひとつ30万円で売れるという海岸にあるもの、といえば2015年に放送された「ナイトスクープ」で「くじらのうんち?」と紹介された龍涎香(りゅうぜんこう)だと思います。

 「龍涎香」とはマッコウクジラの体内にできる「結石」です。

 マッコウクジラの腸の中にダイオウイカのクチバシなどの硬い部分が残って、結石のような状態になったものが「龍涎香」の正体だそうですが、香道(こうどう)などで使用する「お香」としての需要があります。
 また漢方薬としても咳、気逆、胸や腹の痛み、排尿障害、意識障害などにもちいられてきました。

 商業捕鯨が行われていた時代は、クジラの解体時に体内から見つかることもあったそうですが、1986年に商業捕鯨が一時停止されてからは、海岸などに流れ着いた「龍涎香」を偶然見つける方法でしか入手できなくなったため、高値で取引されるようになりました。

 見つけ方として色は白が多く、灰色、黒、濃い褐色であたっりします。元は脂肪なので海面に浮きます。形は小石のようにやや丸みを帯びて、楕円形、菱形など様々。


 「ライターなどでよく熱した針を刺すと、溶けて針が簡単に沈み、その針を抜くとジャコウのような良い香りがする」と言われています。

天然香水バリバリー

 番組で龍涎香の持ち主として紹介されていた男性は「バリバリー」という天然香水のブランドを運営されている吉田さんです。

↓公式サイトはこちら
★リベレーションブランド bariberry バリバリー

 上記のサイトで「100%天然のアンバー(龍涎香)を贅沢に配合しています。」と紹介されている香水もあります。

↓通販はこちら
★生命のフレグランス〜陰〜

↓こんな副業もある!
ぬいぐるみ・在宅コールセンター・事故・事件動画撮影の副業ってなに?

-テレビで紹介, 副業
-

執筆者: