テレビで紹介

【ヒルナンデス】総額5万円アンティークのプチプラリメイク達人のSNS

投稿日:2019年4月18日 更新日:

 2019年4月16日に日本テレビ系で放送の「ヒルナンデス」で紹介された「総額5万円でアンティークのインテリア100アイテムを自作したプチプラリメイクの達人」の情報です。




 格安アイテムでお部屋をリメイクする「プチプラリメイクの達人」のご自宅が紹介されました。

 今回の達人は「アンティーク調の小物」のリメイクが得意な、田中かおりさんという方でした。

 アクリル絵の具にインスタントコーヒーなどを混ぜて「アンティーク調」にするアイデアや、カップラーメンの容器を使ってつくる小物など、アイデアが満載でした。

 この「アンティークの達人」のインスタグラムや写真共用サイトをリサーチしました。

アンティークのアレンジまとめ

 ざっくりとなんですが、紹介された「アンティーク小物」を作る技をまとめます。

1.サビたような雰囲気は、インスタントコーヒーの粉で出す

2.カップ麺の容器にアクリル絵の具を塗って活用する

3.広い面積は霧吹きに濃く煮出したコーヒーを入れ吹きかけ、部分的にティッシュオフする

4.絵の具に砂を混ぜたもので、年季の入ったサビ風塗装に

5.百均のパウンドケーキ型に、凹凸のあるスポンジでアクリル絵の具を塗って、ブリキの缶風に加工

6.クリアファイルに、木工用ボンドを塗ってアンティークガラス風に

7.コーヒーだけでなく、紅茶も使って濃淡加工する

8.格安の板に、木工用ボンドで紙ナプキンを貼って目隠しに利用

9.鏡を紙ヤスリでダメージ加工し、アンティークな鏡風に

 などでした。

 田中かおりさんのインスタグラムでは、さらに多くのプチプラリメイクのビフォー・アフターが紹介されています。

 個人的には「紙ナプキンを使ったリメイク」は、木工用ボンドより「デコパージュ」の方がよりきれいにできそうなのに・・・と思いました。

 「デコパージュ」とは、紙ナプキンの柄を利用して、様々なものをリメイクするハンドメイドです。
 数年前から憧れて、きれいな紙ナプキンやデコパージュ専用のデコパージュ液や筆など、材料は買い集めてあるものの(百均でも買えます)、いまだに実行できていない私ですが・・・


ペーパーナプキンで楽しむ 素敵なアレンジ雑貨&ギフト小物 簡単デコパージュLESSON (コツがわかる本!)

アンティークプチプラリメイク達人のインスタグラム

 番組に登場したリメイク達人の田中かおりさんのインスタグラムはこちらです。



 私がいちばん「どうやって作ってるの?」と気になったのは、一見小引き出し風の食洗機カバーですが、こちらは詳しい作り方の紹介はありませんでしたね。

 田中さんのSNSを拝見していると、プロフィールに「夫婦共にDIY大好き」とあったので、もしかしたら食洗機カバーはご主人の作かもしれません。


達人のルームクリップ

 田中さんは「RoomClip(ルームクリップ)」というインテリア実例共有サイトにもアカウントがあります。
 ルームクリップとは、日本最大の部屋と住まいとインテリアの写真共用サービスです。

↓達人のアカウントはこちら。プロフィールもあります。
RoomClip「mogu0418」さん

 やってみたいなあ・・・とは思うものの、なかなか第一歩が踏み出せません。

 アンティーク小物て、ひとつかふたつくらいまではおしゃれだと思うけど、部屋中アンティークというのは、私はちょっとアレかな・・・。


DIYで作れるナチュラル&アンティークな家具 (私のカントリー別冊) ムック – 2014/6/30

 100円ショップの「セリア」に数年前、アンティーク風のデザインの空き缶が売られていて、
「おしゃれ!」
 と思って何個も買って愛用してました。


 ・・・だけど昨年末、やっぱりなんだか飽きてしまって、一斉に処分。

 今は完全に透明なアクリル製のものに交換しました。



 私は透明で、できるだけ存在感のない小物のほうが好きかな・・・・


今日からはじめるヴィンテージDIY―はじめてでも失敗なく作れる風合いあふれる自分だけの家具

-テレビで紹介
-

執筆者:

管理人:ヨッシー
30代前半、夫と35年ローンで購入したマンションは繰り上げ返済にて10年で完済。
手伝っていた夫の会社も軌道に乗って、これから専業主婦にと40代で高齢出産。その直後にまさかの夫の会社が倒産して・・・。

続きは→プロフィールの詳細へ