あさチャン|立ったまま座れるイス

テレビで紹介

 2021年1月27日のTBS系で放送の番組「あさチャン」で紹介の「立ったまま座れるイス」に関する情報です。

 横浜市にある金属加工会社で使われている「身につけるイス」が紹介されました。




世界初の“身につけるイス”

 世界初の“身につけるイス”。
 足首・スネ・モモの3か所をベルトで固定して、装着したまま歩いたり座ったりできるイス。
 座りすぎ防止にも効果があるイス。

 ・・・が紹介されました。

 これは金属加工会社のニットーが開発した「アルケリス」というアシスト装置です。

 「医療用」「工場向け」の2タイプあり。

 「工場向け」は販売価格450,000円、レンタル価格月額19,000円から。
 「医療用」は公式サイトによると「代理店にお問い合わせください」とのこと。

 元々「長時間立った姿勢で手術を行う医師の負担を減らしたい」という思いから開発された装置です。

 工場向けのものは、この医療用のアルケリスを改良したものとなります。

 ストームトルーパーみたいでかっこいいですね。

 寝ている時間以外、ほとんど座って作業している私。
「座り過ぎは寿命を縮める。あらゆる病気のリクスが高くなる」
 と知って、数年前に「立って使用するパソコンデスク(スタンディングデスク)」をわざわざ買いました。

 しかし、立ったまま作業したのは数日だけ。今、そのスタンディングデスクは物置と化しています。

 番組を見ていて「これがあれば、物置化したスタンディングデスクが復活できるのに!」の思ったのもつかの間、お値段を聞いてあきらめました。

 もともと、事務作業にはあまり向いていないようです。事務作業やパソコン操作程度をするのなら、もっと低価格で簡単な「立ったまま座れるイス」もあると知りました。

公式サイトはこちら
 ■アルケリス 

タチイス

 デザイン的にも、お値段的にも「これなら買えるかな?」と思ったのは「タチイス株式会社」のスタンディングチェア、その名も「タチイス」です。

 お値段はおよそ5万円。

 椅子というより背もたれみたいな感じです。

 ただこれも「物置(あるいは物掛け?)」と化す可能性がゼロではない。

 あと「アルケリス」に比べたら「0」1つ分くらい安けど、さらに「0」1つ分くらい安くないと買うのが怖いです。


LeanChair(リーンチェア)

 立ったまま背もたれにもたれ、さらにパソコン操作ができる「LeanChair(リーンチェア)」というものもあります。
 アメリカの企業と思われます(所在地がよくわからない)。

 「今のところ販売先は米国とカナダのみ」という情報が、日本語のサイトにあったけど、公式サイトを見たらどうやら、「送料無料で送れるのはアメリカとカナダのみ」で、それ以外の場所でも送料さえ負担してくれたら、世界中どこへでも発送するとありました。公式サイトの販売価格は795ドル。日本への送料がいくらくらいかかるのかは不明です。メールをくれたら見積もりを送るとサイトには書いてあります。


アウトドア用スタンディングチェア

 あとはアウトドア用のステッキみたいなスタンディングチェアしか見つかりませんが、唯一これはいいかな?と思ったのがこちら。


折りたたみ 椅子 チェア アウトドア チェア

 なんと言ってもお値段が1,980円と格安。

 本来はアウトドア用で、音楽フェスなどスタンディングの時に使用するスタンディングチェアです。

 なので室内でスタンディングデスクと一緒に使うとなると、長時間の使用は難しそうですが、なんといってもお安いのがポイントです。

 今のところ、私が買えるのはこれしかない。

 最初の「アルケリス」の機能をぐっと落として、一般家庭用として低価格で販売する日がいつかくることを祈ります。

入手困難・話題の通販はこちら
 ANAとJAL「機内食」の通販がバカ売れ

家賃2万円台も!格安物件はこちら
 三畳アパート・敷金礼金ゼロ物件・シェアハウス情報

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村