あさイチ|肥前吉田焼アロマディフューザーとカップ

テレビで紹介

 2020年11月12日NHKで放送の朝の情報番組「あさイチ」で紹介の「肥前吉田焼」に関する情報です。

 肥前吉田焼が新たな手法で作り出した、3Dデータを元に石膏型を削り出したアロマディフューザーや、独創的なデザインのマグカップが紹介されました。



224porcelain(ポーセリン)

 紹介されたのは肥前吉田焼(ひぜんよしだやき)の新たなブランド「224porcelain」の作品でした。

 porcelain(ポーセリン)とは陶磁器のこと。

 224porcelainは佐賀県嬉野市の肥前吉田に生まれた磁器のブランドです。

 紹介されていたアロマディフューザーはまだ商品化されていないようですが、同じブランドの「フレグランスポット」はネット通販でも購入できます。



 「224」のロゴ入り化粧箱に入っているので、プレゼントにも最適です。



通販はこちら
 224porcelain フレグランスポット

不思議な形のカップ

 不思議な形のマグカップは、224porcelainを代表するアイテム「yongo-hingo(よんごひんご)」です。

 2重構造になっているので、熱い飲み物を入れても表面が熱くなりません。


 佐賀の方言で真っ直ぐでない、曲がっている、ゆがんでいることを「よんごひんご」と言うことから、ネーミングされました。

 凹凸があることで持ちやすく、二重構造になっているので表面が熱くならず、保温効果もあります。

 160ml入るSサイズと、190ml入るLサイズの2タイプあり。

 メーカー公式の通販サイトからお取り寄せできます。

通販はこちら
 224porcelain「よんごひんご」

 また、224porcelainの商品を直接手にとって選べる実店舗も佐賀県嬉野市にあります。

 カフェも併設されているので、224porcelainの器でお茶とお菓子をいただくことができます。

くわしくはこちら
 224porcelain shop&saryo

嬉野茶の良さを引き出す急須

 「嬉野茶の良さを引き出す急須」として紹介された器も、同じく224porcelainの作品です。

 2016年夏に初開催された「嬉野晩餐会」でこの日のための専用の泡瓶と茶杯が制作されました。

 氷出しのお茶を煎れていたのは「泡瓶(ほうひん)」という、急須と同じく茶を入れる器で、持ち手のないもののことです。

 「宝瓶」と表記される場合もあります。

 全く同じ平型の「泡瓶」は現在、商品化されていないようですが、224porcelainの通販サイトに関連商品があります。

「泡瓶」はこちら
 comot 泡瓶

 NHKのBSプレミアムで放送されている「イッピン」でも、2019年4月に224porcelainが紹介されています。

イッピンはこちら
 【BSイッピン】佐賀の肥前吉田焼青い皿・水玉模様・不思議なカップ

離れて暮らす親の見守りはこちら
 あさイチ|モニター付きスマートスピーカー

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ