あさイチ|スマホで遠隔操作できるスイッチ

2020年11月20日

 2020年11月18日にNHKで放送の博多華丸大吉さん司会の番組「あさイチ」で紹介の「ファンヒーターのスイッチを遠隔操作できるボタン」に関する情報です。

 「離れて暮らす親の見守り」の特集の中で、認知症の母の生活を手助けするために、スマートフォンを使って遠隔操作できるスイッチで、ファンヒーターをつける方法が紹介されました。




SwitchBot(スイッチボット)

 紹介されたのは、ワイヤレススイッチロボット「SwitchBot(スイッチボット)」でした。


SwitchBot ワイヤレススイッチロボット

 スマートフォンを使って、スイッチをオン・オフしたり、決まった時刻にスイッチを入れるタイマーを設定したりできます。

 また、秒数を設定しての「長押し」も可能です。

 ただし、「あさイチ」のように遠隔操作する場合は、これだけでは使えません。

 自分が同じ室内にいて、少し離れた場所から操作する場合は、スマートフォンのブルートゥースで接続して使用できるのですが、「あさイチ」で紹介していたように、別の場所(家の外)からスマートフォンを使って操作する場合は、スイッチのある部屋にWi-Fi(ワイファイ)が必要になります。

 さらにそのWi-Fiとスイッチボットを接続するための「ハブ(データを中継する装置)」も必要です。

スイッチボットをWi-Fiに接続するハブ

 スイッチボットをWi-Fiと接続させるためのハブがこちら。


SwitchBot Hub Plus スイッチボットハブ

 もちろん、その場所(お家)にインターネット環境があり、Wi-Fiが使えることが前提となっていますので、離れて暮らす方のお宅にWi-Fiやインターネット環境がない場合は、光回線を契約するか、モバイルルーターを契約する必要があります。

 インターネット環境については下記の「テレビ電話のスマートスピーカー」の記事で詳しく解説しています。

くわしくはこちら
 あさイチ|テレビ電話のスマートスピーカー

あさイチの過去記事はこちら
 「あさイチ」関連記事の一覧

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ