晩酌の流儀2|第5話パエリアとスペイン料理のレシピ

 2023年8月5日のテレビ東京で放送された、栗山千明さん主演のドラマ「晩酌の流儀2」で紹介の「スペイン料理」のレシピに関する情報です。

★「晩酌の流儀2第6話」そうめん料理のレシピ はこちら
 

目次

「晩酌の流儀2」第5話のパエリアとピンチョスやミートボールのレシピ

 シーズン2の第5話で紹介されたのは、スペイン風料理の

・パエリア
・ピンチョス
・マッシュルームの鉄板焼き
・アルボンディガス(スペイン風ミートボール)

 の4品でした。

 このドラマのお料理の監修は、「ロバート馬場さん」です(スーパーの店員・牛場さん役としても出演)。

 レシピは番組公式インスタグラムで紹介されています。

 パエリアには欠かせない魚介の出汁「フュメ・ド・ポワソン」は、「朝岡スパイス」の瓶入りのものが使用されていましたが、これは1000円くらいして高いので・・・


朝岡スパイス フュメドポワソン風M 瓶入り

 個人的には「マスコット オーネ」のものが安いし、個包装になっていて使いやすいと思います。普通のスーパーでもコンソメやスープの売り場にあるし。


マスコット オーネ フュメドポワソン 6g×5

 合わせて、ドラマのフードコーディネーター藤代さんのインスタも参考に。

「晩酌の流儀2」5話で美幸が使っていた高さの低いビールジョッキ

 美幸(栗山千明)が5話で使用していた、ボッテリとした形のビールジョッキは、シーズン1の第7話でもキャンプの時に登場していました。

 高さが低いビールジョッキなので、棚の高さ(幅)が低い冷蔵庫でも冷やしやすいジョッキです。

 広口なので、ジョッキの内側の洗いやすい!


東洋佐々木ガラス ビールグラス マグ 470ml ビールの芳醇な「香り」を充分に楽しめます

「晩酌の流儀2」第5話で美幸が飲んでいたスペインの赤ワイン

 美幸(栗山千明)が、
「お酒も変えてみよう」
 とジョッキに注いでいたのは、チリの名門サンタカロリーナ社が手がけた、ボリュームのある熟した果実味と、飲みごたえのある程よいタンニンが特長の赤ワイン「サンタ バイサンタカロリーナ」のカベルネ・ソーヴィニヨンでした。リーズナブルなテーブルワインです。


【チリの名門ワイナリーが作る、リッチな味わいのテーブルワイン】サンタ バイサンタカロリーナ カベルネ・ソーヴィニヨン/シラー 750ml

 通常、赤ワインは冷やさず室温のまま飲むものですが、氷を入れたビールジョッキに注いで、オレンジを絞って「サングリア風かち割りワイン」と称していました。

 「サングリア」とは通常、レモン、リンゴ、バナナ、オレンジなどの果実と甘味(砂糖や蜂蜜やジュース)、スパイスなどを赤ワインに一晩漬けて作るフレーバードワインの一種です。

「晩酌の流儀2」動画配信

 番組は「TVer」で1週間、見逃し配信されます。

 Amazonの動画サイト「アマゾンビデオ」では、過去のシーズン1と、今回のシーズン2、2022年の年末に放送された「スペシャル」がいずれも配信されています。

 アマゾンプライム会員や、アマゾンビデオ加入者は追加料金無しで視聴できます。

▼アマゾンビデオはこちら

★Amazon「晩酌の流儀1」

★晩酌の流儀 年末スペシャル~一年の最後に、最高の一杯を~

★Amazon「晩酌の流儀2」

★「晩酌の流儀2」第6話のそうめんレシピと流しそうめん器はこちら>>>

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

目次