新発売!低糖質・低たんぱく質のパックご飯

グルメ

 2021年7月19日に日経新聞のサイトで報道された、「低糖質・低たんぱく質のパックごはん」に関する情報です。

 低糖質米「ロカゴ」シリーズを販売している、食品開発のバイオテックジャパン(新潟県阿賀野市)から、500ワットの電子レンジで2分加熱して食べられる、低糖質・低たんぱく質のパックご飯が発売されました。




低糖質米「ロカゴ」シリーズとは?

 バイオテックジャパンは植物性乳酸菌のパイオニア。

 植物性乳酸菌の発酵技術で糖質をおさえたパックごはん「ロカゴ」を販売しています。

 「ロカゴ」はコンニャクや雑穀不使用の白米100%なのに、糖質36%オフ、カロリー34%オフ。


低糖質 ごはん ロカゴお試し(150g×12)【糖質コントロールごはん】

 さらに、糖質をカットしたい方には、お米にこんにゃく「マンナンヒカリ」を併用した「ロカゴハーフ」もあります。

 「ロカゴハーフ」は糖質・カロリー50%カット。


低糖質 ロカゴハーフお試し(150g×4パック)【糖質コントロールごはん】

 これらの「ロカゴ」シリーズを販売しているバイオテックジャパンが、新たに開発したのが糖質39%、たんぱく質92%オフの「ロカゴLP」です。

 糖質が気になる人、腎臓に障害のある人、だけでなくダイエット食としてもおすすめのパックご飯です。

低糖質・低たんぱく質のパックごはん

 「ロカゴLP」も通販で買えます。


お試しセット ロカゴLP(150g×4) 

 植物性乳酸菌の発酵によって生成する多糖類で、お米の表面をコーティングし、消化されにくいデンプン「レジスタントスターチ」に変化させているから、タンパク質が低減できるのです。

 通常のごはんを、3食分置き換えることで、「角砂糖約14個分」のカロリー減になります。

 これはウォーキングに換算すると、約70分相当のカロリーです。


米粒タイプの低たんぱくごはん

 パックご飯ではなく、炊飯器で炊ける米粒タイプの低たんぱくごはんもあります。


低たんぱく 1/12.5越後米粒タイプ(1袋1kg入り)【あす楽対応】バイオテックジャパン 低たんぱく 低たんぱく米 低たんぱく食品 低たんぱくご飯 たんぱく質調整 腎臓 腎臓食

 主食のタンパク質を減らすことができれば、おかずをボリュームアップできます。

 米粒タイプなので、炊きあがりの固さもお好みで調整できます。

「ヒルナンデス」で紹介された、糖質カットできる炊飯土鍋 はこちら>>

東京都心に家賃3万円から住めるとは?>>>

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました