ぶらり途中下車の旅|賞味期限180秒の焼きとりレバー串

 2024年3月9日に日本店レビで放送された「ぶらり途中下車の旅」で紹介の「賞味期限180秒の鶏レバー串」の情報です。

 横山由依さんが、有楽町線でぶらり旅をしました。
 有楽町線の終点「和光市」で横山さんが訪れた、賞味期限180秒の「鶏レバー串」とは?

目次

「ぶらり途中下車の旅」賞味期限180秒の鶏レバー串の店

 横山由依さんが訪れたのは、有楽町線の和光市駅から徒歩1分の場所にある、究極の鶏レバー串が話題のお店。


鶏レバーの葱塩

 
 一から仕込みを仕上げる粋な居酒屋。鮮魚と焼き鳥をお手頃価格で提供する『浩治朗(こうじろう)』でした。

賞味期限が180秒の鶏レバー串とは?

 「浩治朗」の名物が、賞味期限180秒の「鶏レバーのネギ塩」。

 「絶品」「柔らかくておいしかった」「レバーが苦手でも食べられる」など、グルメサイトのクチコミでも高く評価されています。

 オーナーの大久保浩治さんは、居酒屋をオープンしてから現在まで、全国から幻と呼ばれる食材を探して活動してきた方です。

 鶏レバー串は、元々レバーが苦手だったオーナーが、試行錯誤を重ねて完成したメニューです。オーナーが東京農業大学在学中に学んだ『発酵』を取り入れたそうです。

 お店自家製の塩麹に鶏レバーを24時間漬け込み、肉のやわらかさとうま味をアップさせ、フワトロの食感にしています。
 一番おいしい状態で味わってもらうために「180秒」という賞味期限を設けました。

 鶏は国産銘柄鶏。オーナーのFacebookには、鹿児島の「黒さつま鶏」などの情報がありました。

目次