【すまたんZIP】カリスマ主婦パッチワークキルトの達人

テレビで紹介

 2019年11月11日に読売テレビで放送の「すまたん」で紹介された「パッチワークの達人」の情報です。




 「アツコは見た!」のコーナーで紹介されたカリスマ主婦の情報です。

 世界7か国に6,000人の生徒をもつキルトの女王が紹介されました。


柴田明美先生

 紹介されたのは国内外に約50クラス開講しているアメリカンパッチワークキルト作家の柴田明美さんでした。


柴田明美先生のパッチワークキット

 パッチワークやキルト初心者でもできる柴田明美先生監修のパッチワークキットはこちら。


[柴田明美のパッチワークキット] 色えんぴつのポーチ 6本


[柴田明美のパッチワークキット] お花の便利ポシェット


[柴田明美のパターンレシピ] スーちゃんの一週間

 私も過去にパッチワークキルトを作ったことがありますが、大変すぎて挫折してしまいました。

 パッチワークというのは布と布をつなぎ合わせた手芸作品。
 そのパッチワークを「キルト芯」と呼ばれる薄い綿のようなものとともに、あて布をして縫い合わせると「キルト」になります。

 パッチワークの段階では楽しかったのですが、手縫いでキルト芯を縫い合わせる作業がどうにもすすまなくて、ようやく作品が完成した時には「もう二度とやらないよ」と思ってしまいました。

 今、思い返してみると、最初から大作(1m四方のカバーでした)に挑戦したのが間違いでした。

 初心者の方は、パッチワークキットなどの小物から始めると、楽しさがわかると思います。

 なんだかんだ言って、私の最初で最後のキルト作品も、今も大事にしています。

 完成すると、やはり愛着がわくものです。

フェリシモのキルト講座

 毎月届くキルトのキットでパッチワークキルトが学べる柴田明美先生監修の「フェリシモ」の講座もあります。


フェリシモ 【初回特別価格 6回エントリー】はじめてさんの1日レッスン パッチワークがわかるミニキルトの会


フェリシモ わたしの宝物 こだわりのデザインにときめく キルトのポーチの会


フェリシモ サンボンネット・スーの楽しい毎日をつづるアップリケキルトの会

 柴田明美先生の手芸本も、多数出版されています。


改訂版 柴田明美 世界でたったひとつあなただけのパッチワーク (レディブティックシリーズno.4772)

 柴田明美先生の教室やイベントの情報は公式サイトにあります。

サイトはこちら>>>■柴田明美アメリカンパッチワークキルトオフィシャルサイト 

▼こちらもおすすめ
■【すまたんZIP】スゴ技キッチングッズで紹介のサラダおろし・真空コンテナ に関する情報はこちら