密をLEDライトで見える化する二酸化炭素濃度計

テレビで紹介

 室内、屋内での「密」、いわゆる「三密(さんみつ)」などと言われる時の閉鎖空間の空気の状態を「見える化する」と話題の、二酸化炭素濃度計に関する情報です。

 LEDライトの点灯によって、室内の換気のタイミングを知らせる装置が開発されました。




CO2センシングポール

 報道されているのは、同志社大の三木光範名誉教授と、堺精機工業所、エースポイントシステムズの3者が開発した二酸化炭素濃度を計測し、3段階の色で換気のタイミングを知らせる「CO2センシングポール」です。

 3色の点灯によって「密」を見える化することで、換気、ソーシャルディスタンス等、すばやく対応することが可能となります。



 室内で人が呼吸をすれば二酸化炭素(CO2)が呼気から排出されます。

 「CO2センシングポール」は、室内に溜まった二酸化炭素の濃度を測定し、

CO2濃度が1000ppm以下→緑
CO2濃度が1000ppm~1500ppm→黄
CO2濃度が1500ppm以上→赤

 のライトで表示。

密 LEDライト 二酸化炭素濃度計

 緑点灯なら窓を閉めることができ、赤点灯なら「換気が必要」ということを知らせてくれる仕組みです。

くわしくは公式サイトへ
 CO2センシングポール|これからのコロナ対策

Amazonで買える二酸化炭素濃度計

 ライトや光で教えてくれる仕組みはありませんが、部屋の中の「二酸化炭素の濃度」が何ppmか、数値で教えてくれる装置はAmazonからも買えます。


二酸化炭素濃度計 ポータブル 空気品質モニター


KKmoon デジタルホルムアルデヒド 測定器

 換気をする事はコロナ対策だけでではありません。

 二酸化炭素濃度が上がると、思考力・集中力が落ちるという研究結果も発表されています。

 室内の二酸化炭素の濃度を測定し、換気することによって、思考力・集中力などが保たれ、仕事や勉強のパフォーマンス(生産性など)の向上が期待できます。

新型コロナウイルスを無害化できる可能性がある低濃度オゾン発生装置はこちら
 あさイチで紹介のバーカウンターで使用の低濃度オゾン発生機

水だけで除菌液を作れる装置はこちら
 ZIPキテルネで紹介の「水だけで除菌液を作るスプレー」

家賃2万円台も!格安物件はこちら
 三畳アパート・敷金礼金ゼロ物件・シェアハウス情報

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村