【休校ごはん作り】カット野菜の冷凍保存はおすすめ

今日のごはん

 新型コロナウイルスの感染拡大で学校の休校措置が続いています。
 ちょっと数えてみたら、我が家でも「休校措置開始から50日」を経過していました。

 今回は、休校措置のお宅におすすめの「カット野菜の冷凍」の話です。

 まとめてカット野菜を冷凍しておけば、インスタントのラーメンに入れたり、付け合せにサッと炒めたり、スープやお味噌汁に入れたりと、何かと便利です。

過去の一覧はこちら
 今日のごはん
 



カット野菜のおすすめ

 時間がある時にまとめてカット野菜を作っておくと便利です。

 お料理を大量に作ってストックする「つくりおき」は気が進まないけど、野菜のカットなら何も考えずにひたすら洗って→切って→保存を繰り返すだけ。

 カットした野菜をなんの料理に使うかは、後で考えればいいのです。

 野菜の鮮度も保てるし、まとめ切っておくとあとあとの料理が時短になります。

冷凍カット野菜

 私は毎週土日に「冷凍カット野菜」を仕込みます。

 金曜日には残っているカット野菜は全部使い果たし、土日にまた保存できるように冷凍庫のスペースを空けておきます。

 ということで今回も土曜日にカット野菜を大量に仕込みました。

かんたんカット野菜

 まずは野菜をまとめて洗ます。

 我が家のキッチンは狭いので、丸いザルより長細いザルが便利。100円ショップのキャンドゥで買いました。人参でも、ごぼうでも、このザルなら洗いやすい。

カット野菜 自作 保存 冷凍 休校レシピ

 今回はチンゲン菜。

 チンゲン菜は葉と茎、別々に保存・冷凍したほうが使いやすいです。洗って→切って→ジップロック。まずはこの作業を繰り返します。

カット野菜 自作 保存 冷凍 休校レシピ

 次は人参。3本あった人参はそれぞれ「いちょう切り」「たんざく切り」「さいの目切り」と3種類にカットして別々のジップロックへ入れました。

カット野菜 自作 保存 冷凍 休校レシピ

 ジップロックに入れ終わったらテープに保存した日にちと食材を記入。

カット野菜 自作 保存 冷凍 休校レシピ

 冷凍してしまうと中身がなんだかわからなくなることもあるので、食材名もしっかり記入しておく。特に葉物野菜はほうれん草なのか小松菜なのかチンゲン菜の葉なのか、冷凍するとわかりません。
 もちろん、ジップロックに直接記入してもいいけど、私はテープに書いて貼ったほうがやりやすいです。

カット野菜 自作 保存 冷凍 休校レシピ

 すべてのジップロックにテープを貼って、保存用のカゴに入れ冷凍庫へ。

カット野菜 自作 保存 冷凍 休校レシピ

 休校措置に関係なく、これはほぼ毎週やっていることだけど、こうして改めて記事にしてみるとなんだか気持ちがいいですね!
 ラジオを聴きながら、1時間くらいで全部の作業が終了しました。これで平日の料理が時短になることを考えたら、楽な作業です。

 カゴにズラッと並んだカット野菜、満足感がある(まだ何も料理していないのに 笑)。

 本当はタマネギやピーマンもカットして保存したかった。

 今、食材は通販と、ネットスーパーと半々で取り寄せているけど、ネットスーパーが注文殺到で、もう全くと言っていいくらい注文できないので、別の方法を思案中です。

 とりあえず、今日はこれらのカット野菜を使って、お料理したいと思います。

カット野菜は通販もあります
 カット&スチーム野菜の宅配 イエコック

カット野菜の注意点

 冷凍保存とはいえ、まったく劣化しないわけではありません。

 冷凍保存したカット野菜は、少なくとも2週間以内くらいには使い切りましょう。

 長期冷凍していると、冷凍焼けというった変質があったり、冷凍庫特有の「冷凍臭さ」が出てきます。

 おすすめは金曜日にすべて使い切ること。
 野菜炒めでも野菜スープでも、とにかくお鍋に全部入れて、加熱して食べきってしまいましょう。

「この野菜は冷凍できるのかな?」という時は、『野菜 冷凍保存』のキーワードで検索してみましょう。
 きっといい方法が見つかるはず。

毎日のご飯の支度が大変だと思ったら
 【時短家事】宅配冷凍弁当・冷凍惣菜・冷凍おかずのおすすめ

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました