あのドリンクで大根と鶏肉の黒酢煮(簡単料理)

※当サイトは広告・PRを含みます。

 黒酢がない時の「黒酢煮」作りました。
 料理研究家の大原千鶴さんが、NHKの「きょうの料理」で紹介されていた「大根と鶏肉の黒酢煮」を作りたかったんですが、うちに黒酢がない。

 スーパーで黒酢を買おうかと思ったけど、たった「大さじ3杯」を料理に使うだけのために、ひと瓶黒酢まるまる買うのもなあ・・・・と思って、売り場で悩んで、そうだ!て思いついたものを買って帰りました。  

目次

あのドリンクを黒酢の代わりに使って「黒酢煮」

 「大根と鶏肉の黒酢煮」は文字通り、鶏肉と大根を黒酢で煮るお料理です。

 黒酢と言えば、わが家では数年前も料理に使いたくて買ったものの、使い切れないまま何年も、冷蔵庫の片隅に残り物の黒酢をキープしていた記憶があります。

 なので、少量のためにひと瓶まるごとの黒酢を買うのは気が引けた。

 そこでふと、思いついたのが、紙パックに入って売っている「黒酢ドリンク」です。あれだって、黒酢が入っているし、なんなら糖分とかも入っているから、煮物にちょうどよくない?と。

 レシピではまず大根をレンチンするんですが、直接鍋に大根も、鶏肉(もも肉)も、黒酢ドリンクも入れて、煮ました。調味料もレシピは参考程度で、我流の味付けです。鶏ガラスープの素とか、生姜とか、酒、砂糖、かつお出汁、生姜、いろいろ入れました。

 およそ20分くらい煮込んだ様子がこちら。なんか、NHKのサイトにあるレシピの画像と、ぜんぜん違う。

今日の副菜とお味噌汁

 あとは、こまつな、大根、人参を切って、3等分し、ひとつは味噌汁に、あと2つは保存容器に入れて、冷凍。後日お味噌汁を作る時に、時短になるローリングストック冷凍です。

 味噌汁のダシは、今日は顆粒のインスタントを使ったので、簡単料理の最たるもの。顆粒だしはリケンの素材力だしシリーズを何年も愛用。塩分と化学調味料不使用だし、たいていのスーパーで買えるから。黒酢煮を作っている間に味噌汁も完成しました。

 2品じゃ少なすぎと思って(昨日は2品だけど・・・)、スーパーで120円で買った焼き芋をカットして、カラフルなミニトマトに添える。マヨネーズをかけたら、それなりの一品に。

 あと、冷凍しておいた「ロピア」の国産鶏のナゲットをレンチン解凍した(オレンジ色の丸い物体)。これで一汁三菜になったので、ちゃんとした夕食になりました。てか、鶏肉煮にナゲットて、鶏肉率高っ。

 食べたら、「黒酢ドリンク」を使った黒酢煮は、黒酢の感じがまったくなく、薄味だった。やはりちゃんと黒酢を使わないとダメみたい。黒酢ドリンクは、お料理における黒酢の代用にはならないみたい。

 それと大根多め、肉少なめだったので、大根だけが沢山残りました。

 明日、黒酢をちゃんと買ってきて、リメイクしようかな・・・

▼元のレシピはこちら
NHK【きょうの料理】大根と鶏肉の黒酢煮

大根と鶏肉の黒酢煮リメイクうどん

 翌朝、朝ごはんとして、残った「大根と鶏肉の黒酢煮」を「うどん」にリメイク。

 黒酢煮はお湯と顆粒だしを入れて少し薄める。そこへ茹でた素うどんを投入。
 昨日は「黒酢の感じがまったくない」と思ったけど、うどんのスープとして飲むと、しっかり黒酢の味がした。しかも甘めで美味しい。

 一見ボリュームがあるように見えるけど、麺の下にも大根が沢山。朝からお腹いっぱいになったけど、ほぼ大根なのでカロリー低め。

にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
にほんブログ村

目次