岩下尚史さん(ハコちゃん)の病名と病院は?

 MXテレビの火曜日コメンテーターとして活躍され、和辻哲郎文化賞を受賞した『芸者論』などの著書でも知られる、作家で國學院大學客員教授の岩下尚史(いわしたひさふみ)さん(通称・ハコちゃん)。

 しばらく「5時に夢中」をお休みされていましたが、2021年の夏から秋にかけてご病気だったようです。

 当初、病名等は公表されていませんでしたが、2022年1月9日放送の安住アナのラジオで病名もお話されていました。
 また、入院されていた病室はインスタで公開されています。

 まるで高級ホテルのような病室とお食事の病院はどこでしょうか?


花柳界の記憶 芸者論 (文春文庫)

目次

岩下尚史さんのご病気とは?

 2022年1月9日にTBSラジオで放送された安住アナウンサーの番組「日曜天国」。トークコーナーのゲストに出演された岩下尚史さんが、
「昨年、心臓弁膜症で入院した」
 とお話されていました。

 以下、岩下さんご本人が話された内容の要約です。

 元々、15年前から人間ドックで「心臓弁膜症」とわかっており、定期的に検査は受けていた。しかしコロナ禍で検査が受けられなかった間に心臓が弱っていたのではないか。2021年8月、都内のホテルに滞在していた時、セキが止まらなくなって、出血もあったことから「救急センター」に問い合わせて症状を伝えたところ、すぐに救急車を差し向けますということになり、そのまま入院。搬送先の病院が、かかりつけではなかったことから、最初の1ヶ月は検査に費やされた。その後、心臓弁膜症の手術を受け、さらに1ヶ月入院。合計2ヶ月の入院だったとのことでした。

岩下尚史さんが入院した病院とは?

 インスタグラムで公開されていた、入院先の病院のがこちら。

 お部屋の調度品といい、窓からの眺めといい、なんと高級感満載の病室でしょうか。

 お部屋だけでなく、おそらく「病院食」と思われるお食事の画像も豪華です。

 まるで高級リゾートホテルのモーニングみたいなフルーツ。退院間近と予想される時期のインスタ画像なので、常にこのようなお食事だったわけではなく、体調が回復されたからこその豪華メニューなのだと思います。

 入院費も相当なものだと思われるこの病院は・・・・

まるで高級ホテルのような岩下尚史さん入院の病院

 岩下尚史さんが入院されていたのは、東京都の新宿区河田町にある「東京女子医科大学病院」です。

 病院の公式サイトには、病室の画像はありませんでしたが、パラマウントベッドの「医療施設納入事例」というサイトに、「東京女子医科大学病院」と紹介があり、画像が岩下尚史さんのインスタグラムと同じです。

サイトはこちら>>>■パラマウントベッド 当社納入実績

 パラマウントベッドのサイトによると、東京女子医科大学病院の「9階 特別個室フロア(15床)」に納入事例ありとのことですので、岩下さんが入院されていたのも「特別個室」でと思われます。

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村

目次