【BSイッピン】播州織立体的な柄のシャツやストール・パンツ

テレビで紹介

 2020年2月25日のNHKBSプレミアムで放送の番組「イッピン」で紹介の「播州織(ばんしゅうおり)」に関する情報です。
 播州織とは、兵庫県西脇市を中心とした地域で生産される綿織物のことです。
 先に染めた糸を織ることにより、豊富な色彩が出せる織物です。

「あさイチ」で紹介されたオートミールをご飯みたいにする(米化)方法の動画はこちら>>



播州織のストール

 極細の糸を織ったストールは、兵庫県の播州織物メーカー 播(ボン)の「播州織ストール fabori(ファボリ)」です。

 100/1(ヒャクタン)と呼ばれる100番手の極細の綿糸を使用。

 通常の糸の半分以下の細さで、とても軽く滑らかな肌ざわりの播州織ストールです。

 メイド・イン・ジャパン のアイテムを販売している「ファクトリーエクスプレスジャパン」のサイトからお取り寄せができます。


↓通販はこちら

■fabori ファボリ兵庫 播 

古い織機のパンツ

 古い織機の柔らかな織りを生かしたパンツは、日本のファッションデザイナーで播州織アーティストの玉木新雌(たまき にいめ)さんのブランド「tamaki niime」の「zengo KING(ゼンゴキング)」というシリーズです。

この投稿をInstagramで見る

tamaki deniime / zengo KING / tamaki niime 的 デニムの解釈。弊社所有のアレンジワインダーで創ったアレンジデニム糸。を、横糸に打ち込んだ。当然、自社で織り上げている。わたしの原点とも言えるアレンジワインダー。独特の表情を醸し出す。感慨深い一本。至極のデニムパンツが出来上がりました。(ジャガードではありません)こちらは、とてもとてもとても手間がかかるので極々少量生産となります。わたしの原点を購入した最初のお客は私。おおかみ ト ひつじ 会 でお披露目します。 #greatnature #manmade #tamakideniime #zengoKING #denimarchitecture #art #atmosphere #nojacquard #human #creative #アレンジワインダー #denim

玉木新雌/タマキニイメ(@tamakiniime)がシェアした投稿 –



↓ 詳細・通販はこちら

■タマキニイメ オンラインショップ 

立体的な柄のシャツ

 立体的な柄のシャツは、西脇市にある「株式会社 丸萬」が手掛けるブランド「POLS(ポルス)」のジャカードワンピース MARUベージュでした。

↓通販はこちら

■ジャカードワンピース MARUベージュ 播州織 #LD-MRU-01-BEG 


▼おすすめの記事
■これまで放送された「イッピン」 に関する情報はこちら

■あなたにも作れる、超簡単手作りマスクはこちら 

にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました