テレビで紹介

【BSイッピン】2019岩手の南部鉄器のパン焼き器と急須

投稿日:2019年5月28日 更新日:

 2019年5月28日にNHKのBSプレミアムで放送の「イッピン」で紹介された「南部鉄器(なんぶてっき)」の情報です。




 中山エミリさんが岩手県の奥州市と盛岡市、2つの産地で作られている南部鉄器をリポートしました。

 白と金のグラデーションが「モダンな印象」と、人気の鉄の急須や、おいしいパンが簡単に焼き上がる不思議な形をした鉄の鍋の通販情報です。

白と金の急須



 岩手県・奥州水沢で「 岩清水 久生 」さんがつくる南部鉄器は「空間鋳造(くうかんちゅうぞう)」というメーカーの「Egg」シリーズです。

 空間鋳造の南部鉄器は、2000年には優れたデザインを集めたセレクトショップ「ニューヨーク近代美術館 モマショップ」(アメリカ・ニューヨーク)に選定されました。
 2003年には日本クラフト展にて優秀賞受賞。2004年には工芸都市高岡2004クラフトコンペにてグランプリを受賞するなど、多数の受賞歴を誇ります。

 白と金のタイプは「白金色」。

▼通販はこちら。

■ 空間鋳造 / 鉄急須 白金

 「白金色」以外のカラー「黒」「朱色」もあります。

パンが簡単に焼き上がる鍋

 パンが焼ける南部鉄器の鍋は「タミさんのパン焼器」、通称「タミパン」です。

 宮城県石巻市在住のタミさんこと近江タミ子さんは、終戦直後の食糧難の時代、子供たちのためにジュラルミン製パン焼器でパンを焼いていました。

 それから50年、孫娘で南部鉄器メーカー「及源鋳造」の商品開発を担当していた及川久仁子(現在の及源鋳造5代目社長)さんがパン焼器を南部鉄器で復活させました。



 現在及源鋳造では、タミさんのパン焼き器を「タミパンクラシック」「タミさんのパン焼器」のラインナップで販売しています。

 「タミパンクラシック」はIH対応、ガスのSIセンサー対応タイプ。


及源 南部鉄器 タミパンクラシック IH対応 F-100

 70年前の復刻版で、IH調理器やSIセンサーには対応していないタイプは「タミさんのパン焼器」になります。

 「タミさんのパン焼器」は岩手のFactory Shopと公式WEBサイト限定の販売です。

 公式WEBサイトにはタミさんのパン焼き器が誕生したストーリーや、「なつかしのほんわかパンケーキ」のレシピも公開されています。

▼公式WEBサイトはこちら

■ 及源鋳造 タミパンシリーズ

▼楽天市場はこちら

◆ 楽天「タミパンクラシック」の通販一覧

▼Amazonはこちら

◆ Amazon「タミさんのパンクラシック」の通販一覧

 たい焼きが焼ける「たい焼器」もあります。


タミさんのたい焼器

-テレビで紹介
-

執筆者:

管理人:ヨッシー
30代前半、夫と35年ローンで購入したマンションは繰り上げ返済にて10年で完済。
手伝っていた夫の会社も軌道に乗って、これから専業主婦にと40代で高齢出産。その直後にまさかの夫の会社が倒産して・・・。

続きは→プロフィールの詳細へ