『BSイッピン』悠久の時が生む漆黒の器・宮城県雄勝石(おがついし)

テレビで紹介

 2019年1月8日のNHKのBSプレミアムで放送の「イッピン」で紹介された「宮城県の雄勝石(おがついし)」の情報です。



 宮城県石巻市の雄勝町で生まれた「漆黒のプレート皿」や「石の盃」が紹介されます。

 レポーターは女優の内山理名さんです。

雄勝石の漆黒のプレート皿

 宮城県石巻市雄勝町産の玄昌石(げんしょうせき)のことを「雄勝石(おがついし)」と呼びます。

 玄昌石といえば、習字の時に使う「すずり」に加工して使用されることが多い石材ですが、雄勝石を加工した石皿は国内外からも食器として高い評価を得ています。

 雄勝石のプレート皿は「すずり石プレート」や「石皿」と呼ばれ、様々な商品が流通しています。



 この石のルーツは実に3億から2憶5000万年前、まだ恐竜も栄えていなかった時代にあるとされ、この時の土が地層の圧力によって押し固められて出来たと言われています。

通販は>>>【楽天市場】雄勝石のプレートの一覧

雄勝石の濡れ盃

 雄勝石の盃(さかづき)として紹介されるのは「株式会社こけしのしまぬき」が販売する「雄勝の濡れ盃(おがつのぬれさかずき)」です。



 濡れ盃には2種類あり、広い見込みの濡れた風情を眺めながらお酒を味わいたい方には「平盃」、手に包み込んで雄勝石の肌触りを感じながらお酒を愉しみたい方には「ぐい呑み」がおすすめです。



 メーカーのオンラインストアから通販で購入できます。

こちら>>>雄勝の濡れ盃

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました