料理の裏ワザ 裏ワザ(ライフハック)

【時短料理】冷凍保存する副菜のざっくりレシピ その1

投稿日:2019年11月10日 更新日:

 前回書いた「時短料理のコツはレシピではないという気づき」で、副菜を大量に作って小分け冷凍しておくと言いました。

 備忘録として、私自身が作って冷凍している副菜のレシピを紹介します。




 先にお断りしておきますがこの副菜レシピはざっくりレシピです。

 私もそうなんですが、長年料理(と言っても、家庭料理のレベル)をしていると、テレビや雑誌でレシピを見ても、細かい調味料などは気にしないと思います。

 食材の何と何を使って、調味料は何を入れるかさえわかっていれば、小さじ何杯とか、ダシ何ccとかってあまり気にせず、ざっくり自分のやり方でいいのでは?

 味見して美味しければ、それでいいという「ざっくりレシピ」なので、あとはあなたのセンスでアレンジしてください。

切り干し大根の煮物

<材料>
・切り干し大根
・干し椎茸
・油揚げ
・にんじん
・調味料(ダシ・日本酒・みりん・砂糖・しょうゆ)

1.乾燥切り干し大根を水で戻し(商品のパッケージに書いてある方法を参考にしてくだい)、食べやすいサイズに切る
2.干し椎茸を水で戻す
3.人参を千切りにする
4.1から3の食材をゴマ油をひいた鍋で軽く炒め、調味料で味付けして煮込む

さつまいも煮

 ファミリーマートの「お母さん食堂」にある「さつまいも煮」を子どもが好きなので、似たようなものを作りました。
ファミマ風 さつまいも 煮物

<材料>
・さつまいも
・調味料(ダシ(粉末)・日本酒・みりん・砂糖)

1.さつまいもを一口大のいちょう切りにして水にさらす
2.鍋に調味料を入れ、水を切ったさつまいもを甘辛く煮る

ごぼうの煮物

<材料>
・ごぼう
・調味料(めんつゆ・みりん・砂糖)

1.ごぼうを食べやすいサイズに切って、水にさらす
2.水を切ったごぼうを、調味料で甘辛く煮る

無限ピーマン

<材料>
・ピーマン
・ツナ缶
・すりごま
・調味料(めんつゆ・ゴマ油)

1.ピーマンを千切りにする
2.耐熱容器に「1」を入れ、上にツナを入れ、調味料をかけてレンチンする
3.ピーマンがしんなりしたら「すりごま」を混ぜて完成

 レンジでチンする時間はピーマンの量で調節してください。
 500wで2分~4分くらいが目安です。

玉ねぎと梅干しの炒めもの

<材料>
・玉ねぎ
・梅干し
・すりごま
・調味料(日本酒・しょうゆ)

1.千切りにした玉ねぎをフライパンで弱火で炒める
2.梅干しの種を取り除き軽く包丁で叩いたものを「1」に加える
3.調味料で味付け。梅干しの塩分があるので、味は薄めに
4.玉ねぎがしんなりしたら「すりごま」を混ぜて完成

五目豆

・大豆(水煮か蒸し)
・人参
・しいたけ
・ごぼう
・調味料(ダシ・砂糖・日本酒・みりん)

・大豆以外の食材を1cm角に切って調味料で煮込む
※鶏肉を入れても美味しい
※冷凍保存する場合はコンニャク入れない

筑前煮

<材料>
・鶏肉(もも肉かむね肉)
・人参
・ごぼう
・しいたけ
・たけのこ(水煮)
・れんこん
・調味料(ダシ・日本酒・砂糖・みりん・しょうゆ)

・全ての食材を一口大の乱切りにして、調味料で煮込む

※冷凍保存する場合はコンニャク入れない

オクラのかつお節煮

<材料>
・オクラ
・かつお節
・調味料(めんつゆ)

1.オクラは鍋で下茹でして、1cmくらいの長さに切る
2.「1」を耐熱容器に入れ、上からかつお節をかけ、めんつゆをかけてレンチンする

できたのものは粗熱をとって小分け冷凍

 レシピと言うほどでもありませんが、今後もレパートリーが増えたら追加していきます。

 完成したお料理は、食事1回の量に小分けして冷凍します。

ざっくりレシピ 時短レシピ 時短料理

 あとで冷凍庫内でわからなくならいように、必ずテープやマステを使って、
・料理名
・作った日付

 を保存容器に記録しておきましょう。

冷凍 作り置き 副菜 惣菜 時短料理 時短家事

-料理の裏ワザ, 裏ワザ(ライフハック)
-

執筆者:

管理人:ヨッシー
30代前半、夫と35年ローンで購入したマンションは繰り上げ返済にて10年で完済。
手伝っていた夫の会社も軌道に乗って、これから専業主婦にと40代で高齢出産。その直後にまさかの夫の会社が倒産して・・・。

続きは→プロフィールの詳細へ