じゅん散歩|1日10分脚にはさむだけで内転筋鍛えるマシン

※当サイトは広告・PRを含みます。

 2023年12月20日のテレビ朝日で放送された高田純次さんの街ブラ番組「じゅん散歩」の通販コーナー「ものコンシェルジュ」で紹介の「座って足にはさむだけで内転筋を鍛えるマシン」に関する情報です。

 1日10分内ももにはさむだけで、内転筋を鍛えるマシンです。テレビを見ながら、スマホを見ながらでもトレーニングできる。O脚対策にもなって、立ち姿にも変化が期待できます。

目次

「じゅん散歩」1日10分内転筋を鍛えるマシン

 使い方は簡単。本体のV字を閉じて、足にはさんだら落とさないようにキープするだけです。

 内転筋を鍛えることで、つまづきにくく、怪我をしにくい体づくりを目指します。内転筋を鍛えることで、立ち上がった時や、くしゃみをした時の「ヒヤッ」とするおトイレ問題の対策にもなります。

▼ご注文はこちら

ライフフィット Vトレ アプローチ

 

▼両面焼き圧力フライパンはこちら
じゅん散歩|両面焼きフライパン「ハッピークッカーグルメパン」

「じゅん散歩」青山の石鹸とカフェ

 石鹸も紹介されました。青山にある「THE COLD PROCESS(ザ コールドプレス)」の表参道本店です。併設のカフェは、世界のスペシャルティコーヒーの代表格である米国・シカゴ発祥のインテリジェンシア・コーヒー「TCP CAFE」。

 必要な分だけ折って使える、板チョコみたいな石鹸の通販はこちら。


THE COLD PROCESS/ザ・コールドプロセス PIECE by PIECE はちみつ&シアバター ファッション小物【三越伊勢丹/公式】

 

 私はかつて自分で「コールドプレス」の石けんを自作したことがありますが、その経験から言うと「とてもお高い」と思いました。自作すれば材料費はこのお店の石けん1個分より少ない額になり、出来上がる石けんはその5から6倍の量になると思います。

 ただ、石けんを自作する場合は「劇物」として指定されている苛性ソーダを購入する必要があり、取り扱いのある薬局に身分証明書と印鑑を持って買いに行かなくてはいけません。また、苛性ソーダを自宅に保管しておく際も湿気などに注意する必要があり、私はそれが面倒でコールドプレス石けんの自作を辞めました。

 苛性ソーダの入手や管理、その他の材料の保管や器材の保管、メンテナンスなどを考えると、結局自分でコールドプレス石けんを作るのは手間が多い。さらにいきなり上手に作れるわけではなく、失敗などもあるので、無駄も多い。結局、多くの人はあきらめて、多少お高くても出来上がったものを購入するのでしょう(・・・そして、私も石鹸派なので、欲しいと思った)。

 「THE COLD PROCESS」の石けんはデパートにもショップがあり、通販サイトもあります。

▼くわしくはこちら
「THE COLD PROCESS」公式サイト 

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

目次