草彅やすとものうさぎとかめ|からあげレシピ

※当サイトは広告・PRを含みます。

 2023年6月4日のよみうりテレビで放送された「草彅やすとものうさぎとかめ」で紹介の「プロ直伝のサクッとジューシー唐揚げ」に関する情報です。

 日本唐揚協会会長が、森脇健児さんに教えた、唐揚げのレシピをご紹介します。

★フライパンひとつでつくる「じゃがりこ入りグラタン」レシピはこちら→

目次

「草彅やすともうさぎとかめ」唐揚げレシピ

 日本唐揚協会会長の「やすひさてっぺい」さんが、家庭でも美味しく作れる唐揚げの作り方を紹介しました。

 作り方は以下の通りです。

1.とり肉を洗ってドリップ(臭み成分)を取り除く(お肉をボールに入れて、水を注いで洗う)
2.ペーパータオルでとり肉の水分をしっかり拭き取る
3.適度な大きさに切ったとり肉と塩(とり肉200gに対して塩1.4g)をボールに入れ、5〜15分もみ込みむ(
4.めんつゆを入れ(とり肉200gに対してめんつゆ(3倍濃縮)8g)もみ込んでなじませる
 ※焦げないようにするため、めんつゆもなるべく少なめに
5.「4」の全体にたっぷりの片栗粉をまぶし、ザルに入れて余分な粉をはらい落とす
6.油で揚げる。揚げ時間は180℃で3分。あとは余熱で火を通す
7.火が通ったら、うちわであおいで冷ます

 以前、別の番組で「とり肉を洗うと、カンピロバクターという食中毒の原因菌が飛び散ることがあるので、食中毒を起こす危険がある」と紹介されていました。農水省も『家庭では鶏肉は洗わずに、しっかり加熱調理しましょう』と情報発信しています。

 それをふまえて、とり肉を洗う時は注意が必要です。

 特に、近くに生で食べる食材があったり、食器があると、思いがけないほど菌が飛び散って、危険です(水で洗うと、想像以上に水しぶきが拡散するらしいです)。

 くれぐれも、お皿やコップ、他の食材に「生のとり肉を洗った水」が飛び散らないように注意して作業しましょう。

から揚げ有名店のオリジナルレシピ

 日本唐揚協会会長の「やすひさてっぺい」さんの公式サイトを見ていたら、全国の「唐揚げの有名店」のレシピを紹介する情報がありました。

 食用油のメーカーの、公式サイトに掲載されているレシピ集です。

 その中に、「やすひさてっぺい」さんのレシピもありますが、今回と少し違って「焼き肉のタレと粗挽き黒こしょう」で下味をつけるレシピでした。

▼くわしくはこちら
J-オイルミルズ「唐揚げ有名店オリジナルレシピ」

日本唐揚協会監修のからあげ本

 日本唐揚協会が監修した、唐揚げの歴史から、美味しい作り方、全国のからあげ聖地までを網羅した、300ページにおよぶ唐揚げの専門書もあります。


からあげパーフェクトブック2020

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

目次