テレビで紹介

【メレンゲの気持ち】Mattおすすめ皮膚科と顔に針を刺していくペン

投稿日:2019年9月7日 更新日:

 2019年9月7日に日本テレビ系で放送の「メレンゲの気持ち」で、ゲストのMatt(マット)さんが紹介した「毎月通う皮膚科」と「顔に針を刺していくペン」の情報です。




 元プロ野球選手の桑田真澄さんの息子さん、Mattさんがゲストでした。

 Mattさんのお肌のお手入れの話になった時、
「アスタキサンチンのジェルを塗って、化粧水を3回塗る。毎月皮膚科に2、3回通ってピーリングとイオン導入とダーマペンをやっている」というお話でした。

 「ダーマペン」って何?針を刺していく?

ダーマペンとは?

 Mattさんのお話では、ダーマペンとは、
「(顔に)11本の針を刺していく。人間て傷ついた所にコラーゲンが集まってキレイになるので、そのダーマペンでわざと傷つけて・・・・・」
 と説明。ダーマペンとは医学的にあえてお肌を傷つけて再生させる療法だそう。小鼻とエラの部分は痛いとのことでした。

 皮膚科の公式サイトには、「ダーマペン」とは「非常に小さな穴を皮膚に開ける事によって、様々な肌トラブルを解決したり、肌を美しくする事ができる治療法」のこととあります。

 「ニキビをなくしたい、ニキビ跡のクレーターや凸凹肌に悩んでいる、肌質を改善したい、腕のボツボツを治したい、毛穴の開きの改善をしたい方におススメ」で、ダーマペンによる治療は、お肌へのダメージが少ないため、通常のレーザー治療と比較して、ダウンタイムが短くてすむのが特徴のようですね。

Mattさんが通う皮膚科とは?

 Mattさんが通院されている皮膚科は東京の港区三田にある「しのぶ皮膚科」です。

▼「しのぶ皮膚科」のダーマペンの詳細はこちら

■ ダーマペン(肌再生医療)

この投稿をInstagramで見る

私が悲しんでると、マットはいつもすぐ駆けつけてきてくれる。「マットは、全力で先生を助けるから!絶対助けるから!マットが通ってる皮膚科だって、もっともっと宣伝して!」と必死で言いにきてくれて溢れる涙を抑えるのが必死だった。2人でハートマーク❤️作ろう!って事になって、大人気ヒーライトの下でインカムぱちり。 💫 握手してハグして本当泣きそう。本当ありがとう。本当ありがとう。 💫 #matt #マット #マット桑田 #支えてくれてありがとう #とにかく真面目に生きていくよ #一生懸命頑張るよ #ありがとうありがとうありがとう

しのぶ皮膚科 ヒアルロン酸専門 港区さん(@shinobu_dr)がシェアした投稿 –

ダーマペンをご自宅で

 「ダーマペン」は別名「ダーマローラー」や「ダーマスタンプ」という名称でも呼ばれていて、家庭用のタイプのあります。「美容皮膚科でやったら高額な治療が数千円でできる」として、人気のアイテムです。

 初心者向けのタイプは手動で針をローラーするタイプのもの。

 ワンランク上は電動で針をスタンプのように押していくタイプ。

 

アスタキサンチンのジェル

 Mattさんが紹介していた「アスタキサンチンのジェル」というのも、上記のしのぶ皮膚科で販売されているものだそうです。

 Mattさんのインスタグラムによると「アスタキサンチンには抗酸化作用があり、その抗酸化力は桁違いでビタミンCの6000倍」だそう。

この投稿をInstagramで見る

・ Every morning, every night, every day! 洗顔後、化粧水の前に塗る導入美容液の前に 1番にこのアスタキサンチンジェルを必ず使います🧡 もう2〜3年前から使ってる👦🏼✨ アスタキサンチンには抗酸化作用があり、 その抗酸化力は桁違いで ビタミンCの6000倍もの抗酸化力があります⭐️✨ そして美白効果とアンチエイジング、 皮脂分泌を抑え、キメとハリを改善! 肌の老化や炎症は酸化が原因なので 是非アスタキサンチンジェルで対策を💕 僕は毎月皮膚科で購入してます😊💄 ・ #すっぴん #栄養剤を一番最初に #肌が喜ぶ #アスタキサンチン #しのぶ皮膚科 #オレンジのジェルはちゃんと馴染みます #顔はオレンジ色になりません #抗酸化作用 #エビカニアレルギーの方は使用を避けて下さい

Mattさん(@mattkuwata_official2018)がシェアした投稿 –

▼その他の美容液や「化粧水3回」の情報はこちら

■Mattおすすめアスタキサンチンと化粧水3回はコレ

藤田ニコルさんおすすめの美肌点滴の情報はこちら

■藤田ニコル「ハイフ」のサロンと「白玉点滴」のクリニック

-テレビで紹介
-,

執筆者:

管理人:ヨッシー
30代前半、夫と35年ローンで購入したマンションは繰り上げ返済にて10年で完済。
手伝っていた夫の会社も軌道に乗って、これから専業主婦にと40代で高齢出産。その直後にまさかの夫の会社が倒産して・・・。

続きは→プロフィールの詳細へ