めざましテレビイマドキ|2020新作ジャケット・コート

テレビで紹介

 2020年11月12日フジテレビ系で放送の番組「イマドキ」で紹介の「2020年冬の新作アウター」に関する情報です。

 人気アパレルブランドのショート丈、ロング丈の新作ジャケットやコートが紹介されました。



エコムートンライダーズ

 「2万枚売れている」と紹介されたエコムートンのショートコートは、ジュエティーの「エコムートンライダーズ」でした。



 カラーは3色あり。



通販はこちら
 jouetie エコムートンライダース

 花柄のボアブルゾンも紹介されました。

花柄ブルゾンはこちら
 jouetie パターンボアブルゾン

チェスターコート

 背広のようなデザインのチェスターコートが紹介されたのは渋谷109のリゼクシー(Resexxy)でした。

 正式名称は「ゴールドボタンチェスターコート」。

通販はこちら
 RESEXXY ゴールドボタンチェスターコート

WEGOパテッドコート

 WEGO(ウィゴー)で、
「去年も人気だったコートがアップデートされて再登場」
 と紹介されたのは、ロングパテッドコートでした。

 「パテッド」とは、ファッション用語で「中わた入り」のこと。

 昨年よりもお買い求めやすいプライスになっています。



 アップデートされたのは「袖がリブ」になったこと。

 めざましテレビで紹介されたカラー「ホワイト」の他に「ブラック」もあり。



 人気商品のため、売り切れが予想されます。

 気になる方はお早めに。

通販はこちら
 【送料無料】 パテッドロングコート アウター WEGO

エコムートンが人気

 「ムートン」とは本来、羊の毛皮の裏側をきれいに加工して、表地として使用できるようにスエード仕上げした素材のこと。

 昨今サスティナブル(持続可能な社会)や、動物愛護の観点から「毛皮」に対する考え方にも変化があり、本物の毛皮を使用しないファッションが主流になりつつあります。

 少し前までは「フェイクファー」「フェイクレザー」などという呼ばれ方をしていた、人工的な毛皮ですが、そもそも「フェイク」とは「にせもの」とか「(だます目的で)偽造する」などの意味があり、あまり感じのいい言葉ではありません。

 トランプ大統領(すでに前大統領・・・かもしれまん)が「フェイクニュース(嘘の報道)」というキーワードをさんざん使ったことからもわかるように、「いんちき」「ウソ」「でたらめ」など、マイナスイメージが強い「フェイク」という言葉。

 この「フェイク」という言葉を人工毛皮に使うのをやめて「エコ」という表現に変えているのが昨今のファッション用語です。

 「エコファー」「エコレザー」「エコムートン」。

 いずれも「人工の」とか「合成の」という意味ですが、たしかに改めて考えてみたら、これまでの「フェイクファー」という言い方は乱暴でした。

 「ムートン」もそういった現状から「エコムートン」が主流になりつつあります。

 昔の粗悪な「合成皮革」や「ケミカルレザー」に比べて、21世紀の「エコ」ムートンは本物とと見分けがつかないくらいよくできているものが沢山あります。

その他のエコムートンのコートはこちら
 Amazon「エコムートンのコート」のおすすめ品 

その他の「めざましテレビ」情報はこちら
 ■「めざましテレビ」過去記事一覧

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました