【夏マスク】ミントの効果でひんやり涼感を

手作り

 夏マスクに関する情報です。

 ミントを使って、普通のマスクを「涼感マスク」に変身させましょう。



ミントの夏マスク

 新型コロナウイルスの感染症対策でマスクが欠かせません。

 しかし、気温の上昇に伴って「マスクが暑い」「汗でメイクが崩れる」という問題も出てきました。

 冷感素材を使った夏用のマスクも沢山発売されていますが、自宅に沢山ある在庫のマスクでなんとか涼感を得たいという方には、「ハッカ油」がおすすめ。

 マスクに一滴落とすだけで、あっという間にミントの香りが広がって、涼感が得られます。

 さらにハッカ油には消臭効果や虫よけ効果も期待できるので、夏におすすめ。

 ※ネコやハムスターなど、ペットによってはハッカやミントが良くない影響を及ぼすこともありますのでご注意ください。

ハッカ油のミントマスクの作り方

 「ハッカ油」は普通に薬局・ドラッグストアなどで買えます。
 「ハッカ油」「和種ハッカ」などの名前で販売されていますが、ようするに「ミント」のオイルです。

 口の周りに使用するものなので、必ず「食品添加物」という表記があるものを選びましょう。
 ミントマスクの作り方は簡単。この「ハッカ油」を一滴、マスクに付けるだけ。

 少量でもすごくスースーするので、必ずマスク外側の下の方、アゴの部分に付けましょう

 マスクの上の方に付けてしまうと、目にハッカの刺激が届いて、涙が出たり、目が開けられないということもあるので注意しましょう。


【食品添加物】ハッカ油P 20ml(アロマ・お風呂・虫よけ)

ミントマスクの実際の画像

 ↓マスク下側にハッカ油を一滴落としています。
夏マスク 作り方 ミント ハッカ

 ハッカ油を落とした部分を拡大すると、若干の染みのようなものが目立ちます。
夏マスク 作り方 ミント ハッカ

 気になる方はハッカ油を直接付けるのではなく、ハッカスプレーを使用しましょう。


天然ハッカ油スプレー12ml 天然和種ハッカ100%

ハッカ油スプレーの作り方

 ハッカ(ミント)のスプレーは、ハッカ油があれば自分で作ることもできます。

 一番簡単な作り方は「水+ハッカ油」だけでできるハッカスプレーですが、ハッカ油は「油」なので、水と分離します。使用するときは毎回、スプレーボトルをよく振って、しっかりミント油と水を撹拌してからスプレーしましょう。

【ハッカ油スプレーの材料】
・スプレーボトル(100mlから150mlくらいの小型のもの)1個
・ハッカ油 1から2滴
・水道水10ml(小さじ1)

【ハッカ油スプレーの作り方】
1.スプレーボトルに水10mlを入れる

2.ハッカ油を「1」の水に直接1、2滴入れる

3.スプレーのフタをして、よく振って混ぜる

 これで完成です。

 この場合も、マスクのできるだけ下の方にスプレーしましょう。

 防腐剤など入っていないため、少量ずつ作って早めに使い切るのもコツです。

 私はふだん、この方法で作ったミントスプレーを体にも使用しています。

 清涼感が得られて、防臭効果も期待できるので、早めに使い切ってしまいたいときは、体にもスプレーできます(アレルギー体質の方はパッチテストをしてから使用しましょう)。

アルコールとミントのスプレー

 さらに本格的なミントスプレーを自分で作る場合は、無水エタノールなどのアルコール成分にいったんハッカ油を溶かして、それから水を入れると水と油の分離が少なくなります。

 その場合の材料は、

・無水エタノール 5ml(小さじ1)
・水道水 45ml
・ハッカ油 5~10滴

 になります。

 エタノール(高濃度アルコール)を使うので、この場合のスプレー容器はアルコールに耐性のあるしっかりしたものにしましょう。

 まず容器に無水エタノールを入れ、そこにハッカ油を滴下してよく混ぜ、水は最後に入れます。
 水を入れたあとは同様にフタをしてよく混ぜましょう。

 スプレーするときは、やはりマスクの外側、アゴのあたりがおすすめです。

 「無水エタノール」も現在、新型コロナウイルスの感染症対策で品切れが多く、一部で高額販売されていますが、本来は500mlで1500円くらいのものです。

 無水エタノールが手に入らない場合は、水+ハッカ油だけの作り方でも問題ありませんので、無理して高額の無水エタノールを買わないようしましょう。

通販で買える「接触冷感」のマスクはこちら
 【Amazon】洗える接触冷感マスクの一覧

にほんブログ村 テレビブログ テレビ生活情報番組へ

タイトルとURLをコピーしました