【格安SIM】2019年9月楽天モバイルで本体価格実質無料で機種変更した話

副業

 2019年9月25日に格安SIM「楽天モバイル」で「機種変更」した時の話です。

 機種変更の際の新機種は、現金を使うことなく0円で手に入りました。

 その入手方法とは?



 スマートフォンの本体をどれだけ安く買えるか、という事についてお話します。

 かれこれ20数年前、私が最初に買った「携帯電話」はPHSでした。

 その時のPHS本体価格は忘れもしない「7円」でした。

 その数年後、ガラケーに買い替えた時も本体価格は「1円」とか「5円」だったと思います。

 そして毎月支払っていた利用代金は、PHSの時もガラケーのときも1500円くらいでした。

 だから、世の中でスマートフォンが主流になってきた時、
「本体価格が高すぎて買えない!毎月の利用代金も高すぎ!!」
 と思いました。

 「実質無料」「実質0円」といいながら、スマートフォンの利用代金は通信量が高すぎて、キャリアスマホだと5000円近くします。

 スマホ本体の代金分を割引されているはずなのに、不必要な「通話基本プラン」が何千円もついているから(2019年以降、プランは変わっていくようですが)、結局ガラケーの時のように毎月1500円くらいで利用することはできない仕組み。

 だから私は、皆がスマホに変えてもひたすらガラケーユーザーでした。

2015年に楽天モバイルで買ったファーウェイ

 格安スマホ・格安SIMと言われる「楽天モバイル」が誕生したのが2014年なんですね。

 楽天ヘビーユーザーの私は、楽天モバイルの誕生でようやく2015年にスマートフォンに変更しました。

 ここでは「スマホ本体」の価格を中心にお話したいと思います。

 2015年にファーウェイの「 honor6 Plus(オーナー6プラス)」本体を一括払いで買いました。
 honor6 Plusは、Webでの販売を終了していますが、楽天モバイルにまだサイトが残っているので本体価格などは確認できます。

 この時の本体価格は「税込24,732円」でした。

 料金プランは一番安い通話SIMの「ベーシックプラン」なので、月額1,250円です。

 注意点としては通話料がかかる通話を沢山しないこと。

 電話をかける場合は、LINEの無料通話機能を使ったり、番号そのままで通話料を半額にする電話アプリ「楽天でんわ」を使用して、節約しましょう。

▼くわしくはこちら

料金ページ

 「24,732円の本体価格は現金で支払ったのか?」ということになります。

 いいえ、楽天ヘビーユーザーの私は、スマホ本体の購入に全額「たまった楽天ポイント」を使用したので、ある意味、スマホ本体の価格は「実質無料」でした。

 この時現金やクレジットカードの支払いは0円で、その後月額1,250円の利用料のみ、支払っています。

 中国製のファーウェイ「 honor6 Plus」は、その後4年間、何の問題もトラブルもなく、普通にアンドロイドのスマートフォンとして使用できました。

月額利用料金が安い理由

 私の場合は通話でスマホを利用することがほとんどない(友達いないし、電話は固定電話でかける)ので、利用料が1250円で抑えられています。

 また、ネットの通信も自宅の回線をWi-Fiで使うことがほとんどで、自宅以外で大量のデータ送信はしません。

 動画利用やダウンロードも基本的にはスマホではやらない。
 やったとしても、自宅のWi-Fi経由で、ネット利用する。

 それを徹底しているので月額の利用料金が安く済んでいます。
 外出先でどうしてもダウンロードなどする必要がある場合は、無料のWi-Fiスポットを探します。

ファーウェイのごたごたとスマホ本体の劣化で機種変更

 しかし2019年に入ってから、アメリカと中国の貿易摩擦で中国のスマホメーカーHUAWEI(ファーウェイ)にも問題が生じてきました。

 私が2015年に楽天モバイルから買ったファーウェイの「 honor6 Plus」は、2019年9月現在も問題なくアンドロイドスマートフォンとして使用できるものの「今後Googleが使えなくなる可能性がある」「「アンドロイド」関連ソフトを搭載できなくなる」というウワサも・・・。

 アメリカでの「Huaweiへの禁輸措置」は事実上解除されましたが、買ってからもう4年も経つし、10月から消費税も上がるし、それよりなにより、 honor6 Plus本体がさすがに劣化してきて、横から見ると若干のふくらみが・・・

スマートフォン スマホ ふくらむ バッテリー

 これはガラケーの時代にもあった「バッテリーの膨張」と言われています。

 「スマホ バッテリーの膨張」で検索すると、危険度MAXとか、爆発するとか、発火するとか、怖いことばかり出てきて・・・・

 これは増税前に早く、新機種に変更したほうがいいなてことで、4年ぶりに機種変更しました。

アクオスフォンも実質無料で

 機種変更する時点で一瞬、
「他社に乗り換えたほうがスマホ本体も安くなるかも」
 と思ったものの、楽天ヘビーユーザーのワタシとしては、楽天モバイルを契約しているだけでも楽天市場でのお買い物がポイントアップするので、乗り換えはしないことにしました。

 さらに今回も「スマホ本体を楽天ポイントで支払う」ことにより、本体価格を0円にしたかったので、楽天モバイルで新機種を一括払いで買いました。

 買ったのは今回シャープ製のアクオスフォン「AQUOS sense2 SH-M08」です。

 中華スマホのゴタゴタが怖かったので、日本製のシャープにしました。

 キャンペーン価格で税込22,161円。

 これを今回も楽天ポイントで全額一括払い。

 今回は旧機種と機種変更後の新機種「SIMカード」のサイズが違ったので、「SIMサイズ変更」の手続きが必要となり、3,000円(税別)の手数料が発生しました。

 今後は引き続き月額1,250円の利用料のみ支払いで済みます。

 楽天モバイルを使うことで楽天ポイントがずっと2倍でつく上に、そのポイントが貯まると新しい機種をポイントで買えることから、これはもう「実質無料」「実質0円」のスマホと言ってもいいのではないでしょうか?

▼くわしくはこちら
楽天モバイル エントリーとお申込で、ご契約中楽天市場でのポイントが、ずーっと2倍!

楽天ポイントはどうやってためる?

 でも実際には、
「そんなに楽天ポイントはたまらない」
「2万円分も楽天ポイントをためるのは何年もかかる」
 という方も多いのでは?

 私はどうして毎回楽天ポイントが2万円も使えるのか?

 それは・・・

 ・楽天カードで電気・ガス・水道などの公共料金を全て支払う
 ・スーパーの支払いも楽天カードで
 ・旅行は楽天トラベルで予約し、楽天カードで支払う
 ・日用品や化粧品は楽天市場で買って楽天カードで支払う
 ・洋服や下着も楽天市場で買って楽天カードで支払う
 ・本は基本的に楽天ブックスを利用する

 などを実行しているから。

 特に、年に2回くらい行く旅行代金は10万円以上支払うので、楽天カードのポイント還元は大きいです。

 その上、読み放題の電子雑誌のサービス「楽天マガジン」や、楽天の宅配サイト「楽天デリバリー」も利用するので、楽天ポイントがどんどん貯まっていくんですね。

 さらに!もっと楽天ポイントを増やしたい方には、楽天のアンケートサイトがおすすめ。

アンケートで楽天ポイントをためる

 スキマ時間にアンケートに回答するだけで、楽天スーパーポイントをゲットできるサービスもあります。

 これがもう、次々アンケートが来るので、正直回答が追いつかないくらいです。

 私はなかなか時間的余裕がなくて、アンケートの全部に答える事ができず、期限切れになってしまうことも多いけど、楽天ポイントがたまるアンケートサイトは件数が多くておすすめです。

▼くわしくはこちら
答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録&回答で40ポイント

最速で楽天ポイントがたまるサービスはこれ!

 そして、一番最速で楽天ポイントがたまるのが「楽天アフィリエイト」です。

 「楽天アフィリエイト」とは、楽天市場の商品やサービスを紹介して報酬を受け取るしくみ。

 あなたが紹介した商品が売れれば、ポイントがもらえます。

「難しそう。私にできるかな?」
 という方は、このブログを見て!そう、今私が書いているこのブログでも、過去に沢山の楽天市場の商品を紹介しています。

 ブログがなくても楽天アフィリエイトはできます。

 あなたが紹介したい商品をSNSやLINEに投稿するだけでも「楽天アフィリエイト」になります。

▼くわしいやり方はこちら
■ そのままLINEに投稿できます!とても簡単です!

 貯まった楽天ポイントで、新しいスマートフォンが買える!

タイトルとURLをコピーしました