テレビで紹介副業独立開業

テレビ大阪「もしマネ」主婦の副業ナレーションの仕事

テレビで紹介

 2022年5月1日テレビ大阪で放送の石井亮次アナウンサー司会の番組「もしマネ」で紹介の「主婦の副業・ナレーションの仕事」に関する情報です。

 ナジャ・グランディーバさんやTKO木本さんがコメンテーターと出演し、元フィギュアスケーターの織田信成さんがレポーターとして出演された『もしもの時』に備えるマネー道!マネー活用バラエティ!「もしマネ」。

 その中で、時給に換算すると数千円になるという、自宅でナレーションの録音の仕事をする主婦が登場しました。

 コロナ禍で多くの企業が動画制作に力を入れたことで、激増しているというナレーション、ナレーターの仕事
 紹介された主婦は「副業として、You Tube動画などのナレーターをつとめている。多い時は月額で8万円くらい(の収入がある)」とお話されていましたが、どうすればその仕事はみつかるのでしょうか?

★番組で紹介された「電話代行オペレーター」の副業はこちら>>>

「もしマネ」ナレーションの仕事の見つけ方

 在宅のお仕事は、番組で紹介されていた「仕事斡旋サービスサイト」に登録することで、見つかります。

 ただし、番組内で、
「ナレーターの登録者数が、ここ2年で4倍に!」
 と言われていたので、斡旋サイトに登録しても「ナレーター」の登録者が多すぎて、お仕事の取り合いになる可能性もあります。つまり、必ずしも誰でもできるというわけではありません。

 番組で紹介されていたのは一般的に「クラウドソーシング」といわれるサイトです。

 「クラウドソーシング」とは、
「企業がインターネット上で不特定多数に業務を発注する業務形態」
 のこと。

 もっと簡単に言うと、
「仕事を探している多くの人が登録して、企業や個人事業主が、その登録者の中から最もニーズに合った人材に業務を委託する、という新しい形態の仕事のやり方」
です。

「もしマネ」クラウドソーシングのサイト

 「もしマネ」で「ナレーターの登録者数が、ここ2年で4倍に!」と紹介されていたクラウドソーシングのサイトは「日本最大級のクラウドソーシングランサーズ」でした。

 ランサーズはお仕事マッチングサイトなので、お仕事をしたい方だけでなく、仕事を依頼したい方(ナレーションの仕事をしてくれる人を探している方)も利用できます。

 お仕事は「ナレーションの仕事」だけに限らず、エンジニア・デザイナー・ライター向けの案件を中心に、常時1000件が登録されています。

くわしくは>>>【ランサーズ】日本最大級のお仕事発注サイト!

関連情報:その他のテレビで紹介された「副業、ポイ活、おこづかい稼ぎまとめ」 はこちら>>

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました