NHKシブ5時|ナプキン不要の生理用ショーツ

テレビで紹介

 2020年9月4日金曜日のNHKの夕方のニュース番組「シブ5時」で紹介の「ナプキンがいらない生理用のショーツ(パンツ)」に関する情報です。

 同様の海外製のショーツはありますが、日本国内で製造している会社は2020年9月現在、2社だけ。

 そのうちの1社の商品開発が紹介されました。



MNC New York株式会社のベアシグネチャーショーツ

 紹介されていたのは、渋谷区にある「MNC New York株式会社」が製造している「ベアシグネチャーショーツ」でした。


 Amazonでも買えますが、2020年9月7日現在は売り切れです。

 転売品や模造品(偽物)が販売されているそうなので、ご注意ください。

 正規品はお値段は7,590円(税込み)のものです。
 高額なものや低価格の「出品者からお求めいただけます」という商品は買わないでください。

 次回入荷予定は、2020年9月末の予定です。


Be-Aベア シグネチャー ショーツ 

 「Be-A」と書いて「ベア」と読むようです。Girls Be Ambitious(ガールズビーアンビシャス=少女よ大志を抱け)の略称で「Be-A」だそうです。

 かっこいいとは思うけど、検索する時わかりづらいので、メーカーの方は社名も商品名も是非、カタカナ表記で統一されることを望みます(老婆心ですが)。

 市販の生理用を使っていて、漏れるとか、交換する時間がないとか、同じような悩みを持っている人は沢山いると思います。

 一人でも多くの女性に、この画期的な商品が届くことを願ってやみません。

 Amazonから買うのは不安だという方には、メーカー直営の通販サイトもあります。

 直営のネットショップには「Be-Aの超吸収型生理ショーツをお使いの方の、経血量が多い日のバックアップとしてもお使いいただける」というシルク製の布ナプキン「ベア シルクナプキン」や、「血液専用の浸け置き洗剤」もあります。

メーカー直販サイトはこちら
 ベア シグネチャー ショーツ

ベアシグネチャーショーツがあるデパート

 番組内で紹介されていた、ベアシグネチャーショーツを販売しているデパートは、伊勢丹新宿店でした。

 伊勢丹新宿店では、2020年9月2日(水)、伊勢丹新宿店本館1階に「ISETAN Seed(イセタンシード) -Daily index-」というセレクトショップをオープンしました。

「伊勢丹は、どこに何が売っているのかわかりづらい」
 という声に答えて、伊勢丹新宿店の各フロアから選び抜かれた約100ブランド、約1,300点のアイテムを取り揃えたショップを1階にオープンしました。

 2020年9月2日からこの「イセタンシード」で「ベアシグネチャーショーツ」を販売しているということですが、売り切れの可能性が高いですね。在庫は伊勢丹新宿店にご確認ください。

伊勢丹の詳細はこちら
 ISETAN Seed -Daily index-




その他のナプキン一体型ショーツ

 開発者の方が「海外のものはどれも吸水性が悪かった」とお話されていました。

 私は吸水ショーツは使用した経験がありませんが、一時期「布ナプキン」を愛用していました。

 布ナプキンも、似たようなもので、漏れることがよくありました。

 吸水量が足りなくて漏れるというよりも、クロッチ(股の部分)の両脇が防水性がないために、そこから漏れます。

 使い捨ての生理用ナプキンの場合は、両脇の部分も見えないけど内部で防水シートがガードしているので、側面から漏れるということはほぼないと思うのですが、布ナプキンや吸水ショーツの場合、吸収体の裏面はしっかり防水シートで漏れ対策されているけど、クロッチの両脇が防水されていないのが残念です。

 「ベア シグネチャー ショーツ」のAmazonレビューにも、似たような「股の横からモレた」という感想がありました。

 その点、台湾の女性たちが開発した「ムーンパンツ」はクロッチ部分を外側から巻き込むようにつくっており、糸も使っていないそうです。


ムーンパンツ デイタイム ヌード L

 日本の女性が小学生の娘の“あからさまにポーチを持ってトイレに行くのが嫌”という声から開発した吸水ショーツ「ガールズリープ」もあります。


[Girls Leap] ガールズリープ 吸収型サニタリーショーツ 超吸収 生理用ショーツ

 その他の関連商品としては、企画は日本、製造は中国というこちら。


[フランデランジェリー] [fran de lingerie] comfits – special-ナプキン不要の吸収サニタリーショーツ「コンフィッツ」special

他にもあります
 その他の「吸水性サニタリーショーツ」の一覧

女性用品「フェムテック」のお店

 最初に番組で紹介されていた、東京の港区にある「Femtech(フェムテック)商品」のお店は、ニューヨーク発のセレクトショップ「New Stand Tokyo(ニュー・スタンド・トーキョー)」のアジア1号店です。

 フェムテック商品の専門店というわけではなく、“未来の日用品店”をコンセプトに雑貨などを販売しています。

 こちらのお店では、ベアシグネチャーショーツ以外にも、台湾製の生理用吸水ショーツなどを取り扱っています。

フェムテック商品のお店の詳細はこちら
 New Stand Tokyo

もうひとつの日本製生理用吸水ショーツ「ナギ」

 番組では「この他に、もう1社日本国内で生理用の吸水ショーツを製造しているメーカーがある」とだけ紹介されていました。

 それがこちらの「nagi(ナギ)」というショーツです。

この投稿をInstagramで見る

はし゛めまして、Nagiて゛す??Nagiは生理期間中に1枚でも使用いたた゛ける吸水ショーツて゛す。洗うことて゛何度もくり返し使用することか゛て゛きます。 . 開発期間は約1年半。アンケートやヒアリンク゛を重ね、150人の女性たちのリアルな生理への声か゛元に作られています。 生理の1日を安心して過こ゛せるように。生理中て゛もその人らしいスタイルて゛いられるように。機能性はもちろん、ロコ゛やハ゜ッケーシ゛、フ゜ロタ゛クトの細部に至るまて゛、女性たちの思いに応えるために、考え尽くした1枚て゛す??

Nagi(@nagi_official_jp)がシェアした投稿 –



 残念ながらこちらも2020年9月7日時点では完売。再入荷は2020年10月末の予定ですが、公式サイトによると「9月上旬に新商品が登場予定です。ぜひ Instagramや Twitterをフォローしてお待ちいただけますと幸いです。」とのこと。

 インスタは↑上記。Twitterは↓こちら。



 すごい時代になりましたね。もっと早く、こういった商品が開発されれば、よかったのに・・・・。

 私はもうすぐ、ご縁はなくなるとおもうけど(つまり、年齢的に、ね)子どもに是非使わせたい。

 どちらのメーカーも、大人サイズの再入荷が多少遅くなっても我慢できるので、小中学生サイズの商品開発を早めにしていただけると嬉しいですね。

 「ナギ」は一番小さいサイズ「XS」がヒップ77~85cmなので、身長150cmのジュニアサイズ(ヒップ76~84cm)でも大丈夫そうですね。
 再入荷されたら、私用ではなく、子供用に買っておきたいと思いました。

 デザインは「ナギ」のほうがオシャレ。バリエーションも「スタンダード」「スリム」「フル」と3パターンあります。

 でも一番大きい「フル」でも「吸水量は45ml」なので、給水量で考えたら「約120mlもの液体をしっかり吸収する」という「ベアシグネチャー」のほうが安心できますね。

 両方そろえて重い日と軽い日で使い分けるか、デザイン重視の方は「ナギ」を選んで、生理用品と併用するのがよいようです。



ナギの公式サイトはこちら
 Nagi 公式オンラインストア ーはくだけの生理用品ー

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました