テレビで紹介

『がっちりマンデー』スゴイ社長が本棚から選んだ私の一冊

投稿日:2019年1月13日 更新日:

 2019年1月13日の「がっちりマンデー」で紹介された「スゴイ社長おすすめの本」の情報です。



 ハウステンボス・旭酒造・ニトリ・星野リゾートの社長がそれぞれ選んだ「私の一冊」が紹介されました。

 紹介された本は、たちまちAmazonのランキングでベストセラーになっています。

 電子書籍版(Kindle)もあります。

>>>「がっちりマンデー」で紹介された結婚相談所の開業はあなたにもできる?

ニトリの会長

 ニトリの会長・似鳥昭雄さんが単身赴任でお住まいの東京のマンション(ご実家は北海道)にはゴルフ関連やマナー、海外情報などの本がありました。。

 月に2、3回は書店に行って「10冊は買ってくる」という似鳥会長が選んだ「私の一冊」は、似鳥さんのビジネスの師匠・経営コンサルタントの渥美俊一さんの「チェーンストア能力開発の原則」でした。

 似鳥会長いわく、
「20代の教育、30代の教育、40代50代の教育、これ全部書いてあるんですよね。全部これを元にうちの教育体系とかニトリ大学とか作ってるんですよ。今あるのはこの本のおかげ」
 とのこと。


チェーンストア経営の原則と展望 (チェーンストアの新・政策シリーズ)

獺祭の「旭酒造」の会長

 旭酒造の桜井会長は1ヶ月に5~6冊の本を読むとのこと。
 ビジネス書は一気に読めるが、ミステリーは時間がかかる、とのこと。

 ボロボロになるまで読まれているのは清酒製造技術でしたが、「私の一冊」として選んだのは日下公人(くさかきみんど)さんの「「発想」の極意」でした。

 桜井会長いわく、
「実際に酒を造るときに、今日までのデータは全部出てくる。でも明日どうなるかはわからない。ここを乗り越えるのは感じる力しかない」
 とのことでした。

 また会長は「日下公人さんという方は、川下からいろいろなものを見られる方で、秋葉原にソ連の人たちが電子部品をいっぱい買いに来ていて、それを見てソ連の崩壊に気づいた方」ともお話されていました。


「発想」の極意 :人生80年の総括

HIS・ハウステンボス社長

H.I.S./ハウステンボス社長の澤田の本棚には孫氏の本や健康系の本、歴史関係の本が多数ありました。

 「倒産」に関する本も多数あり、「常に最悪の事態を想定しておくこと」が大事とのこと。

 そんな澤田社長おすすめの一冊は中村天風(なかむらてんぷう)の「運命を拓く(ひらく)」。

 思想家の中村天風が、自身の体験を通じて積極的な思考を勧める本で、京セラの創業者・稲森和夫さんや、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手も愛読しているそうです。

 澤田社長いわく、
「人生いろんなことがありますからね。失敗もあれば、辛いこともあれば、病気になることもあれば・・・その時にどういう風に・・・心の持ち方ですよね。常に前向きにという」
 とのこと。

 こちらは電子書籍版もあり、Kindle版運命を拓くなら637円とリーズナブルです。


運命を拓く 天風瞑想録 単行本 – 1994/1/20

星野リゾートの社長

 星野リゾートの星野代表が紹介した私の1冊は「自分のキャリアを変えた」と思うマイケル・ポーターの「競争の戦略」でした。

「やるべきことは沢山ある。その中で、なにをやらないかを決めるというのは、大きなな戦略だと思う」
 と星野代表は語り、星野リゾートの一番大事な「所有をやめて、運営だけをしよう」というコンセプトが生まれた本でもあるとのことでした。


[新版]競争戦略論I 単行本 – 2018/7/19 マイケル E. ポーター (著), 竹内弘高 (翻訳), その他

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ

-テレビで紹介
-

執筆者:

管理人:ヨッシー
30代前半、夫と35年ローンで購入したマンションは繰り上げ返済にて10年で完済。
手伝っていた夫の会社も軌道に乗って、これから専業主婦にと40代で高齢出産。その直後にまさかの夫の会社が倒産して・・・。

続きは→プロフィールの詳細へ