QVC|TSV遠赤外線暖房器サンルミエの口コミ

 通販専門チャンネルで販売されている「遠赤外線暖房器サンルミエ」に関する情報です。

 かれこれ25年以上、「遠赤外線暖房器」を愛用している私。

 25年前に買った遠赤外線暖房器も健在で、なんの問題もなく使えるのですが、
「さすがに25年前の家電はもう、買い替えたほうがいいのでは・・・」
 と思っていたところに、2022年11月23日、QVCで「遠赤外線暖房器サンルミエ」がお買い得になっていたので、思い切って購入しました。

私と遠赤外線暖房器

 私が25年間使ってきた遠赤外線の暖房器は「サンルーム」という名称で、メーカーは株式会社アールシーエスという家電メーカーです。

 ちなみに、その株式会社アールシーエスが現在販売している遠赤外線暖房器は夢暖房・暖話室というシリーズのものです。

 初めて「遠赤外線暖房器」を使って以来、その温かさと快適さの「とりこ」になった私。

 この25年の間に、2回ほど他社の遠赤外線暖房器も買いました。

 しかし、最初に買ったA社の遠赤外線暖房器は5年くらいで故障しました。

 ある日突然、本来赤くなるはずのないパネルの一部が、燃えたような赤い色になり、怖くなってメーカーに問い合わせたら、故障なので修理が必要と言われました。

 保証期間も切れており、諸々で費用が3万円近くかかるとわかったので、修理せずに処分しました。

 かなり高額(たしか5万円くらい)なものだったので、がっかりでした。

 次にAmazonで買ったB社の遠赤外線暖房器は、1万数千円のリーズナブルなものでしたが、全然部屋が温まらない。
 おまけに、買って数カ月後に「使用中に発熱・発火のおそれあり」ということで、リコールのお知らせハガキが来て、無償で点検修理するから返送してほしいとのことだったのですが、温かくないわ、返送は面倒くさいわでこれまた処分しました。

 結局、最初に買った株式会社アールシーエス「サンルーム」が最強。

 まったく故障も、異常もなく、25年にわたって私を温め続けてくれました。

 が、さすがに25年は長い。

 15年目くらいから毎年、
「今年も大丈夫かな、動くかな、使えるかな・・・」
 とビクビクしながら使っていて、さすがにもう潮時と思っていたところに「QVCのTSV」でサンルミエを観て、ある種衝動買い。

QVCの「遠赤外線暖房器サンルミエ」

 QVCのサンルミエは、タイマーとパーソナルモードがついたタイプと、スイッチだけのタイプがあります。

 2022年11月23日にTSVになっていたのは、タイマー付きのタイプ。

 1台だけ買うつもりで放送を観ていたのですが、
「2台で69,996円」
 という値段だったので、思い切って2台注文しました。

 これまでは1台の遠赤外線暖房器を、あっちの部屋、こっちの部屋と移動させて使っていました。

 軽いので、別に移動するのは苦でもないはずなんですが、2台買ったら1台あたりおよそ35,000円という安さに衝撃を受けて、買ってしまいました(公式サイトのメーカー希望小売価格は1台で83,490円(税込)です)。

QVC TSV サンルミエの口コミ

 使ってみた感想は、これまで25年使ってきた「株式会社アールシーエスのサンルーム」と大差ないです。

 ただ、サンルームはタイマーがなかったので、切り忘れの心配があったのですが、サンルミエは「切タイマー」の設定ができるので、安心。

QVC TSV サンルミエの口コミ

 強と弱がありますが、我が家は鉄筋コンクリートのマンションなので、8畳のリビングでも「弱モード」でじゅうぶん暖かいです。

 朝など、最初は「強モード」で部屋を温め、温まったらずっと「弱」で大丈夫です。

 「弱モード」の電気代は1時間でおよそ11円(400W)。「強モード」ですら1時間でおよそ22円(800W)ですから、電気代も気になりません。これまでも、遠赤外線暖房器を使っていた我が家では冬の電気代が1万円を超えたことはあまりありません。

 夏はエアコンの多用(特に夫が・・・)で、電気代が1万5千円くらいになります。
 冬は基本的にリビングと、寝室にしている和室で遠赤外線暖房器を使って、夫が自室でエアコンの暖房を使用します。
 ちなみに間取りは3LDKのマンションです。

 夫が暖房を使うのは、会社が休みの土日くらいです。

 それ以外は私が主に、ほぼ一日、遠赤外線暖房器を使用しています(朝7時から夜9時くらいまで)。

 途中外出したり、部屋が温まると暖房も消したりするので、なんだかんだで一日100円くらいしか暖房に使っていないのではないでしょうか。単純に弱モード×10時間でも110円ですが、それほどぶっ通しでは使っていません。

 ちなみに子どもも学校から帰宅して寝るまで(17時くらいから22時くらいまで)、部屋で暖房を使いますが、それでも一日50円もかからないでしょう(途中入浴とか食事する時は部屋にいないので)。

 そして私が長年「遠赤外線暖房器」にこだわる一番の理由は、
「消してもしばらくは部屋が暖かい」
 という点です。

 エアコンの暖房は、部屋をすぐに温めることができる代わりに、消すとすぐに部屋が寒くなると私は思っています。

 遠赤外線暖房器は、壁や床を温め、その輻射熱で部屋を温かくします。

 なので、多少換気のために窓を開けたり、換気扇をつけても、部屋が冷えません。

 コロナ禍でさらなる「換気」が必要なった今、ますます遠赤外線暖房器しか使えないと私は思っています。

遠赤外線暖房器で上手に部屋を温めるコツ

 25年間「遠赤外線暖房器」を使い続けている私が、いつも心かげていることが、
「ある程度の加湿をする」
 です。

 加湿あると、なしでは、部屋の温まり方に差があるように感じます。

 さらに、ホットカーペットなどで床を温める(低い設定温度で大丈夫)と、さらに効果的に部屋が温かくなります。

 あと、エアコンの暖房の場合、空気で温めるので、どうしても足元が寒くて、頭の方は温かい(あるいは暑い)という感じになりがちですが、遠赤外線暖房器の場合は、床や天井にも遠赤外線が吸収されて、部屋をまんべんなく温めるので、サーキュレーターなどで空気を撹拌する必要はありません。

 私はエアコンの暖房だとどうしても、頭がボーっとして、のぼせてしまうのですが、遠赤外線暖房器ではそういった「冷えのぼせ」のようなこともありませんので、快適です。

▼QVCのサンルミエはこちら
QVC「遠赤外線暖房器 サンルミエ」
icon
 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村