読書感想文|佐々木圭一「伝え方が9割 」

 「〇〇が9割」という本のなんと多いことか。

 電子書籍で「伝え方が9割」を買っていたのに「話し方が9割」も買っていた。

 どっちがどうで、何のために両方買ったのか、今となっては自分の行動が思い出せない。

 とりあえず「伝え方」の方を読んでみた。




「伝え方が9割」ある法則の発見

 広告代理店の大手「博報堂」でコピーライターをしていた方が書いた本である。

 著者がすごいのは、自ら、あらゆるキーワードや、名文句や、有名なキャッチコピーを研究して、ある法則を発見したところである。

 その法則を発見してからとうのも、コピーライターとしての才能を開花させ、数々の賞を受賞されている。

 日本国内だけでなく、米国の広告賞まで受賞しているから、「法則の発見」がいかにすごいパワーかがわかる。

 著者は惜しげもなく、この「法則」を本の中で公開している。

 数学の方程式のように、紹介された法則に当てはめてキャッチコピーを作れば、あなたも今日から「優秀なコピーライター」になれる・・・かどうかは、ちょっと微妙。

 法則の話はわかりやすく、早速実践してみたいと思った。

強いコトバの作り方

 例えば、そのひとつとして、JR東海の名キャッチフレーズ、
「そうだ 京都、行こう」
 が紹介されている。

 これは「強いコトバ」の作り方の一例として紹介されている。

 法則はいくつもあるが、「強いコトバ」を作る方法のひとつ「サプライズ法」が紹介され、「サプライズワード」を入れる方法の例文が、
「そうだ 京都、行こう」
 と紹介される。

「京都、行こう」に「そうだ」というサプライズワードを足すことで、「そうだ 京都、行こう」という「強いコトバ」が生まれる。

 「強いコトバ」は、人の感情を動かすエネルギーのあるコトバなので、心や記憶に残りやすく、思わず文章の先をよみたくなるコトバ
なのだという。

わかるけど、難しい

 紹介されている「伝え方の極意」はわかりやすく、方程式に当てはめれば、自分でも印象的な文章やキャッチフレーズが簡単に作れそうだ・・・・と思ったものの、やはりシロウトにはそう簡単にはいかない。

 この本に書かれている方法論を活用して、多くの人を引きつけるブログの文章を書いてみたい、という意気込みはあるが、いざ、やってみたらふわふわして、結局これまでどおりのダラダラ長いだけの文章しか書けていない自分に気づく。

 実際に仕事として「コピーライター」や「文筆業」をしている人なら、即実践で、腕を上げる事ができるかも知れない。

 いっさいがっさい凡庸な、ワタシじゃわからないかもね。

 ただ、広告業界にいる人なら、読んで損はない。


伝え方が9割 佐々木 圭一

「伝え方が9割」の続編

 なお、この本には「伝え方が9割 2」という続編があり、「まんがでわかる 伝え方が9割」というコミック版もある。

 そこまでは私には必要ないかな、と思う。

 ただ、広告や文章の伝え方だけでなく、単純に、好きな人をデートを誘う時の言い方なども紹介されているので、
「どうも口下手で、人とのコミュニュケーションが上手くいかない」
 という人にも役に立つかも。

 もちろん、これを読んだからと言って即、人気者になれるわけではない。

 だけど、これまで頭に浮かんだままを言葉にして、失敗してきた過去があるなら、この本で紹介されているコトバの方程式を試す価値はある。

「引き寄せの法則」て結局なに? と思う人はこちら>>

18歳~39歳の独身の方限定「東京都心に住みたいと思ったら」

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました