テレビで紹介

阿川佐和子【サワコの朝】鎌田式スクワットとかかと落とし

投稿日:2019年7月27日 更新日:

 2019年7月27日にTBS系で放送の阿川佐和子さんのトーク番組「サワコの朝」で紹介された、医師の鎌田實さんの著書「70歳、医師の僕がたどり着いた 鎌田式 「 スクワット 」 と 「 かかと落とし 」 の情報です。




 長野県の諏訪中央病院の名誉院長、鎌田實(かまたみのる)さんが考案された「スクワット」と「かかと落とし」を紹介しました。

 鎌田医師自身が3年で体重が9キロ減、ウエストが9センチ減という体操の情報です。

鎌田式シリーズ

 「スクワット」と「かかと落とし」のくわしい内容は、鎌田医師の最新の著書「鎌田式 「 スクワット 」 と 「 かかと落とし 」」で紹介されています。


70歳、医師の僕がたどり着いた 鎌田式 「 スクワット 」 と 「 かかと落とし 」

 長寿の秘訣は「野菜と減塩」です。
 あわせて読みたい「鎌田式健康ごはん」の本(ムック)もあります。


鎌田式 健康ごはん (マガジンハウスムック)

鎌田式かかと落とし

 鎌田式の「かかと落とし」は、骨密度を上げるのに役立ちます。

 番組で紹介された「かかと落とし」のやり方です。
 イスの背につまかって、ゆっくりと行こないましょう。

1.カウント1、2でつま先を上げ、かかとで立つ(転倒予防になる)
2.カウント3でつま先立ち
3.カウント4でそのまま背伸びする
4.カウント5で「ドン」とかかとを落とす

 腰が痛い人は「3」でつま先立ち、「4・5」でゆっくりかかとを下ろしましょう。

 リズム感も大切です。
 リズム良くやると「セロトニン」という幸せホルモンも出て、心も元気になっていきます。

 10回をワンセットにして、1日3回やるのがおすすめです。

 気づいたときに、キッチンのカウンターなどにつかまってやるのもいいですね。

鎌田式スクワット

 鎌田式「スクワット」のやり方です。

 イスを用意します。

1.イスの前に立って足を肩幅に開き、両手を胸の前で組み合わせる
2.お尻を突き出しながら、ゆっくりイスに座るような感覚で腰を落とす
3.お尻がイスの触れた瞬間に、ゆっくり立ち上がる

 1日10回をワンセットで続け1ヶ月くらいして慣れてきたら「反動式スクワット」に移行しましょう。

 反動式スクワットのやり方です。

 ヒザはつま先より前に出さないことを意識して、足の親指の根元に体重をかけて行います。

1.足を肩幅に開いて立つ
2.両手をバンザイの姿勢で上げる
3.両手を下げながらしゃがみこんでいく
4.中腰になったら、両手を上げながらゆっくり立ち上がる
5.呼吸を整えて手だけを一回上下させる

 一日10回を3セットがおすすめです。

 さらに鎌田式は骨盤底筋群を意識して行います。

 両手を胸の前で組んだまましゃがみ、中腰になったら5秒間キープします。そのあと5cmお尻を上げてお尻の肛門を締めると骨盤底筋群が鍛えられて、認知症の予防や血糖値の改善にも役立ちます。

 詳しい方法は紹介されませんでしたが、これを「4段階」で行っていくのが「鎌田式」とのことでした。

「サワコの朝」の見逃し配信

 民放ポータルサイトTver(ティーバー)では、2019年8月3日(土) 07:29まで、今回の「サワコの朝」の番組動画を配信中です。

 Tverは無料で利用できるテレビ画面の公式動画サイトです。

▼動画はこちら

サワコの朝 #389「医師・鎌田實」

-, テレビで紹介
-

執筆者:

管理人:ヨッシー
30代前半、夫と35年ローンで購入したマンションは繰り上げ返済にて10年で完済。
手伝っていた夫の会社も軌道に乗って、これから専業主婦にと40代で高齢出産。その直後にまさかの夫の会社が倒産して・・・。

続きは→プロフィールの詳細へ