映画 ネットで話題

【ジェーンスー生活は踊る】ネットフリックスのスコセッシ監督映画

投稿日:

 2019年11月29日にTBSラジオで放送の「ジェーン・スーの生活は踊る」で紹介されたネットフリックスで公開されているマーティン・スコセッシ監督の映画「アイリッシュマン」の情報です。




 スコセッシ監督の「グッドフェローズ」「カジノ」に続く第3弾映画「アイリッシュマン」が、有料動画配信サービスNetflix(ネットフリックス)で2019年11月27日より全世界同時配信されました。

 2019年2月のアカデミー賞授賞式中に予告編が初公開されてからというもの「今年一番の期待作」と言われてきたこの「アイリッシュマン」。

 「タクシードライバー」から続くスコセッシ監督とデ・ニーロの名コンビ復活。パチーノがスコセッシ作品に初出演。1999年に引退宣言をしたジョー・ペシがカムバック・・・と話題が尽きないこの映画。

 それが「メジャー映画会社ではなくNetflix製作」ということがもはやハリウッドや映画界というものの存在意義やこれから先すら変えてしまいそうな、いや確実に今、変革の時なんだと意識させられる、それほどの話題作です。

「アイリッシュマン」のあらすじ

 ロバート・デ・ニーロが演じたのは、実在の人物である殺し屋「アイリッシュマン」ことフランク・シーラン。

 アメリカ裏社会の隠語で「家のペンキ塗り」は「殺し」の意味。

 2003年、ペンキ塗りにたけた男「アイリッシュマン」が息をひきとった。

 全米トラック運転組合の一員として長らく活動していたシーランは、その裏でマフィアであるブファリーノ・ファミリーと共に犯罪行為に手を染めていた。

 ファミリーの依頼で人殺しも行ってきたシーランだったが、彼が関与した事件の中には1970年代に全米を震撼させたジミー・ホッファ(実在したアメリカ合衆国の労働組合指導者)の暗殺も含まれていた。

 「アイリッシュマン」は最晩年のシーランの回想という形を取りながら、ホッファ暗殺の真実や、労働運動とマフィアの結びつき、裏社会に生きた者の悲哀を描き出していきます。

 実話というのがすごい。

 3部作の1作め「グッドフェローズ」もニューヨーク・マフィア界で生きたヘンリー・ヒルという実在の人物が主人公でした。

 2作目「カジノ」も実話ベース。

 日本にも「東映実録映画」と言われる「仁義なき戦い」がありますが、マフィアや裏社会の実話ベースの映画は、やはり自分が当事者になるのは嫌だけど、裏社会を覗き見てみたい。ピカレスクロマンに触れてみたいという欲望を掻き立てますね。

 原作はチャールズ・ブラントが2004年に発表したノンフィクション作品『I Heard You Paint Houses』。
 原題を直訳すると「お前はペンキ塗りだって聞いたんだけど」みたいな意味ですね。
 上記のように「アメリカ裏社会の隠語で「家のペンキ塗り」は殺しの意味」なので、
「お前、殺しやるんだってね」
 くらいのニュアンスだと思いますが、そのまま和訳してタイトルにしても伝わらないので、日本では「アイリッシュマン」というタイトルで出版されています。


アイリッシュマン(上) (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) 文庫

「アイリッシュマン」の予告編

 ネットフリックス公式の予告編がこちら。

 今回およそ160億円近い制作費の多くを「CGIエフェクト(コンピューター生成画像)」に費やしたそうで、実際には76歳のデ・ニーロが、20代から40~50代に若返って演じている場面もありますが、お金を掛けて修正しているだけに違和感がない!



 一瞬写ったジョー・ペシがシワシワで心配になるけど、回想シーンではきっとジョー・ペシもCGIで若返っていることでしょう。

 予告編を見ると、トラック運転手をやりながら裏社会の仕事(殺し)に手を染めてきた男が、家族や、若者?にこれまでの過去を告白するようなストーリーかと思われます。

 ここからは「グッドフェローズ」のネタバレになります。
 「グッドフェローズ」もこれから見るという方はスルーしてください。

 「グッドフェローズ」では主人公が様々な悪事に携わった挙げ句、最後は司法取引によってマフィア組織を裏切り、悪の黒幕が逮捕。主人公(実在の人物ヘンリー・ヒル)は名前や住む所を変えて、妻と子と共に証人保護制度によって守られる(マフィアからの仕返しを逃れる)という終わり方でした。

 「アイリッシュマン」はおそらく最初に主人公が死んで、そこから過去にさかのぼってアイリッシュマンことフランク・シーランがどんな悪事を行ってきたかが現在と過去の行き来しながら語られるという手法ではないでしょうか。

小さな巨人 ジョー・ペシ

 特筆すべきことは事実上の「引退状態」だったジョー・ペシの復活。

 私の中でジョー・ペシといえば「小さな巨人」。

 身長158cmのジョー・ペシですが「グッドフェローズ」でも「カジノ」でも印象深いシーン(ほとんど殺害シーンですが・・・)を沢山残しました。

 なかんずく「カジノ」の「ペンで人を殺すシーン」は必見。

 ↑デニーロの右奥がジョー・ペシ。
 バーで親友デニーロがバカにされて、横のジョー・ペシがブチ切れ、バカにした男をペンで突き刺して(何度も、何度もね)ブルータスもびっくりの殺害をするシーンは有名です。

 「ちっちゃいからって、ナメるなよ!」というオーラが全身から出ているジョー・ペシが、「アイリッシュマン」で復活しているのは喜ばしいことです。

ネットフリックスはどうやって見る?

 私自身、有料動画配信サービスは複数契約しています。

 一時期はhulu、dtv、Amazonビデオと3つも契約して、さらにひかりTVまで契約してたんだけど、見る暇なんてないわけですよ。
 それに見られる作品がそれぞれのサービスで重複している。

 それでdtvは解約しました。

 ネットフリックスはオリジナル作品に興味はあったけど、未契約でした。

 しかし今年(2019年)5月の10連休だったと思います。
 リラックマのネトフリオリジナル作品を子どもに見せたくて、
「だけどこれ以上、有料動画配信サービスを契約するのはなあ・・・・。せっかくdtvも解約したっていうのに、またネットフリックスを契約したら意味ないし」
 と思ってたら、コンビニでプリペイドカードが売られているのを発見。

「そうか!月額定額制を利用しなくても、このカードで見ればいいんだ」
 ということで2000円のカードを買って、およそ2ヶ月視聴しました。

 正確には、初回登録者には「30日間の無料体験」が適用されるので、5月~8月まで2,000円で3ヶ月近く視聴できました。

 正直、huluやAmazonビデオを定額制で利用している私にとっては、この使い切りのプリペイドカードシステムは最適です。

 いちど月額定額制を契約してしまうと、見ていないのにダラダラと何ヶ月も支払い続けてしまうという「ムダ使い」におちいりやすい。実際dtvやひかりTVがそうでした。
 いざ解約しようと思っても、手続きが面倒だったり、忘れてしまったりでダラダラ毎月見てもいないサイトの利用料を払っていました。

 だけど、プリペイドカードだと自動的に期限が来ると契約が停止するので、ムダな費用はかからないし、また見たくなったら再開もできます。

 実際、8月に期限切れになってから放置していたネットフリックスですが、ラジオでお笑い芸人の人たちが「全裸監督」の話題を語っているのを何度も聞いて、どうしても見たくなって、9月末くらいにまた2,000円のプリペイドを買って、「全裸監督」を全話見たあとはまた放置(笑)。すでに期限切れになって今現在は視聴できませんが、「アイリッシュマン」を見るためにまたプリペイドを買ってこようかな・・・と思っています。

 というか・・・huluを解約してネットフリックスを契約しようかな。

 でもhuluの「ウォーキング・デッド」のリアルタイム配信だけは見逃せない。悩ましい。

ネットフリックスのプリペイドカード

 通常、有料動画配信サービスはクレジットカードがないと契約できませんが、プリペイドカードならクレジット不要で利用できます。

 くわしい使用方法は、プリペイドカードの台紙に記載されていますが、コンビニでカードを買って(レジで支払いして)、カードに記載されたサイトにアクセスして、カードをスクラッチすると出てくる暗証番号を入力するという方法です。

 プリペイドカード、私は毎回近所のファミマで買っているけど、Amazonでも買えます。

 Amazonでネットフリックスのプリペイドを買うと、1%のAmazonポイントが貯まるので、コンビニで買うより若干お得です。


Netflixプリペイド・ギフトカード 2000円

 コンビニに買いに行ったり、Amazonからカードを送ってもらったりするのが面倒だ、という方には、プリペイドの暗証番号をネット上でそのまま購入する方法もあります。

 支払いはクレジットカードかATM(ネットバンキング)になります。

くわしくはこちら>>>■『Kiigo』Netflixプリペイド・ギフトカード 

 上記のサイトでは自分用にプリペイドを購入することもできますが、プレゼント(ギフト用)として、他者にメールで贈ることもできます。

 この場合、支払いが確認できたら、プリペイドカードではなく「商品コード」のみが届いて、それを自分で利用したり、プレゼントしたりすることができます。

グッドフェローズ・カジノはどこで見られる

 「生活は踊る」で、
「グッドフェローズもネットフリックスで見られます」
 と言ってましたが、三部作の2作目「カジノ」は配信されてません。

 個人的に、シャロン・ストーンが性悪女を演じて魅力爆発の「カジノ」もぜひ、合わせて見ていただきですね。

 huluを確認してみたけどネトフリに囲い込まれてんのか、「グッドフェローズ」「カジノ」とも配信なしでした。

 「Amazonビデオ」の「プライムビデオ」(Amazonプライムの見放題サービス)には「グッドフェローズ」も「カジノ」もありました(2019年11月29日現在の情報です)。

 ということで、「アイリッシュマン」を見たんだけど「グッドフェローズ」と「カジノ」も見たいという方や、「アイリッシュマン」を見る前に三部作のおさらいがしたいという方にはAmazonビデオがおすすめ。

くわしくはこちら>>>■Amazonプライム・ビデオ | 映画・ドラマ・アニメが見放題 

 ち・な・み・に!三部作と言っていますがストーリーに連続性はありません。

 マーティン・スコセッシ実録映画シリーズという意味での三部作です。

 それぞれ実在の人物がモデルとなっており、デニーロが主演で、小さい巨人ジョー・ペシが活躍の「三部作」という意味ですので、ストーリーとしては完結しています。

 それでは早速、ネトフリのプリペイドカードをファミマに買いに行ってこよう!「全裸監督」も、もっかい見たいしね(笑)。

▼おすすめの記事
■【マツコの知らない世界】粕漬けソーセージやジビエ黒ソーセージ に関する情報はこちら

-映画, ネットで話題
-

執筆者:

管理人:ヨッシー
30代前半、夫と35年ローンで購入したマンションは繰り上げ返済にて10年で完済。
手伝っていた夫の会社も軌道に乗って、これから専業主婦にと40代で高齢出産。その直後にまさかの夫の会社が倒産して・・・。

続きは→プロフィールの詳細へ