【和田アキ子いいかげんに1000回】越前和紙マスク通販

テレビで紹介

 2020年3月14日のラジオ・ニッポン放送系で放送の和田アキ子さんの番組「ゴッドアフタヌーンアッコのいいかげんに1000回」で紹介の「越前和紙のマスク」に関する情報です。

 ラジオの中で「越前和紙のマスクがある」と紹介されていたので、リサーチしました。

 福井県越前市内にある縫製会社と、越前和紙のメーカーがタッグをくみ、新しいマスクが開発されました。
 マスク本体はポリエステルとオーガニックコットン。そこに越前和紙のマスクシートをはさんで使用するタイプです。



越前和紙のマスクの通販

 越前和紙のマスクを開発したのは、越前市内の縫製会社「株式会社 ファインモード」と、越前和紙のメーカー「有限会社 紙和匠(かみわしょう)です。

 繰り返し使えるのが特徴。

 マスク表面はポリエステル、内側にはオーガニックコットンを使った布マスクに、消臭や抗菌作用がある越前和紙のシートを差し込んで使います。

 シートには粉末状のヨウ素の樹脂をすき込んだ越前和紙「消臭和の紙」を使用。
 ヨウ素アレルギーの方は「消臭和の紙」は使用できません。
 マスク本体は洗って繰り返し使用できますが、「消臭和の紙」は洗えませんので、取り外してお洗濯してください。

 マスク本体の縫製をしている「株式会社 ファインモード」のサイトによると、2020年3月9日より予約開始とのことでしたが、残念ながら現在(3月14日)はすでに売り切れ、ネット販売のサイトで予約受付中で「2020年3月31日 から順次発送」とのことです。

↓通販はこちら

■【紙和匠】布マスクwith消臭和の紙 


洗って繰り返し使えるマスク

 使い捨てマスクは品切れが続いていますが、ネット通販大手の楽天やAmazonでも、「洗って使えるマスク」の在庫はちらほら復活しています。


通販サイト「楽天」で売れ筋の「洗えるマスク」の一覧はこちら


通販サイト「Amazon」の「洗えるマスク」の一覧はこちら 

トイレットペーパーの通販

 ニュースでは「トイレットペーパー品薄はデマ」「トイレットペーパーの在庫は十分」と言われていますが、ドラッグストアやスーパーではいまだにトイレットペーパーの売り場が空っぽです。

 さらに、急な休校でトイレットペーパーを買うための列に並んだり、遠方のお店まで買い出しに行くのも困難になってきました。

 我が家では、12個入りのトイレットペーパーが2袋ありましたが、これだっていつまでも在庫がもつわけでなし、かといって近所のドラッグストアやスーパーに行ってみても、いまだにトイレットペーパーが売っていない。入荷しても、すぐに売り切れてしまうようだ・・・という状況でした。

 Amazonで検索しても、見たことないような外国産の「ちゃんと流れるの?」というトイレットペーパーしか見当たらず、楽天でもしばらくはトイレットペーパーが見つからなかったのですが、ケンコーコムで12ロール×6コセットの国産トイレットペーパーを発見。注文したら翌々日には届いて、ホッとしています。

 「売り切れ」になっていても、マメにサイトを確認していると時々「在庫あり」になりますので、何度もチェックしてみてください。


エリエール トイレットティシュー たっぷり長持ち シングル(12ロール*6コセット)【エリエール】[トイレットペーパー]

 12ロール×6コセット5,842円 (税込)なので、ちょっとお値段高めかなとも思いましたが、長さ1.5倍のタイプなので、普通に買っても一袋700円くらい。700×6=4,200円くらいのものに送料プラスした金額と思ったら、妥当なお値段だと思います。

 
▼おすすめの記事
■これまでの「マスク情報」のまとめ はこちら

にほんブログ村 テレビブログ テレビ生活情報番組へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました