ストレス解消|世界一癒やされる曲

癒やしの音楽

 長引く新型コロナウイルスの感染拡大で、多くの人がストレスを抱えているのではないでしょうか。

 ストレス解消というと、何かを発散するような激しいものや、活動的なものを連想します。




 大勢で集まってパーティーやカラオケをするとか、大騒ぎするとか、体を激しく動かすようなスポーツをするとか・・・。

 でも、実は、過度な運動や長すぎる入浴、深酒はストレスを増やしてしまう危険性もあるそうです(医者が勧める、受けたストレスの発散法8つより引用)。
 そうでなくてもコロナ禍というこのご時世、以前は「ストレス解消」として通用していた様々な娯楽やスポーツそれ自体が、自粛の対象になっているものも多いですよね。

 そこで、私はイライラやモヤモヤを解消する一つの手段として、自宅にいながらできるヒーリングミュージックやリラクゼーション効果のある音楽を活用しています。

 今回はそんな「ストレス解消音楽」の中でも「世界一癒やされる曲」「世界で一番リラックスできる曲」として有名な曲をご紹介します。

世界一癒やされる曲

 世界一癒される曲は、イギリスのマンチェスター出身の3人組バンド・マルコニ・ユニオンの「ウェイトレス」という曲です。

 マルコニ・ユニオンは2002年に結成。
 2003年にデビュー・アルバム『Under Wires and Searchlights』をリリース。
 2012年にリリースされた『Weightless(ウェイトレス)』が、世界で最もリラックスできる曲として科学的に証明され、ビルボードのデジタル・ソング・セールス・チャートのトップ10に148週(うち37週間は1位)ランクインしました。

 その「Weightless」がこちら。

 マインドラボ機関によるDavid Lewis Hodgson博士の2011年の科学的調査によって、この曲を聴いた65%の人が精神的に安定する結果になり、心拍数の高まりを抑え、血圧を下げ、肌の老化につながるコルチゾールを減少させると科学的に証明されました。

世界一癒やされる曲のCD

 世界一癒やされる曲として科学的にも証明された「ウェイトレス」は、他の5曲と共にアルバムとしてリリースされました。


Weightless Marconi Union

 CDでも聴けますが、私のおすすめはAmazonのサブスクリプション(聴き放題サービス))【Amazonミュージック】で聴くこと。

 特に夜、寝る前に聴くと癒やされるというより、ぐっすり眠れる気がします。

 目を閉じて、わりとしっかり耳をかたむけて、聴き流すのではなく、音のひとつひとつに集中していると、リラックス効果が高まるような気がします。

マルコニ・ユニオンの「Tokyo+」

 Amazonミュージックでマルコニ・ユニオンのその他のアルバムも検索してみると「Tokyo+」というタイトルのものがありました。

 聴いてみると、「ウェイトレス」よりはアップテンポな曲だけど、同じリズムと音程のリフレインで、なんだかやっぱり眠くなる楽曲でした。

 Amazonのレビューによると、彼らは東京に実際に行ったことはないけど、イマジネーションでこのアルバムをつくったようです。


Tokyo+ Marconi Union

 マルコニ・ユニオンの曲はどれも、公共広告機構のCMに流れてるBGMみないな感じとでも言いましょうか、静かで、アンニュイで、じゃましないものが多いです。

 インストゥルメンタルなので、作業用のBGMとしても使えますが、ちょっと眠くなりますね。
 運転中や勉強中は眠くなるので聴かないほうがいいと思います。



イライラ解消のCDはこちら
 ストレス解消|イライラ解消のための音楽のCD

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました