テレビで紹介

【BSイッピン】2019海・空・大地を器の中に沖縄の陶器「やちむん」

投稿日:2019年4月4日 更新日:

 2019年4月2日にBSのNHKプレミアムで放送の「イッピン」で紹介された「やちむん」の情報です。




 佐藤藍子さんが沖縄の伝統的な焼き物「やちむん」の3つの工房を訪ねました。

 海の色を表現したお皿、白地に空の青が映えるお椀、土の質感がそのままのカップなど手作りの器の情報です。

真鍮で海の色を表現した野本さんの皿

 真 鍮(しんちゅう)から作られている釉薬(ゆうやく)を使って「海の色を表現した皿」を焼いているのは読谷村の野本周(のもと・しゅう)さんの工房「ノモ陶器製作所」でした。

 金属の加工場から廃材として出る真鍮の金屑を、もみ殻の灰と混ぜて焼き、釉薬の原料とします。

 その他、独自の配合率で様々な材料を混ぜてできた釉薬で「海の色を表現した皿」が完成します。

 番組で紹介されたもの以外にも、独特の色合いの「やちむん」を制作されています。

↓楽天の通販はこちら
【楽天】ノモ陶器の「やちむん」の一覧

↓Amazonはこちら
【Amazon】ノモ陶器「やちむん」

白地に空の青が映える

 琉球王朝時代に最上級された「白」に挑戦している陶芸家と紹介されたのは、京都から沖縄に移住して30年の壹岐幸二(いき・こうじ)さんの工房「陶器工房 壹(いち)」でした。

 「陶器工房 壹(いち)」さんの陶器は、工房2階のギャラリーにて販売されています。

 また、新宿伊勢丹を始めとした全国の取扱店でも購入でます。

 工房と取扱店の詳細は公式サイトへ。

↓公式サイトはこちら
「陶器工房 壹(いち)」アクセス&販売先リスト

土の質感がそのままのカップ

 沖縄の大地を感じさせる、砂まじり、小石まじりの土の質感がそのままのカップは、沖縄生まれ沖縄育ちの山田義力さんの陶房「土火人(つちびと)」の器でした。

 工房で販売もされています。

↓詳細は公式ブログへ
「土火人」工房について

-テレビで紹介
-

執筆者:

管理人:ヨッシー
30代前半、夫と35年ローンで購入したマンションは繰り上げ返済にて10年で完済。
手伝っていた夫の会社も軌道に乗って、これから専業主婦にと40代で高齢出産。その直後にまさかの夫の会社が倒産して・・・。

続きは→プロフィールの詳細へ