8.6秒バズーカーのキッチンカーとは?キッチンカー芸人て?

※当サイトは広告・PRを含みます。

 ネットニュースで話題になっている、「ラッスンゴレライ」で大ブレイクを果たしたお笑いコンビ「8.6秒バズーカー」のキッチンカーに関する情報です。

 何度もテレビやニュースで報道されている、「8.6秒バズーカー」のコンビの一人「はまやねん」さんのキッチンカーとは?

 何を売っている?

 どこに行けば買える?

目次

「8.6秒バズーカー」はまやねんのキッチンカー

 話題の「8.6秒バズーカー」はまやねんのキッチンカーは、公式Instagramがあります。

 2022年3月の開業当初は「てりたまサンド」のキッチンカーでしたが、現在は「カレーパン」のキッチンカーです。

 2022年7月ころは「ホットサンドとからあげ」のキッチンカー。

 初期の「てりたまサンド」はこちら。

 キッチンカーの出店情報は、公式ツイッターをチェック。

 ↓こちらは過去のツイート。

 次回の出店情報は、
「2023年02月23日 10:00-17:00
燕三条道の駅 うまいもの市」

 です(予定が変更されることもあります)。

 くわしくは、キッチンカーの出店が検索できるサイト「モグモグテイクアウト」で、店名に「はまやねんキッチンカー」と入力して検索すればわかります。

吉本興業のキッチンカー

 吉本興業所属の芸人さんには、「はまやねん」さん以外にもキッチンカーを運営している方が2名おられます。

 はまやねんさんもそうなんですが、吉本興業もいろんな業態を模索する会社なので、今後「キッチンカー」というジャンルも開拓しようとしているのではないでしょうか。

 「右ひじ左ひじ交互に見て」のリズムネタでブレイクした「2700」のツネさんもキッチンカーをやられています。

 さらに「烏龍パーク」の加藤さんも、しょうがのお店「笑がNICE(わらいがナイス)」をやられています。

 私が吉本興業の「キッチンカー担当」企画部員だったら、あと3人くらい芸人さんにキッチンカーを出店させて、「アメトーーク」で「キッチンカー芸人」の特集を放送してもらうことでしょう。

 どの芸人さんも「副業で始めた」「飲食店を出すのが夢だった」「エンタメを届ける」など、キッチンカー開業のストーリーを語っておられます。

 しかし、かつて世間を騒がせた「吉本興業の闇営業騒動」からもわかるとおり、吉本興業所属の芸人さんが、勝手に副業をやったり、サイドビジネスで儲けることはできないでしょう。

 私が思うに、「キッチンカー芸人」というのは、吉本興業の「芸人再生プロジェクト」だと思います。

 なんらかの形で、話題性を提供することで、芸人として再ブレイクする。

 その話題のひとつとして、吉本興業がバックアップしてキッチンカーをやっている(やらせている?)のでしょう。

 かつて「たむけん」こと「たむらけんじ」さんが、焼肉店が評判になり、その波及効果で芸人さんとしての知名度も上がったように、キッチンカーで話題を提供して、芸人さんとしても再ブレイクさせたい。そんな吉本の意気込みを感じます。

キッチンカー芸人の動画

 上記の「キッチンカー芸人」3名が、まさにキッチンカーについてトークしている動画があります。

 烏龍パーク加藤さんの、キッチンカー芸人にとどまらない「キッチンカー業界全体の詳細」を語るあたりが、面白いですね。

 キッチンカーをやりたい!と思っても、営業許可や出店場所の交渉や作業効率の追求など、いろいろ複雑であることがよくわかります。

 烏龍パーク加藤さんの、
「サマソニで上位5本の指に入るキッチンカーで働いたことあるけど、一日で3000から3500食売るんですよ・・・」
 という話や、
「僕が行ってた笹塚の、スリランカ人の奥様が発案した、スリランカ料理を日本人向けにアレンジして出しているお店で、早く提供するということを2年間叩き込まれた。そこは常にキッチンカーを5台走らせている」
 という話。さらに、
「東京都内には、キッチンカーの仲介業者の大手が3社あって・・・」
 という話など、他の二人とはかけ離れた「キッチンカー情報」の詳しさ、知識の膨大さから、「アメトーーク」で「キッチンカー芸人」を開催するあかつきには、確実にリーダーこの人だろうな、と思いました。

 自分も、キッチンカーをやってみたい、という方、特に東京都内でやりたい方は、烏龍パーク加藤さんの「キッチンカー情報」は必見です。

キッチンカーてどうすれば出せるの?

 昔、新宿でおでんの屋台をやっている人が知り合いの知り合いにいました。

 その人はいつも「やばい、警察に捕まるかも」という話をよくしていて、実際「道路交通法違反」で逮捕されたこともありました。

 どういうことかというと、屋台でも、キッチンカーでも、
「やりたいから」
 という理由だけで、勝手に出店はできません(そのおでん屋さんは、無許可営業でしたので・・・)。

 保健所への営業許可の申請や、警察への道路使用許可の申請が必要になります。

「公園なら、公道じゃないから勝手にやってもいいだろう」
 と思ったら大間違い。当然、公園や駐車場への出店も、土地の権利者への許可申請が必要です。

 烏龍パーク加藤さんいわく、そういった出店場所を提供してくれる「キッチンカーの仲介業者」にお願いしても、新参者はなかなか出店場所を確保できないそうです。

 人気の場所に出店するには、仲介業者を通す必要があり、それを無視しての出店もできないそうです。

 車さえあればすぐに開業できるのかな・・・と思いがちなキッチンカーですが、無事開業にこぎつけるまでは、いくつものハードルがあります。

 ↓こちらも参考に。電子書籍読み放題サービスキンドルアンリミテッドの加入者なら追加料金無しで読めます。


kitchen carを最高のライフワークにしたくなったら読む本

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

目次