あさイチを観てはじめてのガラスペンを買った話

 2023年7月6日のNHKで放送された「あさイチ」で紹介の「ガラスペン」に関する情報です。
※2023年10月2日「あさイチ」で放送の京都のガラスペンの工房はこちら

 シロクマのガラスペンや、手のひらサイズのガラスペン、ガラスペンにはまって、沢山コレクションされている方などが紹介されました。 

 文房具好きな私も、見ていてどうしてもガラスペンが欲しくなりました。
 そして・・・はじめてのガラスペンを早速、購入したんです!

目次

「あさイチ」シロクマのガラスペン

 かわいいシロクマのモチーフがついているガラスペンが紹介されました。

 はっきり「これだ」とは言えないのですが、おそらく、これかな・・・・というのが、沖縄在住のガラス作家・山田妙子さんのガラスペン。

 動物モチーフのガラスペンを多数制作されていて、ガラスペン以外に猫モチーフのガラスペンダントなどもあります。

 全て一点もので、同じものはないとのことですが、似ているシロクマのガラスペンはインスタグラムにありました。

 山田妙子さんのガラスペンは、文具の伊東屋などでも買えるそうです。

▼くわしい購入方法はこちら
 作品の購入について

「あさイチ」手のひらサイズのガラスペン

 「さらには、こんなに小さなものまで・・・」と紹介された、手のひらサイズのガラスペンは、北海道にある「川西硝子」の「さざなみ mini 」という作品かと思われます。

 オンラインストアから購入できますが、「あさイチ」で紹介された青いものは「さざなみST タイニーセノーテ」と思われ、こちらはソールドアウトになっています。

 ▼くわしくはこちら
 さざなみST タイニーセノーテ

「あさイチ」富田望生さん試し書きのガラスペン

 Twitterに多数「富田望生さんが使用さたのはHASE硝子工房のペン」という情報がありました。
 ガラスペンのコレクターとして紹介された方のツイートでも、紹介されています。

「あさイチ」ガラスペンのコレクター

 「ガラスペン歴4年」と紹介された「ゆりか」さん。ガラスペンでイラストと「なぞり書き」をしているとのことでした。手帳・万年筆・ガラスペン・万年筆インク愛好家の「kiki」さんです。

 ガラスペンでなぞり書きの書籍は3年間で10万部以上売れているとのこと。

 ゆりかさんがなぞり書きしていたのは、宮沢賢治の「注文の多い料理店」の一節でした。
 書籍はこちら。


ガラスペンでなぞる文学 宮沢賢治幻燈館

 レトロなデコ文字でなぞる、喫茶店のお品書きの書籍はこちら。


ガラスペンでゆる文字: 手書きフォントをなぞって楽しむ

 細字のガラスペンで、3ミリの方眼紙に小説などの書き写しを楽しむ、旅するガラスペンにものめり込んでいる、と紹介された「ゆき」さんは、やけに部屋もおしゃれだし、ビジュアルも「モデルさん?」という感じの方でしたが、インスタグラムがありました。

 ガラスペンのなぞり書きの本などを監修されている方なので、「ガラスペンのプロ」(・・・という言い方があるのか?)あるいは「ガラスペン字のアーティスト」ですね。

 ちなみに、書き写していたのは宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」だと思うのですが、宮沢賢治はガラスペンと親和性が高いのか?

 こういうお仕事、あこがれです。

 唐突ですが、私の亡き父は「看板屋」だったので、とにかく文字や絵を描いて、仕事になるって、私から見たらとても楽しそうに見えるのです。父の遺伝子、あまりないのか、やりたくても才能がないワタシ・・・・

ワタシが買ったはじめてのガラスペン

 私も万年筆や文房が好きで、専門雑誌「趣味の文具箱」など、ヒマさえあれば見てしまう(電子書籍のサブスクで読み放題なので・・・)。

 すると、どうしてもガラスペンが気になる・・・・んだけど、沼が深そうで手が出せない。

 今でさえ、万年筆やペンなどの筆記用具が数百本(ペンケースにして10個分)貯まっており、家中ペンとノートだらけなのに(ノート類はおそらく一生分ストックがある)、これ以上ペンを増やすわけにはいかない。

が、

 今回はもう「あさイチ」を見ていたら「ガラスペンやっぱり欲しい」感情が爆発してしまい(笑)、
「たしか、近所の書店にガラスペン付きのムック本があったはずだ」
 と駆け込んで(「あさイチ」見て、同じ気持ちになった人に先に先に買われちゃいけないから←考え過ぎ)、早速ゲットしました!

 「あさイチ」では、
「1万円前後のものが多くて、高いもので3万円」
 と紹介されていましたが、税込み2,200円でした!

 ガラスペンと、インク4色のセットです。

 ペンとインクだけでなく、ガラスペン置きと、ペンを洗う小さいコップ付き。

 私が買ったのは「思い出の海辺 アクアブルーガラスペン スタートセット」。

Amazonでも買えます。

思い出の海辺 アクアブルーガラスペン スタートセット

 早速手帳に使ってみたけど、これはいいですね!!もうガラスペン沼とインク沼にがっっっつり、踏み込んだこと、間違いなしです。いや、頭から飛び込んだね、こりゃ。

 ただ、「あさイチ」で紹介されていた高そうなガラスペンは、一度インクを付けると「およそ600字かけた」と紹介されていましたが、安いからなのか、ワタシの使い方がまだ下手なのか、ハガキサイズの手帳の半分くらいでインクがかすれました。でも2千円だから、十分です。
あさイチ ガラスペン

 ワタシが行った書店にはもうひとつ、文具ソムリエールの菅未里さん監修のガラスペンのムック本もありました。ラメ入りのインクが気になる・・・


ラメを愉しむインク5色セットつき ガラスペンのある毎日

 これからガラスペンを始める方は、とりあえず書店へ行こう。2千円台でスターターキットは買えます!

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

目次