あさイチ|京都鴨川のガラスペン工房

 2023年10月2日にNHKで放送された「あさイチ」で紹介の「ガラスペン工房」の情報です。

 京都で作られる、硬質ガラスを使ったガラスペンが紹介されました。

 祖父の意志を継いで二代目となったお孫さんの手による、一品一品手作業で焼成されるガラスペン。
 宝石のような美しさと、独特の書き味が特徴です。

目次

「あさイチ」京都・北白川のガラスペン

 紹介されたガラス工房は、京都北白川にある「ガラス工房ほのお」です。

 ガラスペンを作っている方は、初代・菅清風のあとを継ぎ二代目となった、お孫さんの菅清流さんです。

「あさイチ」京都・北白川のガラスペンの通信販売

 「あさイチ」で紹介された、「ガラス工房ほのお」のガラスペンは、公式オンラインショップから通販でお取り寄せもできます。

 価格は安いもので15,000円くらいから、最高値品は75,000円くらいまであります。

 ただし、テレビで紹介された影響から、品切れや売り切れになっている可能性もあります。

▼通販はこちら
「ガラス工房ほのお」ITEM

「あさイチ」で前回放送のガラスペン特集と私のガラスペン

 「あさイチ」でも少し話題になっていたように、前回、7月7日(2023年)にもガラスペンの特集がありました。

 ガラスペンコレクターの方や、ガラスペンのなぞり書きができる本などが紹介されました。

 私はその時に触発されて、早速書店で見つけた「ガラスペン付きのムック本」を買いました。

あさイチ ガラスペン

 正直な話、買った当初は「わー!楽しい!」と興奮して、数回使ったけど、
・インク瓶を倒さないかと、心配
・使ったあとペンを洗ったりするのが手間
・何に書いていいのか、わからない
・そもそも、自分の字が下手で自信がない

 ・・・など、様々なマイナス要因から、今は箱の中で眠っています(買った当初のパッケージのまま収納)。

 今回の「あさイチ」を観ていて、
「ダメだ、ちゃんとガラスペン使わないと!」
 と思い出しました。

 ガラスペンをまだ使ったことがないという方は、私のように「買ったけど放置」ということもあるので、まずは低価格のお試し用として、ムック本形式のものをおすすめします。

 入門用のガラスペンと、インクの小瓶や、ペン置き、ペンを洗うための小さいコップなどがセットになっており、買ってすぐに使えます。

▼私が買った「ガラスペンのムック本」はこちら


思い出の海辺 アクアブルーガラスペン スタートセット

関連情報

 7月に放送された「あさイチ」のガラスペンの詳細はこちら

 デパートで開催される「京都物産展」情報はこちら

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

目次