あさイチ|冷凍コンテナごはんとは?レシピと動画は?

料理の裏ワザ

 2021年3月31日NHKで放送の番組「あさイチ」で紹介の「冷凍コンテナごはん」に関する情報です。

 「作り置き」の大革命と言われている、食品用のコンテナを使った時短料理が紹介されました。

 食品用コンテナとは?レシピやインスタグラム、料理を紹介した料理研究家とは?




冷凍コンテナパスタの基本レシピ

 何度か私も作ってみて、「基本レシピ」がわかりました(くわしいレシピの情報は下記にあります)。

 基本的に、パスタの場合は、
1 スパゲッティ 100g
2 水 250ml
3 オリーブオイル 小さじ1
 です。

 この基本レシピに野菜と調味料を加えます。

 レンジの加熱時間は、冷凍しないでそのまま作る時は、お湯250mlを使用。パスタの茹で時間(袋に記載されている時間)で一度様子を見て、時間を追加していくといいと思います。
 レンジ600wが基本ですが、追加で加熱する時は500wのほうが茹ですぎにならずに安心です。

 パスタの袋に5分と書いてあれば600wで5分加熱して、一度容器を出して麺のかたさ(茹で加減)を確認して、再度500wで1分加熱。その後は麺のかたさを確認しながら加熱時間を1分ずつ増やしていきます。

 味付けも薄めにして、麺が茹で上がってから足したほうが美味しくできます。

 あくまでも私の場合は、冷凍せずにそのまますぐに食べるので、「水250ml」でなく「お湯250ml」にしています。

冷凍コンテナごはんの料理研究家はだれ?

 レシピを紹介していたのは、時短料理研究家 フードコーディネーター・野菜ソムリエの「ろこ」さんでした。

 レシピ本も出版されています。


ろこさんの 詰めて、冷凍して、チンするだけ! 3STEP 冷凍コンテナごはん

 実は「ろこ」さん、あの「予約殺到のスーパー家政婦」「伝説の家政婦」として話題の「家政婦のシマさん」ことタサン志麻さんを同じ家事代行サービスの「タスカジ」に所属されています。

 「ろこ」さんのインスタには、家政婦のシマさん同様に、家事代行でお料理をされた様子が紹介されています。



 現在もタスカジさんでお料理をお願いすることができます。

 ただし、訪問できるエリアの条件などがありますので、くわしくは「タスカジ」さんのサイトへ。

『タスカジ』「ろこ」さんのプロフィールはこちら>>

冷凍コンテナごはんのレシピ動画

 「あさイチ」で紹介されたお料理は、公式のレシピサイトで公開されています。

『あさイチレシピ』冷凍コンテナごはん クリームチーズパスタはこちら>>

 また、「ろこ」さんのレシピ本を出版している出版社・徳間書店の公式動画サイトでも、「鶏と根菜の混ぜご飯」「ミートソース」「ハッシュドビーフ」のレシピ動画が公開中です。

 生活情報を紹介する「40歳からのライフスタイルメディア saita」でも、「冷凍コンテナごはん「ナシゴレン」」と「冷凍コンテナごはん「ナポリタン」」のレシピを公開中です。

冷凍コンテナとは?

 ちなみに、コンテナとは食品用の保存容器のことです。

 あさイチや、その他のレシピの紹介でも、基本的にはジップロックの「コンテナー」の深型(1100ml)が使用されています。



 ジップロックのコンテナーは冷凍もできて、レンジにも使用できるので、今回のように「冷凍保存からそのままレンチン料理へ」という場合たいへん便利です。

 私は一番小さいサイズのジップロックのコンテナーを、冷凍ご飯用に使っています。ご飯茶碗に「少なめの一杯」の量ですが、何かと糖質が気になる現代においては、これくらいのご飯が丁度いい量です。



 ジップロックのコンテナーシリーズはサイズ、形などいろいろなタイプがあります。

 使い捨てのジップロック(袋タイプのもの)と違って、コンテナーは洗って何度も使用できるので、節約にもなります。

ジップロックのコンテナーの一覧はこちら>> 

 場所やスペースをとるコンテナよりも便利なのが、今注目の洗って繰り返し使える、レンチンできるシリコンバッグです。

コンテナがなくてもできる

 「冷凍フードコンテナ」は、あくまでも「冷凍庫で一度保存したい」人向けです。

 「冷凍庫では保存しなくていい」「すぐにレンチして食べたい」という方は、100円ショップのダイソーなどで売っている電子レンジ用の調理器でもできます。




 耐熱性の大きなどんぶりや、ガラスのボウルなどでもできます。

 そもそも冷凍保存しないなら、電子レンジすら不要。お鍋にレシピと同じ材料を入れて、弱火で加熱しても作れます。
 「とにかく面倒くさい」「もうお料理したくない」「すべてレンジにまかせたい」(私も時々、そうなる)という方は、レンチンするだけでおかずも副菜もあっという間の「NOSH – ナッシュ」がおすすめ。



レンチン料理の元祖

 「冷凍コンテナごはん」と言えば、新しいジャンルのように聞こえますが、もうかなり前から「レンチン料理」「レンチンレシピ」としては存在しています。

 私は別の番組で紹介されていた、料理研究家の「山本ゆり」さんのレンチン料理で知りました。2018年ころにはすでに「パスタを半分に折って、コンテナでレンチンする」というレシピを公開されています。

 山本ゆりさんのレシピでは、冷凍庫で保存せず、そのままレンチンしてすぐに食べる作り方です。




 今回あさイチで紹介された「冷凍コンテナごはん」は、そのまま冷凍するという部分が斬新ではありました。冷凍状態なら1ヶ月保存できるというのもポイントです。

 しかし多くの方が「冷凍庫にそんなにスペースがない」と思ったはず。うちもそうです。

 3人家族、4人家族の場合は、コンテナ1個が一人分だとすると、家族の人数分のコンテナを冷凍するには無理があります。せいぜいレシピとしては1品が限界。

 一人暮らしならいろいろな冷凍コンテナごはんを冷凍できそうだけど、逆に一人暮らしの人は冷蔵庫も小さいので、やっぱり沢山冷凍は無理っぽいですね。

 なので、「冷凍コンテナごはん」は確かに画期的だけど、私は冷凍しないですぐに食べる山本ゆりさんのレンチン料理のほうがやりやすいかな。

 ツイッターのアプリの検索機能を使って、山本ゆりさんのツイッターアカウントにキワードをからめて「@syunkon0507 レンチン」で検索すると、レシピは沢山紹介されています。


「山本ゆり」さんのレシピ本の一覧はこちら>>

 山本ゆりさんは「情熱大陸」でも特集されました!

冷凍ミールキットもおすすめ

 もうひとつ「冷凍コンテナごはんは確かにすばらしいけど、冷凍庫に保存できるだけのスペースがない」という方におすすめしたいのが、コンテナではなく、ジップロックで保存する「冷凍ミールキット」です。

 人気料理ブロガーの「ゆーママ」さんこと松本有美さんという方のレシピ本が人気で、お料理の材料となる食材をあらかじめカットして、ジップロックに入れて保存する方法です。

 この方法ならコンテナほどスペースをとらないので、空きスペースがあまりない冷凍庫でも、家族の人数が多くても、できます。



 私も一時期はとても参考にさせていただいてました。


松本有美さんのレシピ本の一覧はこちら>>

カット野菜の冷凍が結局一番簡単でラク

 コンテナでのレンチン料理や、その他のレンジ用の調理器具を使った「火を使わないお料理」や、自作のミールキットなど、私も長年時短レシピや時短料理を実践してきました。

 結論から言うと、面倒なやり方では長続きしない。

 結局、今、私が実践している時短料理は「カット野菜の冷凍」です。

 例えば玉ねぎなら、みじん切り、角切り、千切りなど3種類くらいに分けて、ジップロックに保存。人参も同じく、いちょう切りや短冊切り、角切り、千切りなど(毎回テキトーですが)何種類かを保存。



 お料理をする時には、その冷凍したカット野菜を使います。

 時間のない時などは、カット野菜数種類を鍋に放り込んで、コンソメを入れて煮て、野菜スープに。

「今日の晩ごはん、野菜が足りていない」
 なんていう時は、この簡単コンソメスープが栄養バランスを修正してくれます。

 野菜は、何個もまとめてカットする時もあるけど、他の料理で余った時などに、ついでにカットして保存しておく場合がほとんどです。

 例えば、カレー用に玉ねぎを1個使ったら、残った玉ねぎ2個も皮をむいて、何らかの形にカットして、冷凍しておくという感じ。

 キャベツや小松菜、チンゲン菜などの葉物野菜も冷凍保存できます。

 ↓参考にしているのはこの本。

便利帖シリーズ030】冷凍保存の便利帖 (晋遊舎ムック)

「忙しくて、野菜をカットするヒマもない」
 という方には、あらかじめ野菜をカットして個包装したものが宅配される宅配食材のサービスもおすすめです。

カット&スチーム野菜の宅配サービスに関する詳細はこちらへ>>

あわせて読みたい時短レシピ

 雑誌「Mart(マート)」の2021年5月号特集「ストレスゼロごはん」も、いまどきの優秀な食材やキッチンツール、調理家電を使った時短レシピや簡単メニューがたくさん紹介されていて、おすすめです。


Martバッグinサイズ 2021年5月号

 紙の雑誌や電子書籍よりも「読み放題」のサブスクリプションはさらにおすすめ。

 有名人気雑誌の電子書籍が読み放題の「dマガジン(ディーマガジン)」を私は愛用しています。
 月額440円で雑誌が読み放題なので、主婦向け雑誌の時短レシピなどもたくさん読めます。
 上記の「ストレスゼロごはん」の記事も読めます。

 もちろんレシピだけでなく、コスメやファッションの情報。その他、エンタメや経済、健康など様々なジャンルの電子雑誌が読めます。
 初回は無料なので、お試し期間中に解約することもでます。


<初回31日間無料お試し>人気雑誌500誌以上がいつでもどこでも読み放題!週刊誌、ファッション、ライフスタイル、料理・暮らし・健康、お出かけ・グルメ、エンタメ・趣味、スポーツ・車、ビジネス・ITなど多彩なジャンルを配信!

あさイチ「コンテナごはんパスタ」作ってみたはこちら>>

三畳アパート・敷金礼金ゼロ物件・シェアハウス情報はこちら>>

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました