ドラマ

【コブラ会あらすじ】シーズン1第4話「コブラ会は不滅」(ネタバレ)

投稿日:2019年5月30日 更新日:

 1984年に製作されたアメリカ映画「ベスト・キッド」の34年後を描くドラマ「コブラ会(Cobra Kai)」のあらすじです。




 youtubeの有料サービス『Youtube Premium(ユーチューブ プレミアム)』で、2018年5月3日から公開(配信開始)されたyoutubeオリジナルのドラマ「コブラ会」。

 公開当時は「日本では配信されない」「視聴できない」と言われていましたが、「Youtube Premium(ユーチューブ プレミアム)」に加入すれば視聴可能となりました(月額1,180円)。

▼前回はこちら

■ 『コブラ会』シーズン1第3話「エスケレート(骸骨)」のあらすじ

▼あらすじの一覧はこちら

■ コブラ会(Cobra Kai)あらすじ

『コブラ会』シーズン1第4話「コブラ会は不滅」ネタバレ

 以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

 ジョニーとは別居している息子ロビー(両親は離婚)は、詐欺で手に入れたパソコンを売却したり、悪事に手を染め、高校にもろくに登校していない。
 ある日、道に落ちていた「コブラ会 会員募集中」のチラシを拾ったロビーは、父親が道場を開いて空手を教えていることを知る。

 ハロウィンパーティーでカイラーたちにボコボコにされたミゲル。
 自宅にミゲルを送り届けたジョニーは、ミゲルの母親から「息子に二度と近づくな」と激怒される。ミゲルの母に謝罪するジョニー。
「コブラ会は不滅だ」
 と、母親とジョニーの前で叫ぶミゲルだが、ジョニーはミゲルの指導をあきらめ、再び酒びたりになる。

 酔って、通りを歩くジョニー。大きなダニエルの看板にムカついていると、スプレーで落書きをしている少年を見つける。ジョニーは少年に声をかけ、ビールの缶2本とスプレー缶を交換してくれと言う。

 翌朝、ダニエルの娘サマンサは昨夜のパーティーで父に恥をかかされたと怒って、父を無視する。

 店に向かったダニエルは、自分の自動車販売店の看板に、卑猥な落書きがされているを目撃する。

 ミゲルの母親はジョニーのことを「負け犬」と呼び、今後ミゲルがジョニーから空手を習うことを禁じる。

 ジョニーの元には、息子ロビーの高校から電話があり、ロビーが「父とカヌーの旅に出て絆を深める」と言ったきり1ヶ月欠席しており、このままだと留年すると聞かされる。

 ミゲルはジョニーの元にやって来て「母親はああ言っていたけど、自分は続けたい」と告げるが、ジョニーは「道場は閉鎖する」と言う。

 ダニエルは、商売仇の自動車販売店「ヴァンナイズ コールズ」から店にソーセージが100本届いたことから、看板の落書きの犯人も「ヴァンナイズ コールズ」の経営者トム・コールだと思いこむ。

 別れた妻の家に、息子ロビーの様子を見に行ったジョニーは、部屋で悪い仲間と一緒にいるロビーに「学校へ行け。こんなクズどもと付き合うな」と忠告する。言い争いになったロビーとジョニー。ロビーは「もう学校へは行かない」と断言する。

 学校の図書館に仲間といたミゲルは、再びカイラーたちにからまれて、イジメられる。偶然そこにいたサマンサは、カイラーが弱い者いじめをしているのを目撃してしまうが、カイラーはそれに気づいていない。

 ダニエルは、広告代理店の担当者から商売仇「ヴァンナイズ コールズ」のテレビコマーシャルの動画を見せられ、自分のCMをおちょくるようなその内容に、ますます落書きの犯人はコールズと思う。

 ジョニーは、男と昼間から酒を飲んでいる元妻を見つけ出し「ロビーは俺と暮らす。俺は見捨ててない」と言うが、元妻からは「初日からあなたはロビーを見捨てていた」と厳しく非難される。

 ダニエルは一人、コールズの自動車販売店に乗り込み、君のCMを見たが自分をバカにするような内容だったと抗議する。しかしコールズはさらにダニエルの空手のことを小馬鹿にし、従業員たちの前で笑い者にする。怒りを抑ええいたダニエルだが、帰りぎわに回し蹴りでコールズの手にしていたタピオカジュースを蹴り飛ばす。

 夜、サマンサはカイラーと映画を見に行くが、図書館で見たイジメが忘れられず、カイラーに直接告げる。カイラーは「からかっただけ。皆、友達だ」とごまかしを言って、サマンサの肩を抱いたり、脚を触ったりする。サマンサは不愉快になり、立ち上がる。サマンサを引き留めようとしたカイラーは、サマンサから空手技で突き飛ばされる。怒ったサマンサは、一人で帰ってしまう。

 ジョニーは、レストランで見ず知らずの親子が仲睦まじく食事する様子を見て思い立ち、ミゲルの自宅を訪れて、「二度とあんなことはさせない」とパーティーの夜のことをミゲルの母に詫び、もう一度ミゲルの指導がしたいと伝える。ジョニーが去ったあと、奥でその話を聞いていたミゲルの祖母は、「私は彼を気に入った」と娘(ミゲルの母)に言う。

 翌朝、サマンサは父と仲直りし、「カイラーとはもう終わったの」と言う。

 道場にいたジョニーの元には、ミゲルが、
「ママが許可してくれた」
 と現れる。

 店に出勤したダニエルは、落書きされた看板を修繕した業者から、「看板に貼られていた」と、ジョニーの「コブラ会 会員募集中」のチラシを見せられる。

 てっきりすべての嫌がらせは商売仇コールの仕業だと思い込んでいたダニエルは、コールではなくジョニーにやられたと気づき・・・

▼続きはこちら

【コブラ会あらすじ】シーズン1第5話「大事なのはバランス」(ネタバレ)

コブラ会シーズン1第4話の感想

 映画館でカイラーを突き飛ばした時のサマンサは、空手の心得がある人の動きでした。

 子供の頃は父・ダニエルから空手の手ほどきを受けていたサマンサ。実は、かなり空手上級者なのかもしれません。

 あと、ジョニーの息子ロビーを演じるタナー・ブキャナン、若い頃のジョニー・デップに似てて、なかなかのイケメン。



 個人的なルックスの好みで言うとロビー>ジョニー>ミゲルの順で、ラルフ・マッチオ(ダニエル)は今も昔も全然ルックス的には好きじゃない(笑)。

 余談ですが、タピオカジュースてアメリカでもメジャーな飲み物なのね。

 ダニエルが商売仇の手にあったタピオカジュースを回し蹴りしたところは、リピート再生して10回くらい見てしまいまいましたね。あのシーンのダニエルはカッコよかったよ。

 ちなみに、youtubeプレミアムの邦題は「コブラ会は死なない」てなってましたけど、なんかダサい。原題が”Cobra Kai Never Dies” だからって、直訳はどうなのと思って「コブラ会は不滅」にしときました。ドラマ的には面白いけど、ところどころ「この字幕どうなの?この訳で合ってるの?」てとこがありますね。

 まあ天下の戸田奈津子さんだって長年、翻訳ディスられまくりなので、そういう批判てつきもだとは思うけど、直訳やそのままカタカナ表記しちゃってる場面が多いのは、ちょっとyoutubeさん、どうなんでしょう。

▼次回はこちら

■ 『コブラ会』シーズン1第5話「大事なのはバランス」のあらすじ

-ドラマ
-

執筆者:

管理人:ヨッシー
30代前半、夫と35年ローンで購入したマンションは繰り上げ返済にて10年で完済。
手伝っていた夫の会社も軌道に乗って、これから専業主婦にと40代で高齢出産。その直後にまさかの夫の会社が倒産して・・・。

続きは→プロフィールの詳細へ