【コブラ会あらすじ】シーズン1第7話「答えにノーはなし」(ネタバレ)

ドラマ

 1984年に製作されたアメリカ映画「ベスト・キッド」の34年後を描くドラマ「コブラ会(Cobra Kai)」のあらすじです。




 youtubeの有料サービス『Youtube Premium(ユーチューブ プレミアム)』で、2018年5月3日から公開(配信開始)されたyoutubeオリジナルのドラマ「コブラ会」。

 公開当時は「日本では配信されない」「視聴できない」と言われていましたが、「Youtube Premium(ユーチューブ プレミアム)」に加入すれば視聴可能となりました。

▼前回はこちら

■ 『コブラ会』シーズン1第6話「コブラの一団」のあらすじ

▼あらすじの一覧はこちら

■ コブラ会(Cobra Kai)あらすじ

『コブラ会』シーズン1第7話「答えにノーはなし」ネタバレ

 以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

 ダニエルはかつて自分が、師匠である「ミヤギさん」から受けた指導と同じように、車のワックスがけや、窓拭き掃除、床掃除の動きを繰り返す方法で、ロビー(離れて暮らすジョニーの息子)に空手の形を仕込んでいく。

 ジョニーは空手雑誌で見た「空手大会」の広告を見て、参加を考える。

 ロビーは友達のトレイから「カーディーラーに忍び込んで部品を盗みたいから、ドアの暗証番号を探ってこい。」と指示され、断れない状況になる。

 ミゲルはジョニーから「コブラ会なら女子の憧れだ」と励まされたことで、思い切ってサマンサ(ダニエルの娘)をデートに誘う。

 ロビーはダニエルの店で、「車の保険の審査用の写真を撮っている」とウソをついてスマホを構え、アマンダ(ダニエルの妻)がドアの暗証番号を押しているのを撮影する。

 イーライはミゲルとアイシャに、親に内緒で入れた背中のホーク(鷹)のタトゥーを披露し驚かれる。

 空手大会に出場を申し込むため、協会に電話をかけたジョニーは、コブラ会が「永久追放」の処分を受けていると知って激怒する。早速抗議に向かおうとするジョニーだが、ミゲルに「もっと賢いやり方があるはず」と引き止められる。

 その夜、ジョニーはスーツを着て、「腹が立ったら殴らずに、拳を握りしめてがまんして」とミゲルに励まされて空手協会に向かう。同時にミゲルはジョニーから「お前はコブラ会だ。先に打て、強く打てだ」と励まされ、ジョニーが昔デートに使っていたゲームセンターに行くことをすすめられる。

 ジョニーは空手協会の年次会合で「コブラ会」の永久追放を解除してほしいと発言するが、そこへダニエルが現れる。

 その頃ダニエルの店では、ロビーが友達のトレイから「暗証番号を教えろ」と迫られ、「嫌だ」と答えると殴り合いの喧嘩になる。ロビーは自然と空手のワザが自分の身についている事に驚き、トレイたちは防犯カメラがあることを知って去っていく。

 空手協会の年次会合では、ダニエルが1985年の大会で「コブラ会」が起こした「スポーツマン精神に欠ける行い」の資料を配布して、コブラ会の永久追放は覆らないと主張する。ダニエルはさらに、コブラ会のジョン・クリーズ(かつてのジョニーの指導者でコブラ会の生みの親)の名前を出し、「クリーズとコブラ会は大会の厄介者で・・・こいつ(ジョニーのこと)はワル中のワルだ。復帰させれば協会の汚点だ」と力説する。

 ジョニーは「ジョン・クリーズは亡くなった」と言い、拳を握って怒りを耐える。
 そしてジョニーは、かつてのコブラ会と、自分が立ち上げたコブラ会は別もので、自分のコブラ会は「負け犬」と言われた子どもたちが自身をつけ、自立する場所であり、自分自身がまた、その子どもたちのおかげで変わったと語る。
 協会員たちの間で意見が別れ、コブラ会の永久追放を解くか、継続するかは、多数決で決めることになり、ジョニーは一旦外で待機する。

 ゲームセンターでたっぷりデートを楽しんだミゲルとサマンサ。ミゲルはサマンサが実は空手ができると知って驚く。ミゲルを素早く倒したサマンサは「今までで最高のデートだった」と言いて、ミゲルにキスをする。

 ダニエルは会合の部屋から出てきて、不機嫌な様子で「おめでとうジョニー」と言って、コブラ会の永久追放が解除されたことを告げて立ち去る。

 ミゲルは道場に立ち寄って「デートは大成功」とジョニーに伝える。ジョニーも「コブラ会が戻ってきた」と言って、空手大会に出場できることになったとミゲルに告げ、二人は抱き合って喜びを分かち合う。

コブラ会シーズン1第7話の感想

 冒頭のワックスがけのシーンは、「これぞベスト・キッド」という「一見雑用にしか見えない練習こそが、空手の動きをマスターする特訓」の場面です。

 余談ですが、ジャッキー・チェンでリメイクされた「ベスト・キッド」では、ジャケットを脱いで、木にかけ、また着る・・・をひたすら繰り返すという場面が特訓のシーンでした。私はジャッキーバージョンよりやはり、元祖ベスト・キッドの「ワックスがけやペンキ塗り」が好き。

 デートのシーンは何度見ても、めっちゃ楽しそう。
 そんでもって、スーツ姿のジョニーが、これまたいいのよね。

 自分がジョニーの息子であることを隠してダニエルに近づいたロビーは、どんどんダニエルに気に入られている様子で、その一方「コブラ会は大会の厄介者で・・・こいつはワル中のワルだ」と言ってた時のダニエルは、いまだに34年前の出来事を許せないと思ってることが明らかでした。

 今後、ダニエルがロビーのこをと、あんなに恨んでいるジョニーの息子だって知ったらどうなるのか?それも気になるし、逆にジョニーが、息子ロビーがダニエルに気に入られているって知った時の怒りも怖いと思う。

 ロビーは、離婚して母方についていったわけだから、父であるジョニーを恨んでいる。父がやっている「コブラ会」も恨んでいる。ということはその一番弟子のミゲルも恨んでいるであろうことが、この先の大きな伏線になるのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました