エビちゃん(蛯原友里)自宅のカラフルなソファのメーカー

テレビで紹介

 2019年10月1日放送の「バケット」や、9月28日放送の「メレンゲの気持ち」で、エビちゃんこと蛯原友里さんが公開されたご自宅やお気に入りソファの情報です。




 ここ数日、エビちゃんがやたらテレビに出ているな、と思いました。

 ちょっと「過去の人」になりつつあった、エビちゃんだけど、まだまだその美しさは健在。アラフォーとは思えない美ぼうは「奇跡の40歳」とも言われていますが、テレビ出演が急増した理由はどうやら、別にあるのかなと。

エビちゃんのソファ

 エビちゃんが「息子のお気に入り」と「メレンゲの気持ち」や「バケット」で紹介していたカラフルなソファ。

 気になった方も多いのでは。

 ワタシも「ソファベッドになる」「背もたれの高さが変えられる」などの点から、すごく気になりました。

 メーカーを調べたところ、エビちゃんご本人のインスタグラムで紹介されていました。


 私は早速、電子雑誌の読み放題サービス楽天マガジンで、「LEE 2019年8月号」の記事をチェックしました。

 ソファのブランドは、エビちゃんのインスタのハッシュタグにある「#RocheBobois#ロッシュボボア」というメーカーです。

 ロッシュボボアはフランスのインテリアブランド。

 お部屋紹介が掲載されている「LEE」の記事では「外苑前を歩いていて偶然見つけたロッシュボボアで一目惚れした」「半年待って、この春わが家に来た」と、エビちゃんがソファを紹介されていました。

ロッシュボボアのマジョン

 ロッシュボボアは日本では今の所、外苑前にショールームが1箇所あるのみ。

▼くわしくはこちら
■ Roche Bobois TOKYO

 伊勢丹リビングでも取り扱いがあります。



 ロッシュボボアの革張りのソファなどは森星さんも愛用されているそうです。

 エビちゃんご愛用のカラフルなソファベッドタイプは「MAH JONG(マジョン)」というシリーズ。

 ロッシュ ボボアのアイコンとも言える世界的に人気のソファで、ミッソーニ、ジャン=ポール・ゴルチエ、ケンゾー タカダなど、お好みのテキスタイルの張地を選んで自由にコーディネートできるそうです。

 ミッソーニのテキスタイルと聞いただけで、ワタシなんかは気が遠くなるんですが(笑)。
▼くわしくはこちら
■ sofa MAH JONG(MISSONI HOME)ソファ マジョン(ミッソーニ ホーム)


ロッシュボボア マジョンの価格

 エビちゃんお気に入りのソファ「ロッシュボボア マジョン」のお値段は、検索してもなかなか出てきません。
 中古品の販売サイトで3セットが「定価約110万円」と紹介されているものがあるので、1セットでおよそ35万円前後(為替の変動によっても変わると思います)くらいと思われます。

▼中古品はこちら
■ 中古 一際目を引く個性的なデザインが素敵なRoche Bobois(ロッシュボボア)のソファ&クッションセット

エビちゃんが活動再開の理由とは?

 ここ数年「ほぼ、育児中心の生活だった」と、「メレンゲの気持ち」で語っていたエビちゃん。

 最近テレビに立て続けに出ているのは、フォトブックが発売されるからというのが表向きの理由のようです。

「10月1日に40歳を記念したフォトブックを小学館、集英社から2冊同時発売する」
 というのは、芸能ニュースでも話題になっていました。

 集英社から出るのは南仏ロケなど、約1か月にわたり最近のエビちゃんに密着し、美しさの秘けつや愛する家族についてのロングインタビューを掲載したフォトブック「YURI EBIHARA Here I am」。



 小学館からは、「みんなが好きな、みんなが選んだエビちゃん」をテーマに、ファンからのアンケートを元に写真をセレクトした、伝説の「エビちゃん」記念写真集「YURI EBIHARA 2002-2019」。



 なんとこちらは初回限定版と普通版の2バージョンあり。

 初回限定版は、ポストカード、ポスター、さらにシークレット特典付きです。

 ・・・そうか、エビちゃんも40歳ねえ。40歳を記念してフォトブックを同時に出版ねえ・・・て、ちょっと、待って。
 それだけの理由?

 写真集の宣伝でトーク番組に出ているのか?

 はっきり言って蛯原友里さん、トーク番組は苦手そうでした。

 かつてイベントでエビちゃんが語った子育てエピソードが「薄っぺらい」「しゃべると残念な人」と酷評されたこともありました。

 リアクションは薄いし、バケットでは「資格をとって、生活に生かしている」と語っていたハーブに関する質問にも、しどろもどろになっていて、アナウンサーの人がフォローしてました。

エビちゃんのハーブの資格

 エビちゃんが持っているハーブの資格ってなに?

 「バケット」では、司会の青木アナウンサーから、
「資格というのは、どういった勉強をされたんですか?」
 と質問されて、
「えーと・・・ハーブの効能を使って・・・体調がちょっと・・・・あの・・・不調の人とかにも、こういうハーブがいいですよーって、提案できる資格ですね」
 と答えていたエビちゃん。
 薬事法に抵触するんでね、治るとか良くなるとかは言えないのはわかるんですが、その質問、最初からあるってわかってるんだから、もっとスラスラ答えられるように準備しておいてほしかった。

 これがアン・ミカさんだったら、立て板に水の勢いで、止められるまでハーブの効能を熱く語ったことでしょう。

 エビちゃんは、確かにしゃべると残念なタイプですね。

 ドラマにちょっと出ていた時も、棒読みだったエビちゃん。
 過去のコマーシャルでも(金融系のCMでした、たしか)、短いセリフすら棒読みで、この人はモデルから女優のパターンは無理だな、と思って見ていました。

 エビちゃんの持っているハーブの資格とは「メディカルハーブ検定」というものです。

 日本メディカルハーブ協会主催の検定で、合格すると「ハーバルセラピスト」になれるそうですが、そもそもエビちゃんが検定テキストの表紙になっていたり、イメージキャラクターになっているので、いわば「広告塔」ということなのかな・・・




きれいになるハーブ おしゃれに暮らす幸せレシピ

エビちゃんが活動再開する本当の理由は

 実は昨年(2018年)4月に、15年間所属したケイダッシュグループの「パール」という芸能事務所から独立した蛯原友里さん。

 それからわずか半年後、2018年10月に蛯原友里さんの夫であるILMARIさんが所属するヒップホップユニットRIP SLYME(リップスライム)が活動休止。

 これは、リップスライムのメンバーSUさんの不倫問題が原因と言われていました。

 SUさんは2010年に大塚愛さんと結婚。2017年に22歳年下のモデルの女性と不倫関係にあると週刊誌で報じられ、大塚愛さんは夫の不倫相手から無言電話やピンポンダッシュなど嫌がらせを受けていたと言われており、2018年11月にSUさんと離婚しました。



 2019年の3月にメンバーのPESさんがツイッターで「どうしてもみんなリップやらせたいみたいですけど、完全に永遠に無理でしょう。この感じでは」とツイートしたことにより、グループ再開はなさそう。

 そうなった時に、蛯原友里さんの夫ILMARIさんはどうなるのかと・・・

 もちろん、リップスライムがグループでの活動ができないとしても、ILMARIさん個人が他の音楽ユニットやソロで活動することは可能だと思いますが、やはり、そこは活動範囲が限られてくるのかと思われます。

エビちゃんのタワーマンション

 エビちゃんが買ったと言われる40階を超すタワーマンションの最上階。

 部屋は100平方メートル超で1億2000万円以上ともウワサされています。
 過去のエビちゃんの活躍から考えたら、一括で支払える額かもしれません。

 ですが、さすがに30代の女性が1億2千万円一括は無理かなと思ってローン返済を考えると他人事ながら、
「35年ローンでボーナス払いなしだとしてもおよそ月額・・・」
 と計算せずにはいられない。

 頭金に2000万円支払って1億円の借り入れだとしても、月額35万円くらいの返済額になる計算です。
 もちろん共益費だの団体信用生命保険だの、もろもろありますんで、リップスライムが活動休止してしまった今、エビちゃんも専業主婦ではいられないというのが現実ではないでしょうか。

 そして、かつての「エビ売れ」はもう無理だとも言われてしまっているエビちゃん。

蛯原がブレークした背景には所属事務所の大々的なバックアップがあったからだが、今やそれもないし、かつての勢いもないので“エビ売れ”は期待できない

 事務所を独立してしまった理由が何だったのかはわかりませんでした。

 もともと個人事務所を構えて活動範囲を広げるつもりで独立したのか。

 それとも、これからはさらに仕事をセーブして、夫の収入で生活する事を見越して事務所を独立したのか。

 後者だったとしたら、なんとも悪いタイミングでリップスライムの活動休止騒動が持ち上がってしまったことになります。

 モデルの紗栄子さんのように「もはや、紗栄子であり続けることが紗栄子の存在意義」と言えるほどの存在感があるとは言えないエビちゃん。

 同じ「CanCam」出身モデルの藤原紀香や米倉涼子ほどの演技力があるわけでも、押切もえのような「え?小説書けるんだ。しかも文章力あるのね」という意外な才能もなく、モデルと言ってもアン・ミカさんのような「通販で売りまくるトーク力」や「パリコレモデル」というハクもない・・・。

 可もなく不可もなしというエビちゃんの今後が、気になります。

▼元パリコレモデル アン・ミカさんの美の秘訣はこちら
■ 【メレンゲの気持ち】で紹介のアン・ミカさんのケイ素UMO

タイトルとURLをコピーしました