くりーむしちゅーのハナタカ|18年待ち神戸牛コロッケ

2020年11月20日

 2020年11月19日テレビ朝日系で放送の番組「くりーむしちゅーのハナタカ」で紹介の「大人気のお取り寄せグルメ」に関する情報です。

 注文してから届くまで18年待ちのコロッケが紹介されました。

 かつて「年待ちコロッケ」として話題になり、あまりの長期間の「待ち年数」で販売終了していたあのコロッケが、復活していてびっくり。

 なんと、驚愕の「18年待ち」とは!!



旭屋「極みコロッケ」

 紹介されたのは、兵庫県神戸市にある大正15年創業の精肉店「旭屋(あさひや)」の「極みコロッケ」でした。

 大人気の理由は、

・じゃがいもは余分な化学肥料や薬品を使わずに育た男爵イモ「レッドアンデス」を、店内のジャガイモ専用冷蔵庫で約60日追熟をかけ、本来男爵イモが持つ甘味を最大限まで引き出してから使用。
・お肉はA5等級の3歳雌牛の神戸牛のみを、ミンチでなくサイコロ状にカットした角切りで使用。
・保存料無添加で、造りたてを生で急速冷凍
・1日200個の限定販売

 ・・・など。

 特に「A5等級の3歳雌牛の神戸牛のみ」という、精肉店ならではのお肉にこだわった製法が人気の秘訣ですね。

 一部の情報で「実店舗でも同等のコロッケが買える」という情報がありますが、ここまでの高品質の神戸牛が入っているのは、この「極みコロッケ」のみです。

 実店舗で売られているコロッケ(下記に詳細あり)は、もう少しランクが下のお肉で作られています。

一度は販売終了していた

 実は、私も何年も前から気になっていた「お取り寄せ食材」でした。

 おそらく・・・10年くらい前は7~8年待ちの商品だったと思うのでが(それでも長いですよね)、その後、沢山のテレビ店などで紹介されて13年待ちになり、
「さすがにこれ以上、お客様をお待たせするわけにはいかない」
 という理由から2016年に販売中止となりました。

 まさか!

 その「極みコロッケ」が

 再販されていたなんて!!

 と驚いています。

 しかも「これ以上お待たせできない」と中止した時の13年をはるかに超える「18年待ち」になっているのに、販売は続けるのですね。

 公式サイトには「長く待ってもいいから、価格を上げてでも販売を再開して欲しい」とうい声を多く頂き、販売を再開する事になったと表記されています。

通販はこちら
 『旭屋』【約18年待ち】神戸ビーフコロッケ「極み」5個入

なぜそんなに待たなくてはいけないの?

 18年待ちになる理由は簡単で、
「一日200個の限定販売」
 だからです。

 なぜ200個しか売れないかと言うと、じゃがいもや玉ねぎはあっても、「A5等級の3歳雌牛の神戸牛」をそれ以上コロッケに使ってしまうと、お店が赤字になってしまうからだそうです。

 番組では「多い日には一日5000件の注文がある」と放送していたので、200件を超えた注文を先へ、先へと先延ばしにすることによって18年もの長さになったのではないでしょうか。

こちらは4ヶ月待ち

 同じ「旭屋」さんのコロッケには「4ヶ月待ち」で届く「特選神戸ビーフプレミアコロッケ」もあります。

 「極みコロッケ」との違いは、

・じゃがいもはゴールデン男爵とレッドアンディスをミックスしている
・牛肉は旭屋特選神戸牛を使用(極みコロッケのようなA5等ランクではない)

 というところです。

 「極みコロッケ」は1個あたり約110gの5個入りで2,700円(税込)+送料。

 「特選神戸ビーフプレミアコロッケ」は1個あたり約100gで10個入りで2,700円(税込)+送料。

 個数が「極みコロッケ」の倍の10個あることを考えると、お値段が半額という計算になります。


【約4か月待ち】神戸ビーフプレミアコロッケ 10個入 神戸牛 牛肉 コロッケ (冷凍のみ 着日指定不可)

「極みコロッケ」自作してみては?

 さすがに18年も待つのは無理。

 私なんて、届く頃にこの世に存在しているかもあやしいし・・・。

 だけど、「A5等級」の神戸牛を使ったコロッケは食べてみたいという方は、旭屋さんから「A5等級の神戸牛」を取り寄せて、極みコロッケ風のものを手作りしてみてはどうでしょうか。

 ただし実際の「A5等級」の神戸牛はかなりの高額です。

 「極みコロッケ」が大人気なのは、単に美味しそうだからということではなく、「A5等級」の神戸牛が入っているのにお値段が手頃だから、ということなのだと理解できます。



旭屋さんの神戸牛の一覧はこちら
 旭屋 神戸牛 一覧

 「極みコロッケ」に使用されているじゃがいも「レッドアンディス」は、旭屋さんにはありませんが、こちらもネットで取り寄せることはできます。

レッドアンディスはこちら
 【楽天】レッドアンディス の一覧

実店舗のコロッケのクチコミ

 神戸の旭屋さんの実店舗では「もう1つの極みコロッケ」を毎日先着100個販売しています。

 こちらも通販の「極みコロッケ」とは違うものですが、神戸北野旭屋精肉店の熟成神戸牛100%使用やレッドアンディスが使われている点は同じです。

 種類は2種類あり、じっくり熟成された神戸牛の赤身肉使用の「北野坂」と、神戸牛のロースや肩ロース等のとろける霜降り肉使用の「TOR ROAD」、それぞれ50個、合わせて100個の限定販売です。

 通販のコロッケは届いてから自宅で揚げないと食べられない状態ですが、実店舗で販売のコロッケは注文してからその場で揚げてくれるので、買ってすぐに食べることができます。

 食べログのクチコミを見ていたら「○年待ちのコロッケがすぐ買える」「これがウワサの○年待ちコロッケか」という書き込みがいくつかあって、勘違いしている人がやはり多いようですが、18年待ちの「極みコロッケ」と、実店舗で売られているコロッケは別物ですのでお間違えないように。

口コミはこちら
 ■旭屋 [食べログ] 

予約1年待ちサロンはこちら
 予約1年待ちの髪のライザップ

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ