2024年3月1日(金)在宅デイトレ主婦今日の売買株

 2024年3月1日、今日のデイトレードの記録です。
 基本的には当日中に買って、売ります。

 まれに持ち越しがあったとしても、翌日か翌々日には売却するスタンスです。

 主に「単元未満株(S株)」で取引している、非常に小規模なデイトレーダー主婦です。

目次

主婦株デイトレーダー2024年3月1日 金曜日の株式売買益

 2024年3月1日の売買

【前日の持ち越し株を売却】
 持ち越した株を売った銘柄

・1192 ソフトバンク

【デイトレード売買株】
 今日買って売った銘柄

・6146 ディスコ

 トータル+5,605 3,930円でした。(訂正しました)

 楽天証券の単元未満株「株ミニ」で取引しています。

主婦株デイトレーダー2024年3月1日 持ち越し株

【2024年3月1日の持ち越し株】
 売却しなかった銘柄

・2216 カンロ
・8304 あおぞら銀行
・7003 三井E&S

主婦株デイトレーダー2024年3月1日 今日の雑感

 日経平均4万円の大台まで、あと少し。ラジオNIKKEIでは「歴史的瞬間」というキーワードが飛び交う。

 前回もご紹介したかぶ1000さんの本を参考に、できるだけ値が下がっている銘柄を選んだ。

 でも、本来そういった「バリュー株」を買う場合は、中長期での投資を考えるべき。デイトレードには向かないとわかった。

 旧村上系の大量保有が判明した「あおぞら銀行」とか、買ってみたけど、当分上がりそうにない。

 昨日今日と数千円ではあるけど、2日続けてプラスになったのはただの「まぐれ」か?

 今さらだけど「会社四季報」なんか読み始めている私。なんだかんだで20年近く株を小商いしてきたけど、四季報なんて本屋で立ち読みレベルでしか見ていなかった。そりゃ、株で儲からないはずだよね。

 会社四季報が何なのかは知っていた。株を売り買いするなら、読むべきものであることも認識していた。でも、ネットがある今の時代、いらなくない?とも思っていた己の愚かさを知る。やはりちゃんと利益が出ている人は、四季報を読み込んでいる。かぶ1000さんの本でそれがよくわかった。

 Kindle Unlimitedにまさか、無いよねと思ったら会社四季報 2023年1集 新春号という、およそ1年前のものがあった。当然データーが古いので、参考にならない部分もあるけど、一応読んでみる。

 会社四季報を読むために(理解するために)、会社四季報の読み方を解説している実用書をまず読む必要がある。それがわかっただけでも、1年前の四季報を読んだ意味がある。

 そこで、本屋で数冊「四季報の解説書」みたいなものを立ち読み。元四季報の編集長が書いた「伝説の編集長が教える 会社四季報はココだけ見て得する株だけ買えばいい」という本がわかりやすそうだった。けど、買ってない。

 目次には「第5章 人と10倍差を付ける会社四季報読解術」や「第15章 割安株の本当の探し方」なんて項目がある。そこらのちゃらちゃらした「デイトレでスキャルピングだ!」みたいな怪しい投資本より、何倍も良さそう。

 Kindle Unlimitedの対象にならないかな。

 Kindle Unlimitedを多用していると、対象外の電子書籍に出会った時「そのうち読み放題対象になるかもしれない」と思って、購入を躊躇してしまう。Kindle Unlimitedを始める前は、読みたければ即買っていたのに。

 このワンクッション、自分でも不甲斐ない。だけど実際、過去に、別料金で電子書籍買った数日後に、Kindle Unlimitedの対象本になっていて「なんだ、ちょっと待ってれば買わずに読めたのに」てこともあったからな。

 しかし四季報は電子書籍より、紙媒体を買ったほうが良さそう。分厚いから枕にもできるしね(笑)。

 昔、出版業界の片隅にいたことがある。広辞苑なみに分厚い本が出版されると「こりゃ、枕だよ、枕」と揶揄する文化があった。

 「風と共に去りぬ」の続編と銘打って、別の作者・アレクサンドラ・リプリーが書き、森瑤子が翻訳した「スカーレット」も「枕」だったな。

 期待して買って読んだけど、ハーレクイン・ロマンスみたいな内容で、駄作だった。「スカーレット」を買った書店で後日、別の本を探していたら、店主が出版社の営業マンらしき人と会話しているのが聞こえてきた。
「これですか、〇〇社が出した例の、風と共に去りぬの続編てやつ。ずいぶん厚いですね」
「そうだね、厚いよね」
「もう、枕じゃないですか、枕。わ~値段も高い。売れてますか?こう厚くて高いと、なかなか売れないでしょう?」
「うーん・・・1冊だけ売れたけど、あとはさっぱり売れないよね・・・」
 その「1冊だけ」を買ったの、私なんですけど。ここにいる、私が数日前に買いましたけど・・・と思いながら、会話を盗み聞きしていた。分厚い本というと、どうしてもその事を思い出すのよね。何の話やねん。

にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
にほんブログ村

目次