Netflixコブラ会|シーズン1第10話「情け容赦」

ドラマ

 1984年に製作されたアメリカ映画「ベスト・キッド」の34年後を描くドラマ「コブラ会(Cobra Kai)」のあらすじです。

 youtubeの有料サービス『Youtube Premium(ユーチューブ プレミアム)』で、2018年5月3日から公開(配信開始)されたyoutubeオリジナルのドラマ「コブラ会」。

 その後、コンテンツはNetflixにお引越し(Netflixが配信権を獲得)。

 2020年8月28日からNetflixにて配信中です。



▼前回はこちら

■ 『コブラ会』シーズン1第9話「違うようでも似た者同士」のあらすじ

▼あらすじの一覧はこちら

■ コブラ会(Cobra Kai)あらすじ

相関図はこちら
 コブラ会 相関図

『コブラ会』シーズン1第10話「情け容赦」ネタバレ

 以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

 オールバレー競技場にて、開催50周年を記念する「オールバレー空手大会」がついに開催。

 ミゲルはサマンサとの関係が上手くいってないことで荒れている様子。コブラ会のメンバーの一人バートも、昨夜、コンビニの前で泥酔して荒れている「センセイ」を目撃したと言い、それを聞いたアイシャとイーライは、センセイも大丈夫か、何があったのかと心配する。

 メンバーの心配をよそに、会場に現れたジョニーは「人生は無情だ。ブチかませ」と試合前の檄を飛ばす。

 そのころ、ダニエルの自宅では、サマンサとダニエルが二人揃って意気消沈している。ダニエルの妻アマンダは、ラルーソーオートが空手大会のスポンサーになっているのだから、会場に行かないわけにはいかないと説得。ダニエルも結局はじっとしていられるわけもなく、サマンサと共に会場に向かう。

 コブラ会は新調した黒い道着で派手に会場入りする。そこへ、ロニーも「個人出場者」としてエントリーしていることが紹介され、入場。それを見たジョニーもダニエルも驚く。

 ミゲルは初戦で、かつてダニエルが空手大会でジョニーを倒した必殺技「鶴の構えからの蹴り」で相手を一撃。観客席のサマンサは隣の父・ダニエルに「パパのワザを盗むなんて」と憤慨。ジョニーはダニエルに向かって不敵な笑みを浮かべ、ダニエルも苦笑いで返す。

 トーナメントを順調に勝ち進むミゲル。
 同じく、勝利を重ねるロビー。それを見て内心喜ぶダニエルと、複雑な心境のジョニー。

 準決勝でロビーと対決することになったイーライ。先にロビーが1本取られたことで、ダニエルも黙っていられなくなり「稽古を思い出せ」と思わず立ち上がってロニーに叫ぶ。ロビーは山の中の稽古で、ダニエルから教えられたことを思い出し、1本取り返す。しかし激怒したイーライは反則技で背後からロビーを蹴り倒す。息子を心配して思わず「大丈夫か」駆け寄るジョニーを「近寄るな」と追い返すロビー。イーライは失格により退場。ロビーを心配したダニエルは、控室へ駆けつける。ダニエルに近づいたのは「父親(ジョニー)に復讐したかった」からだというロビーの気持ちを理解したダニエルは、自分もジョニーは嫌いだが、悪いのはジョニーではなく、彼の指導者だったのだとロビーに語る。

 ミゲルは休憩時間にサマンサを見つけてパーティーでのことを謝るが、結局お互い和解できない。がっかりしたサマンサはミゲルとロビーの決勝戦を見ることなく、帰宅してしまう。

 イーライに反則技で倒された時に、肩を脱臼したロビー。救護班によって脱臼はすぐに治るが、「数週間、肩に違和感が残る」と言われる。

 決勝が始まる。アナウンスで「ロビーはダニエルがコーチに付く。ミヤギ道空手所属、元王者ダニエル・ラルーソーが先生」と発表され、対戦相手のミゲルはジョニーと顔を見合わせる。歩み寄ったジョニーとダニエル。ジョニーは「あとで悔やむぞ」とダニエルに忠告するが、一笑に付すダニエル。

 試合開始。ロビーが1本先取する。ミゲルも1本取り返す。肩の違和感がぬぐえないロビーはミゲルに2本目を取られてしまう(3本先取で勝利)。ダニエルは「タイム」を宣言し、ロビーに駆け寄ると「バランスを思い出せ」と伝える。その様子を敵陣から複雑な顔で見守るジョニー。執拗に肩を攻撃してくるミゲルを、「両脚蹴り」で反撃したロビーが2本目を取って両者互角。ミゲルはインチキをして「ファイト」の掛け声のかかる前に、ロビーの痛めた肩側の腕を引っ張って、審判から「警告」を受ける。ジョニーは思わず、34年前の決勝戦で、ダニエルの痛めた膝を不正に攻撃して「警告」された過去を思い出す。かつては指導者ジョン(旧コブラ会のセンセイ)から「情け無用」と指導されたジョニーだが、ミゲルには「汚く戦うな」と諭す。しかし結局ミゲルはロビーの肩を攻撃して勝利。敗者となって立ち去るロビーとダニエル。優勝トロフィーを受け取ったミゲルは「センセイのおかげだ」と喜ぶ。

 ロビーとダニエルを追いかけるジョニー。ロビーに「悪かった」と詫びるジョニー。「いいんだよ」と静かに答えるロビー。ダニエルもジョニーに「君の勝ちだ。おめでとう」と言う。ミゲルは会場にサマンサを探すが、先に帰ったと知って落胆する。

 帰宅したサマンサは自宅の道場で、かつて父に空手を習っていた頃を思い出す。一方、ロビーはダニエルの車でどこかに向かっている。「コブラ会はオールバレー(彼らの住む街)を制するね」と行ったロビーにダニエルは「僕が止めてやる」と宣言。到着した場所には日本庭園風の道場がある。ダニエルはロビーに「弟子を増やす。ようこそミヤギ道空手へ」と言う。

 ジョニーはコブラ会の道場で、優勝トロフィーを見ながら一人、酒を飲んでいる。そこへ「おめでとう」と言いながら、何者かが現れる。
「期待に応えたな。コブラ会の、頂点への返り咲きだ・・・・伝説は始まったな」
 というその人は、かつての旧コブラ会の指導者、ジョンだった。

コブラ会シーズン1第10話の感想

 「コブラ会シーズン1」は今回の10話で終了です。

 シーズン最終話にふさわしい終わり方で、かつての「悪の指導者・ジョン」が道場にやって来たところでラストでした。

 すぐにシーズン2の続きが見られたからよかったものの、この状態でシーズン2の公開が先延ばしされていたら、悶え死にするとこでしたよ(笑)。

 いや、しかし、ジョン役のマーティン・コーヴ、お元気そうで何よりです。この人本当の沖縄空手や拳法の黒帯有段者で、実はジョニーやダニエルより空手上級者らしい。

 さすがにもうご高齢(2020年現在74歳)なんで、激しいアクションは無理だと思うけど、ダニエルの指導者だったミヤギ道空手の師匠「ミヤギさん」を演じたノリユキ・パット・モリタさんがすでに他界されているだけに、悪役とは言え、ジョンがご存命だったことはなんだかラストで感動して、興奮して、シーズン2も全部イッキ見しちゃったくらいです(現時点で、過去にさかのぼってこの感想を書いています)。

 いや、それにしても、気になるのはシーズン3なんですよね。シーズン2のラストも「まさか」というストーリーで「つづく」となっていて、そこでYou Tubeプレミアムのオリジナルドラマ撤退問題とか、新型コロナウィルス感染拡大の問題とか、もろもろで、シーズン3の公開が先延ばしになっていますから。

 おそらく、このブログを読んでいるあなたはすでに、Netflixに加入していることだろうから、取り急ぎ続きのシーズン2を見てください。

 シーズン2では、ついに、サマンサも本領発揮します。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました