Matt(マット)愛用の綿棒メーカー自己破産していた!

※当サイトは広告・PRを含みます。

 2023年8月27日のTBSで放送された「週刊さんまとマツコ」で紹介の、「Matt(マット)爆買い・愛用の個包装綿棒」に関する情報です。

 過去に放送された「MattママがTV初登場」の回の、未公開映像が放送されました。

 その中で、Mattさん(というか、実際には父の桑田真澄さん)のご自宅が紹介され、Mattさんが爆買いしているという化粧品や、ストックされている美容関連品などが公開されました。

 400本入りの大箱でMattさんがストックしている「綿棒」も紹介されていましたが、どこのメーカーのものか調べてみると、この会社が実は大変なことになっていました!

目次

「週刊さんまとマツコ」Matt愛用400本入り個包装綿棒のメーカー

 Mattさんが、自宅の「コスメをストックしている棚」の中に大量に所有していた、
「1箱に400本入っている。(トータルで)2500本くらいある」
 と言っていた綿棒は、画像から探すと「サンリツ」というメーカーの個包装綿棒であることが判明。

 他社の綿棒との違いは、

・日本国内で生産されている
・1本ずつ個包装になっている
・軸が紙製である

 ということ。

 ところがです!!

 さまざまな通販サイトで「サンリツ」の個包装綿棒を探しても、登録はあるものの、「売り切れ」「お取扱い終了」ばかり。

 それなら、メーカーの公式サイトはどうなっているのかと検索したら、
「岐阜県下呂市の綿棒製造会社「サンリツ株式会社」が事業を停止し、自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。」
 というニュースにぶち当たりました。

 なんと、1963年創業の、岐阜県下呂市に本拠を置く綿棒メーカーのサンリツは、近年、海外製品との競争激化により売り上げが減少。円安の進行でさらに収益が悪化し、資金繰りが限界に達したため、2022年7月7日までに事業を停止し、7月25日に破産手続き開始。つまり、1年前に自己破産していました。

 でも、大丈夫です。

 Mattさん、次回からサンリツが製造していた個包装の綿棒は、↓こちらのメーカーのものをお求めください(2500本もあったら、とうぶんいらないかも・・・だけど)。

サンリツの綿棒工場を買い上げた会社とは?

 岐阜県にあったサンリツの工場は、自己破産後に、同業他社によって買い上げられていました。

 ホテルアメニティ会社として1996年9月に設立された、株式会社三和 (本社:東京都墨田区、代表取締役社長:施盛大)が購入していたのです。

 Mattさん愛用の個包装の綿棒は、現在は「三和の個包装綿棒」として、同じ岐阜県の工場で製造されています(ニュースソースはこちら→綿棒生産工場(サンリツ株式会社)の買収に関するお知らせ)。

 Amazonで買える、「サンリツ」の個包装綿棒と同じタイプの400本入り「三和の個包装綿棒」はこちら。


[株式会社三和] 抗菌レギュラー綿棒(個包装) 切り離しタイプ SR-2W (400)

 楽天市場には「三和」の公式通販サイトがあります。

 まずは少量で試してみたいという方は、20本入りのこちら。


【国産】SERAO 個包装綿棒(20本入) 日本製 抗菌 紙軸

「週刊さんまとマツコ」Mattが大量ストックしているフェイスパウダー

 同じく「週刊さんまとマツコ」で放送されていた、Mattさんが大量にストックされているという、すでに廃盤となったフェイスパウダーの情報はこちら。

▼▼▼
Matt(マット)爆買い大量ストックのフェイスパウダー(キャンメイク)

★「ホンマでっかTV」で紹介された運気を上げる21のルール はこちら>>>

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

目次