日経WOMAN付録万年筆のカートリッジ

文具LOVE

 雑誌「日経ウーマン」の付録の万年筆に関する情報です。

 毎年、年末になると「日経ウーマン」の手帳特集と合わせるように、付録に万年筆が付きます。これをついつい買ってしまう私。

 早速万年筆にインクカートリッジをセットして試し書きするものの、すぐに飽きて放置してしまって、気がつくとインクは蒸発。カートリッジはどこで手に入るのか不明・・・ということをここ数年繰り返してきました。

 が、今年こそはインクカートリッジを買い足して、再度、万年筆を使用したいと思いました。

日経ウーマンの付録万年筆の感想

 おそらく、私が最初に買った「日経ウーマン」の万年筆が付録の号は2017年 11月号だと思います。


日経WOMAN 2017年 11月号

 付録は「アフタヌーンティー」の万年筆。確かに、数回使用した記憶はあるものの、結局処分してしまったようで、今は手元にありません。

 はっきり言って、付録の万年筆はそんなにいいものではありません。

 ペン先はかなり太めの太字です。手帳などに細かい字をびっしり書きたい私としては、使い勝手が悪く、メモする時くらいしか使いみちがありません。インクの乾きも悪くて、下手すると手でこすってしまってたちまち字がにじんだり、真っ黒になったり。インクの乾きが悪いわりには、ちょっと放置しておくとインクが蒸発して、カートリッジは空っぽになっています。

 私自身、万年筆に詳しいわけではないのですが・・・・一応1万円台の万年筆、プラチナのセンチュリーを2本だけ持ってます。さらに、千円台の万年筆、kakunoやプレジールは10本くらい持っているレベルで言うのもおこがましいのですが、1000円のkakunoに比べても、付録の万年筆は書き味悪いです。そりゃ付録ですから、そんなもんだろうと思います。

 それで毎回がっかりして、ちょっと使って放置→気づくとインクは空っぽを繰り返しつつ、
「付録の万年筆は、決して使えるものではない」
 とわかっているのに、買ってしまう。

 なぜなら、単純に、デザインがかわいいから。

 アフタヌーンティーは処分してしまったけど、まだ手元に2本あるんです。

日経woman 日経ウーマン 万年筆 ふろく

 特にリサラーソンは、デザイン的にはお気に入り。元々猫柄が好きなので、付録の万年筆がリサラーソンと知ったら、書き心地とか使い勝手とか関係なく、買わずにはいられなかった。

 ムーミンは2019年11月号。

日経ウーマン2019年11月号

 リサラーソンは昨年の2020年11月号の付録です。

経ウーマン2020年11月号

 毎回、
「今回は、ちゃんと万年筆を使う!」
 と思って買うんだけど、気がつくと放置しちゃってるんですよね。

 結局使っていなかったリサラーソンとムーミンも、確認したらインクカートリッジは蒸発していました。

 また処分する?と自分に問いかけてみたものの、とりあえず1個だけインクカートリッジがあったので、入れて使ってみることに。

日経ウーマン付録万年筆のインクカートリッジ

 「1個だけあった」インクカートリッジは、ダイソーで買った万年筆のインクカートリッジでした。

 どこで、その情報を目にしたのか不明ですが、日経ウーマンの付録万年筆には、ダイソーのインクカートリッジが使えるという事がわかって、保存していたのだと思います。

 早速使ってみたけど、やはりダイソーのインクカートリッジも付録のインクカートリッジ同様に乾きが悪くて、乾ききっていいない文字のインクがあちこち付きまくるし、ちょっとした刺激で字がこすれて、にじんで、かすんで、ぐちゃぐちゃになりました。

 こりゃだめだ。

 日経ウーマンの公式見解では『欧州共通規格ショートタイプをお求めください』とのこと。

 調べてみると、「欧州共通規格」とは別名「EU規格」「欧州スタイル」「ヨーロッパスタイル」ともいわれているもので、検索上位には「エルバン 万年筆用 カートリッジ」が日経woman付録万年筆に使えるという情報がありました。

 エルバンのカートリッジはカラーが豊富で、容器もフイルムケースみたいなおしゃれなアルミ缶入りです。
 カラーがいろいろあるから、
「インク沼はまだ、はまる気はないけど、とりあえずカラフルなインクを試したい」
 という時にも使えそう。


エルバン 万年筆用 カートリッジインク 6本入り

 ただ今回は、とりあえず「黒」のスタンダードなインクが欲しかった。

 そこで、唐突ですが、文具デパートの「事務キチ」に初デビュー。2020年の「緊急事態宣言」中に、たまたまテレビCMで「事務キチ」の存在を知って、行きたいと思いつつ、なかなか行くきっかけを見つけられなかった「事務キチ」に、「インクカートリッジを探す」という名目で行ってみました。

 そして、「事務キチ」で「ヨーロッパスタイル」のショートタイプのインクカートリッジを、リーズナブルな価格で発見!

日経ウーマン 日経woman 万年筆 インクカートリッジ

 値段が見えづらいですが、6本入りで定価税込220円が165円でした。安い!これが「事務キチ」なんだ!

 ヨーロッパスタイルと言いつつ、メーカーは「OHTO(オート)」という日本企業。だけど製造は「メイド イン ジャーマニー(ドイツ製)」です。

日経ウーマン 日経woman 万年筆 インクカートリッジ

 まだほとんどインクの残っていたダイソーのカートリッジを外し、事務キチで買ったオートのカートリッジに付け替えましたが、めっちゃいいです。

 乾きが早いし、ダイソーのインクみたいに、手にもつきません。インクフローも快適で、
「あれ?全然ダメだと思っていた付録の万年筆が、かなり使える万年筆に変身した!そうか、問題は万年筆じゃなくて、インクだったんだ」
 と気付かされました。


3箱セット オート カートリッジ 万年筆カートリッジ ブルーブラック

 ただ6本しかなくて、あっという間になくなってしまいそう。

 オートを使い切ったら、カラフルなエルバンも気になるけど、100本入りの「シュナイダー 」にしようかな・・・


シュナイダー Schneider 万年筆 インクカートリッジ 欧州共通規格 100本入り

関連情報:ラジオ「アフター6ジャンクション」の2021ベスト文房具ペン編 はこちら>>

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました