おっさんずラブリターンズ|第1話I’ll be back!あらすじ

※当サイトは広告・PRを含みます。

 2024年1月5日にテレビ朝日で放送されたドラマ「おっさんずラブ-リターンズ」第1話の「I’ll be back!」のあらすじをご紹介します。
◆おっさんずラブリターンズ|第2話渡る世間に武蔵あり あらすじはこちら

 あれから5年。コロナ渦の遠距離恋愛を経て、シンガポールから戻ってきた牧は、一軒家で春田と「新婚生活」をスタートさせるのですが・・・ 

★リビングの松永さん|第1話のあらすじと感想 はこちら

目次

「おっさんずラブリターンズ」第1話のあらすじ(ネタバレ)

 牧との結婚式を挙げる夢を見る春田。夢の中では黒澤部長が現れて、式はめちゃくちゃに。目覚めて「これが、初夢?!」と嘆く春田。今日は牧がシンガポールから帰国する日だと思い出して、慌てて成田空港に向かう春田だが、スマホを忘れて牧と会えない。

 ようやく二人は再会し、同居を開始する。課長に昇進した牧は帰国早々大忙しで毎日帰宅も遅い。一方の春田も係長になり、中途採用で入社してきた歳上の部下・和泉幸(井浦新)の教育係を任されるが、和泉はどこか様子がおかしい。

 春田は部屋の片づけが苦手で、牧の家事負担が増える。春田は「俺だって苦手な家事をやっているのに、ほめてほしい」と言うが、牧に「ほめるとこなんて、ひとつもない」とキレられる。そこへ偶然訪れた荒井ちず(内田理央)から、家事代行サービスの利用をすすめられる。

 ちずから紹介された家事代行サービス「ばしゃうまクリーンサービス」の担当者が家にやって来る。それは早期退職して疎遠となっていた黒澤部長だった。牧は追い返そうとするが、黒澤部長は強引に家に上がり込み、家事代行サービスを実行する。

 牧は会社の近所で営業するキッチンカー、移動式おかかおむすび専門店「おむすびごろりん」を営む謎の男(三浦翔平)と出会う。「おむすびごろりん」は「おかか」のみのおむすびのキッチンカーで、謎の男は牧を見てほほえみ、代金もいらないという。

@ossans_love_returns#おっさんずラブ舞台挨拶🎬 ②おかかイントネーション論争🍙 \ 撮影現場で勃発した 「おか↗️か↘️」「おか↘️か↘️」発音騒動🤔 一生懸命再現した#林遣都#田中圭「どっちも一緒だったよね!?」 みんなツッコミまくり&大爆笑だお🤣 舞台挨拶ロングverはYouTubeで💻 https://youtu.be/-U-4v7qlg50 #田中圭 #吉田鋼太郎 #林遣都 #内田理央 #眞島秀和 #大塚寧々 #金子大地 #伊藤修子 #児嶋一哉 #井浦新 #三浦翔平 ♬ オリジナル楽曲 – 公式「おっさんずラブ-リターンズ-」

 相変わらず仕事が忙しく、帰宅が遅い牧。春田が帰宅すると、鍵を預けてある黒澤部長が家事代行サービスの仕事を終え、帰ろうとしているところだった。牧の帰宅が遅くなるとわかった春田は、黒澤部長が準備した夕食をいっしょに食べようと誘う。

 春田は黒澤部長と食事をしながら、
「なんで、早期退職しちゃったんですか、俺、めちゃくちゃ寂しかったですよ」
 とたずねる。黒澤部長は黙り込み、あたりさわりのない会話をする。

 食事を終え、帰り支度をする黒澤部長。春田は「外、寒いから」と、玄関にあった耳あてを、黒澤部長の耳にかぶせる。その瞬間、涙目になる黒澤部長。

 春田の家を出て、商店街をひとり歩く黒澤部長は「なんで、早期退職しちゃったんですか」という春田の言葉を思い出しながら、春田がかぶせてくれた耳あてに両手を重ね、
「そんなの、君を忘れたいからに決まってる。君のしあわせを願って離れたのに、なぜ、また俺を呼び寄せた。はる・・・はる・・・はるたーーーん!!」
 と、ひとり絶叫する。

 今日も帰りが遅い牧。春田は牧に電話し、
「牧のことめちゃくちゃ応援しているけど、無理はするなよ」
 と伝える。そのあとテレビの「今夜は氷点下になり雪が降る」という天気予報を観た春田は、カイロを持って駅まで牧を迎えに行く。

 駅で牧を見つけた春田は、カイロで牧の頬を包む。牧は春田のために買った、赤いマフラーを「もう酔っ払って無くさないでくださいね」と取り出し、春田の首に巻いてあげる。そのあとふたりは手を繋いで初詣に行き、お互いの思いを叫び合って仲直りする。

目次