おっさんずラブリターンズ|第3話昼顔の二人ネタバレあらすじ

※当サイトは広告・PRを含みます。

 2024年1月20日にテレビ朝日で放送されたドラマ「おっさんずラブ-リターンズ」第3話の「昼顔の二人」のあらすじをご紹介します。

◆おっさんずラブリターンズ|第2話渡る世間に武蔵ありネタバレあらすじ はこちら

 またも朝出勤時に、隣の家の前に“血まみれ”で倒れている部下・和泉幸(井浦新)を発見し、絶叫する春田創一(田中圭)。さらにあろうことか和泉は突然、春田の胸倉を掴み、キスをして、意識を失ってしまい…。

目次

「おっさんずラブリターンズ」第3話のあらすじ(ネタバレ)

 春田は再び、隣の家の前で肩から血を流して倒れいている和泉を見つける。和泉は春田を引き寄せ、キスをしたあと気を失う。六道が家から出てきて「気にしないで」と言って、和泉を連れ去る。春田はわけがわからない。家の影から一部始終を目撃した黒澤部長は「はるたんが・・・不倫?」と思う。

 春田は会社で和泉が「肩こりがひどくてお休み」と聞いて納得できない。和泉が口走った「公安」という言葉も気になり、ネットで調べる。

 そのころ、和泉と六道は墓地で、墓参りをしている。六道は和泉に「余計なこと、話してないですよね。お隣さんに我々のこと」と言い、和泉に「そろそろ前を向いてもいいんじゃないですか」と言う。

 黒澤部長は、今朝見た春田と和泉のキスが気になってしょうがない。悩んだ末、お隣に侵入して、真意を問いただすほうが早いという結論に達する。

 牧は本社で武川部長から、今夜、自宅に来ないかと誘われる。最近なにか悩んでいる様子の武川部長のことが心配な牧は、春田に連絡して、武川部長と夜、飲みに行くと伝える。

 黒澤部長は家事代行サービスのチラシを、お隣の六道に手渡し、接近を試みる。春田は、和泉が通っていた蝶子の弓道教室に行き、蝶子に和泉の前職を尋ねる。蝶子は前職は知らないが、おむすび屋さんのイケメンといっしょに住んでおり、和泉に六道がいつも「はい、はい」と従っている感じだったと答える。

 牧は夜、武川部長の自宅に向かう。それを偶然、黒澤部長が目撃する。武川部長に肩を抱かれて、自宅に入る牧。黒澤部長はその様子を、スマホで撮影し「ダブル『昼顔』・・・!」とつぶやく。

 春田は「居酒屋わんだほう」でちずや鉄平、舞香相手に、牧が武川部長のことが心配だから飲みに行くと言っていたが、本当は元カレだったからじゃないのかと心配する。

 牧は武川部長から、悩みを聞く。今は一人でも気楽でいいが、老後が不安だという武川部長。

 和泉は自宅で六道とおむすびを作っている。六道は朝、和泉が倒れていた様子は、春田の他にもう一人、年配の男性が目撃していたと指摘する。その男性が家事代行サービスのチラシを持ってきたと言う六道。和泉は、何か調べるつもりではないかと疑う。六道は「試しに契約して口止めしておきますか」と言う。

 帰宅した春田が家に入ろうとすると、お隣の六道が「今朝の事は他言無用でお願いします」と言って、カゴに入ったおむすびを手渡す。春田がカゴを覗くと、おむすびの下に札束が入っている。春田は驚き「絶対、誰にも言わないので、これは返させてください」と、カゴを返す。そこへ、武川部長の運転する車で牧が帰ってくる。

 牧は春田に、武川部長から、昔付き合っていたカップルが出演するネットの恋愛リアリティショー『ラブ トランジット』に、一緒に出てくれないかと誘われたことを伝える。春田は武川さんの話はもういいと言って、別に、浮気とか思っているわけでは無いが、どこからが浮気だと思うかと牧に尋ねる。「相手に言えないことは、全部浮気」と答えた牧。春田は和泉とのキスを思い出し、動揺する。

 黒澤部長は、六道と和泉の家で家事代行の「初回無料サービス」を実行する。2名でホテルに宿泊したレシートを見つけ、ますます春田と和泉の不倫を疑う黒澤部長。

 和泉のあとをつけた春田は、蝶子の弓道教室にたどり着く。春田の尾行は和泉にバレていた。そのころ黒澤部長も、和泉と六道の家で弓道に関するレシートを沢山みつけ、弓道教室に向かう。春田が弓道に興味があると勘違いした和泉は、春田に弓道の手ほどきをする。その様子を窓から覗き見た黒澤部長は、二人は不倫関係と思い込む。

 春田の自宅で家事代行サービスをしていた黒澤部長は、春田に牧も不倫しているのだと伝えるべきか否か悩む。そこへ帰宅してきた春田。黒澤部長が「実は」と、話を切り出そうとした時、火災報知機の音がお隣から聞こえてくる。

 お隣に駆け込むと、和泉が「バケットを焦がして、煙に反応しちゃった」と言う。黒澤部長が警報機を止めるために、外に出た時、騒ぎに乗じて春田が「なんで昨日の朝、俺にキスしたんですか」と和泉に問いかける。和泉は覚えておらず、なにか勘違いしたのだと思うと答える。

 牧は武川部長とお茶したあと「あまり病んでるつぶやき、しないほうがいいですよ」と忠告して、帰宅する。自宅では黒澤部長が、牧を待っていた。伝えたい事があると言っていた黒澤部長だが、急に態度を変え帰ろうとする。春田が無理に引き止めると、黒澤部長が持っていた「不倫の証拠写真」の束が床に落ちる。牧も春田も写真は誤解だと説明するが、黒澤部長は「他にも隠していることがある」と春田を責め、春田は和泉にキスされたことを牧に伝える。

 春田は、キスは事故だったと牧に言うが、隠していたことを謝る。牧も、武川部長の家に行くことを隠し「飲みに行く」としか言わなかったことを「ちゃんと断わるか、春田さんに言うべきでした」と謝る。春田も牧も、お互いが疑っていたわけでは無いと言う。それを聞いた黒澤部長は「それでいいわけ」と荒れる。
「僕たち、不倫はしてません」
 と言う牧の言葉に「よかった」と安心した黒澤部長は、二人が不倫で分かれる事になったら、「俺は何のために・・・」と号泣する。

 春田と牧は「わたあめ」を作って二人で食べる。そこへお隣から和泉と六道が「ボヤ騒ぎのお詫びに」と、肉じゃがとおむすびを持って来る。春田が和泉からおむすびの入ったカゴを受け取った時、和泉の首にかかっていたロケットペンダントが外れる。落ちたロケットペンダントを拾った春田は、そこに自分の写真が入っていることに「俺?」と驚く。

「おっさんずラブリターンズ」第3話の感想

 毎回登場人物の中では黒澤部長に感情移入してしまう私としては、最後の「俺は何のために・・・」の号泣が刺さりましたね。「・・・」の部分は「恋心を封印して身を引いた事が無意味になる」と言いたかったんですよね?

 実は、映画版を見ていない私。

 武川部長と牧のいろいろは、映画版を見てないとわからない部分もありますね。なんとなく、映画版見てなくても、ざっくりとドラマ版のシーズン2(いやシーズン3か)として見ることはできるけど、やっぱり映画も見ておかないと、細部がわからない。

 映画はアマゾンビデオで見られるので、次回までに見ておかないと。ちょっと映画版の感想を検索したら、サウナのシーンが秀逸で、映画館でも大爆笑だったらしい。吉田剛太郎さんのアドリブだったそうな。

 今回も、吉田剛太郎さんはかなりアドリブありましたよね?号泣の前の、二人を不倫だと責める場面なんかも、ほぼほぼセリフが「地」で言ってる感じで、アドリブっぽい部分も沢山あった。

 急にシェークスピア劇みたいになったかと思うと、「地」のテンションでなじったりとか、暴れたりとか、そして急にまたシリアスに戻ったり。吉田剛太郎さんなくして、「おっさんずラブ」は成り立たない。

 林遣都くんが出ないなら観ない、と思った「イン・ザ・スカイ」も、吉田剛太郎観たさに、これから再度、チェックしておきます。

「おっさんずラブリターンズ」の動画配信

 「おっさんずラブリターンズ」はアマゾンプライム会員なら、アマゾンビデオで追加料金無しで観られます。

 最新作の「リターンズ」だけでなく、元祖の2016年の単発ドラマ版や、2018年の連続ドラマ、シーズン2的な「-in the sky-」、劇場版「おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」など、全てのバージョンがあります。

▼動画はこちら
【Amazon video】おっさんずラブ-リターンズ-

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

目次