「やすとものどこいこ」で紹介のマッチのお香

 テレビ大阪で放送の番組「やすとものどこいこ」で何度も紹介されている「マッチのお香」の情報です。

 最初に「どこいこ」で紹介されたのは、2020年8月30日放送のテンダラー浜本さんゲストの回でした。

 それ以降、マッチのお香を気に入ったやすとものお二人が、何度も番組で紹介されています。

「所さんお届けモノ」で紹介の「マッチのローソク」はこちら>>>

目次

「どこいこ」マッチのお香とは

 紹介されていたのはマッチ型のお香「hibi(ヒビ)」です。

 「hibi(ヒビ)」とは、淡路島のお香と、播磨のマッチ。兵庫県のふたつの伝統産業が出会って生まれたブランドです。

 私も以前別の番組で紹介されているのを見て、気になっていた商品です。やすよさんのお気に入りっぷりを見て、早速私も注文しちゃいました。

 最初の購入におすすめなのは、数種類の香りがセットになっているギフトボックスです。

 「HIBI」ラインの中でも最も人気の高い日本の香りのセットはこちら。


Hibi ギフトボックス 3種アソートディープフレグランス(杉材、アンバーグリス、オークモス)

 使い方は簡単でした。マッチのようにこすって着火して、炎が自然に消えるまで待ったら、専用マットに寝かせて置くだけ。約10分間、香りを楽しむことができます。専用マットもセットの中に入っています。

 一般的なお線香よりずっと短いので、燃焼時間も10分と短めです。なのでちょっとした気分転換など、短時間でリフレッシュしたい時にちょうどいいサイズ感です。

「どこいこ」マッチのお香の大箱

 上記のギフトボックスやアソートでお気に入りの香りが見つかったら、30本入りのラージボックスもあります。


hibi ヒビ 10MINUTES AROMA ラージボックス 30本入 専用マット付 お香 神戸マッチ | アロマ スティック プレゼント ギフト 誕生日 女性 グッズ アロマテラピー アロマセラピー レモングラス ラベンダー ゼラニウム

「どこいこ」マッチのお香を使った感想

 マッチと一体型になっているという形状は想像以上に便利で、本当に思い立ったらすぐ、その場で着火できるのがすごいアイデアだと思います。

 お香を置く「耐熱マット」は、ギフトボックスには3種類に1個、30本入ラージボックスには一箱に1個付属しています。永久に使えるわけではなく、定期的に交換する必要があります。

 ラージボックスにも、8本入りのレギュラーサイズにも、耐熱マットが1枚入っているので、新しい箱を開封する時に、耐熱マットも新しいものに交換していれば、問題はありません。マットは箱のままでも使用できますが、hibiのために作られた丹波焼マットトレイというアイテムも発売されています。


【12/25限定!抽選で最大100%ポイントバック】hibi ヒビ 10MINUTES AROMA 丹波焼マットトレイ(数量限定)| お香 受け皿 陶器 香台 プレゼント ギフト

どこいこ|ナジャ・グランディーバおすすめルームフレグランスはこちら>>

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村

目次