どこいこ|テンダラー浜本紹介のマッチ型お香

テレビで紹介

 2020年9月20日テレビ大阪系で放送の番組「やすとものどこいこ」で紹介の「マッチのお香」に関する情報です。

 2020年8月30日の放送で、ゲストのテンダラー浜本さんがお土産として持参したのが「マッチのかたちのお香」でした。

 それが気に入ったやすよさんが、今回の放送で沢山追加注文されていました。

家具店のお香はこちら
 どこいこで大反響の家具店のお香



マッチ型お香hibi(ヒビ)とは

 紹介されていたのはマッチ型のお香「hibi(ヒビ)」です。

 「hibi(ヒビ)」とは、淡路島のお香と、播磨のマッチ。兵庫県のふたつの伝統産業の担い手が出会って生まれたブランドです。


 私も以前別の番組で紹介されているのを見て、気になっていた商品です。
 気にはなっていたけど、お香の香りは当たりハズレが多いので、迷っていました。以前、ぼう歌舞伎役者の方が「大好きで部屋中この香りにしている」と紹介していたお香と同じものを取り寄せたら、それは大失敗で、私には苦手な香りだった・・・ということがありました。

 hibiもどうなの?て思っていた。そんなに安いものでもないし。だけど、今回のやすよさんのお気に入りっぷりを見て、早速私も注文しちゃいました。

 最初の購入におすすめなのは、テンダラー浜本さんが持参したのと同じギフトボックス。

 5種類の人気の香りと、マッチを置く専用マットがセットになっています。


 使い方は簡単。

 マッチのようにこすって着火して、炎が自然に消えるまで待ったら、専用マットに寝かせて置くだけ。

 約10分間、香りを楽しむことができます。

くわしくはこちら
 hibi 10 MINUTES AROMA(専用マット付き/8本入り)

hibiボックスタイプ

 上記のギフトボックスはそれぞれ8本入りのものが5種類セットになっていました。

 お気に入りの香りが見つかったら、30本入りのラージボックスもあります。


hibi ヒビ 10MINUTES AROMA ラージボックス 30本入 専用マット付 お香


hibi ヒビ 10MINUTES AROMA deep. ラージボックス 30本入 専用マット付 お香

hibiの感想

 ギフトボックスとボックスのラベンダーを注文しました。

 ギフトボックスにある全ての香りを試しましたが、正直、香りはどれも「まさにお香」という感じで、大差はないかな?という気もします。
 またアロマオイルなどに比べたら、燃焼するので、若干のけむり臭さ、ススの匂いのようなものがあります。

 ただ、短い時間で消えるので、すごく使いやすいです。

 ちょっとした気分転換をしたい時など、およそ10分でお香が燃え尽きるので、手軽にいろいろな香りを楽しめます。

 また、マッチと一体型になっているという形状は想像以上に便利で、本当に思い立ったらすぐ、その場で着火できるのがすごいアイデアだと思います。

 付属の耐熱マットは永久に使えるわけではなく、定期的に交換する必要があります。
 その点は考慮しておきましょう。

ナジャさんおすすめの香りはこちら
 どこいこ|ナジャ・グランディーバおすすめルームフレグランス

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました